• lisa

the birds & the bees / カナダ vs 日本の性教育

Being a Japanese-Canadian, I find it interesting the differences and the similarities between sexual education and its culture in Japan and Canada.


日本とカナダのハーフであることで、日本とカナダでの性教育とその文化の違いと似ている部分に興味を持つことがあるの。


I approached this topic with a lot of caution. Sex is personal, education is personal, and I’m discussing two completely different cultures! I realized this when I first Googled “Japanese sexual education,” and was shocked to find not that much information, aside from porn videos.


私はこの話題を慎重に触れたいと思ってるの。セックスは個人的なものだし、教育も個人的なもの。私は二つの全く違う文化について話そうと思うの!まず最初に気づいたことは、英語で"日本の性教育"とグーグル検索すると、ポルノビデオ以外にはそれほど多くの情報がないことにショックだった。





Sex education is so important for young people to learn. Learning about sex in a positive and informative way can shape an individual’s perceptions of their bodies, their partners, and their lives.


性教育を学ぶことは若い人たちにとって、とても重要なこと。教育的でポジティブにセックスについて学ぶことは彼らの身体、彼らのパートナー、そして彼ら自身の個々の理解力を形づくることができる。


I went to high school in Ontario, Canada. The education I got regarding sex was very abstinence oriented. I distinctly remember my teacher telling the girls gym class in that musty old room that the best form of contraception was to NOT have sex at all. Now let’s be realistic here. This middle-aged gym teacher is telling a room full of 16 year old girls to not have sex, to be almost ashamed of having sexual encounters and to encourage a culture based on puritan-like values.


私はカナダ・オンタリオ州にある高校に行ったの。そこで私の受けたセックスについての教育は、セックスをしないということだったの。私がはっきり覚えているのは、体育のクラスで、私の先生がカビ臭い古い部屋で避妊の一番の方法は、全くセックスをしないということ。現実的に考えてみて、性的な行為は恥じるもので、まさに宗教や道徳に厳しくあるということに価値があるというという文化、そしてセックスをするなということをこの中年の体育の先生は部屋いっぱいにいる16歳の女の子たちにすすめてた。


Basically, Canada’s sex education policy up until recently has been one of abstinence-based approaches, like the one I received in high school. However, we did learn the basics such as how to use a condom (the classic banana on the condom day was always hilarious and awkward), male and female anatomy, sexually transmitted diseases (STDs) and different forms of birth control. However, as I approached this topic, I realized many important things were missing from this curriculum. I noticed there was hardly any discussion regarding LGBTQ+ sexual relations, aside from a BRIEF discussion on anal sex, and masturbation. I was never taught consent culture. Maybe it was brought up once, but definitely not enough.


つまり、カナダの性教育の方針は私が高校で習ったように、つい最近まで本当に"セックスをするな"という教え方だった。でも私たちは基本的知識も習ったの。例えば、どうやってコンドームを使うとか(もちろん、バナナを使っての教え方はいつも面白いけどぎこちない雰囲気)、性行為感染症、ピルの違った種類について。だけど、私がこの話題について書こうと思った時、私はこのカリキュラムからたくさんの重要なことが欠けていると思ったの。この教育の中で、LGBTQ+の性関係や軽く触れただけのアナルセックスについて、また自慰行為については全く教えられることはなかった。それにセックスに対しての同意についてのコンセントについても教わることはなかった。きっと一度くらいは教わったかもしれないけど、十分な情報じゃなかった。



(image from tumblr)



This is dangerous. By eliminating certain topics off of a sex ed agenda for high school students, the administration is putting students at risk not just in terms of sexual relations but in terms of body image and self-esteem issues, the lack of awareness regarding consent culture, female empowerment (i.e. pregnancy scares and what to do if you want an abortion), and a lack of representation involving the entire range of gender and identities.


これって危険なこと。高校生の性教育過程の特定のトピックを除くことで、ただ性的な関係に関してだけではなくて、ボディイメージのように自尊心が関わる問題を及ぼしたり、コンセントカルチャーについての知識の不足、女性の権利拡大(妊娠恐怖症や中絶したいときなど)、そして性とアイデンティティを含む全ての範囲での表現の不足などのリスクを生徒たちに負わせる可能性がある。