conflicted love

Today's guest writer, a young Muslim girl who experienced her first love with a girl.

今回のゲストライターは、ムスリムでありながら同性の女性と恋に落ちた彼女が自身のファーストラブについてシェアしてくれたよ;)



The first time that I was confessed to was when I was in high school and she was my best friend. I felt flattered after she told me and we became best friends.

The second time was in my senior year of high school and she was my classmate. She approached me many times and wanted something more than friendship, to which I wasn’t prepared for as our feelings weren’t mutual. I was scared of the uncertainties, not only because of our gender but I wasn’t ready for commitments. Though the confession didn’t end there, her persistence changed my mind and I was willing to reciprocate her feelings.


私が初めて告白されたのは高校生の時で、相手はその時の親友。

私は嬉しかった(光栄に思った)し、私たちは親友になった。

2回目に誰かから告白されたのは高校3年の時で、彼女はクラスメイトだった。

彼女からはなんどもアプローチされて、彼女が友達関係以上のものがほしいのはわかってたけど、私はその時はまだ気持ちが整理できてなかったし彼女と同じ気持ちではなかったの。私は確かじゃない自分の気持ちもそうだし、私たちが同性だということだけじゃなく、きちんと誰かと付き合うのもまだ怖かった。

でも彼女からの告白はそこでは終わらなかった、彼女は辛抱強くてその彼女の気持ちが私の考えを変えた。それで私も彼女の気持ちに答えようって思ったの。




My feelings didn’t start to flower as quickly as she did but it grew.

Over time, our relationship became closer, affectionate and stronger.

We had moments of insecurities and talked about it and I experienced my first kiss. In school, we would be exchanging glances across the classroom, gestures small and subtle enough that it was our own little secret in our own secret world. I would always make ‘bento’ and brought pocket-loads of headache patches because she would always get them. In exchange, she would sing with her guitar and take me anywhere I felt like going. We would always be considerate of one another and never thought of anything else. Though at the same time, I felt very conscious about our relationship.


We attended Islamic studies together and Islamic teachings does not approve of same-sex relationships.

As much as I was in love, my heart was also filled with conflicts. Eventually, it grew and began to affect our relationship. It was a magical ride, and yet at the same time, it was treacherous as we constantly had to be vigilant in case our small little secret gets exposed and everything would crumble.




私の気持ちは花が咲くように一気に開いたわけではなかったけど段々と大きくなっていき、

その間に私たちの関係は近くなったし、温かく、強くなった。

私たちは不安になることもあったけどその事について話したし、私はファーストキスを経験したの。

学校にいる時は授業中にお互い目線を交わしたり、小さなジェスチャーをしたりしてて、それは私たち2人の世界の私だけの小さな秘密だった。

私はいつも彼女にお弁当と頭痛薬を用意してあげてた、彼女が喜ぶって知ってたからね。

代わりに彼女はよくギターを弾いて歌ってくれたし、私が行きたいって場所に連れてってくれてた。私たちはいつもお互いの事を想ってたし他のことは二の次だった。でもそれと同時に私は私たちの関係についてよく考えてた。


私たちはイスラム教について一緒に学んだけど、イスラム教は同性愛を認めてない。

私は深く恋に落ちているぶん、同じくらい私の心は葛藤でいっぱいだった。

次第にその葛藤は大きくなって私たちの関係に影響し始めた。私たちの関係はとてもマジカルで素敵だったけれど、それと同時に誰かにバレて全てが崩れないようにと警戒して隠さなくてはいけなかったの。