• eli

watching #metoo from the fringes

#MeTooを周辺から見て

Hiya, it’s Eli! Today I want to talk about something I’ve been meaning to write about for some time: the #MeToo movement.

どうも、エリーです。しばらく前から#MeTooについていろいろ考えてたので、記事にまとめることにした。


For those who don’t know it, the #MeToo movement was founded by feminist activist Tarana Burke as a platform for sexual harassment or assault victims to speak up about their experiences. The hashtag became really popular after revelations that famous movie producer Harvey Weinstein had been repeatedly assaulting the actresses appearing in his movies. Since Weinstein was a supporter and friend of the Democratic candidate Hillary Clinton and was very well known in liberal circles, #MeToo shook the American liberal world from its foundations. and was a huge step in the recognition of the necessity of feminist perspectives.


#MeTooは性的被害者が自分の経験についてかたる場所として、米国の活動家、タラ―ナ・バークから発信されたハッシュタッグだ。ハリウッド映画プロデューサー、ハーヴァイ・ワインスタイン事件についてメディアで取り上げられてから急に有名になったので、聞いたことのある人もいるかもしれない。ワインスタインは民主党の元大統領候補、ヒラリー・クリントンの支持者で、リベラルとして知られていたので、反響はすごかった。その時点まで女性の味方として名乗ってた人が性的加害者だと明らかになって、フェミニズムの必要性の意識が高まった。

Debates about gender inequality spread from Hollywood to all over the world (or so the American press says – I haven’t done the research myself). In Italy, the Weinstein scandal made headlines too. However, the movement did not become mainstream here, and Italian actress Asia Argento was billed as hypocrite for turning her back on Weinstein, who was once a friend. The foreign press rightly criticized Italian mass media for being conservative when it came to difficult questions about sexuality, as well as of justifying rape.


アメリカのメディアによると、性差別をめぐる討論は、ハリウッドから世界に広がった。ワインスタイン事件はもちろんイタリアでもトップニュースとなった。しかし、事件に相次いだフェミニスト運動ははずみがつかず、主流のメディアは被害者の女優、アジア・アルジェントに偽善者のレッテルが貼られた。イタリアのメディアはジェンダーに対して保守的な目線があるということで海外に大きく批判された。