plugging in and losing it

Hey, it’s Tamaki! Today I want to open up and talk a little bit about my experience with an online part time job and how it affected me mentally.

こんにちは、たまきです。今日は、私のオンラインの仕事の経験と、それが精神的にどういう影響を及ぼしたかについて、シェアするよ。

Since a very young age, I always thought online jobs are easy and cool. I remember watching famous YouTubers/bloggers and thinking to myself, “Wow, they are all shining, doing what they love and succeeding.” Nowadays, almost everything and everyone is on the internet, and I feel like the number and variety of jobs on the web is increasing at speed. My interest in and envy of online businesses has been growing ever since.

小さい頃から、オンラインの仕事は簡単でかっこいいものだと思ってた。小さいといっても、中学生くらい。ユーチューバーやブロガーが発信するコンテンツをみて、「みんな好きなことやって成功して、輝いてる…いいな〜!」と思っていたんだよね。今は、やんわり憧れを抱いていた頃より進んでて、オンラインの仕事の量もバリエーションも、ものすごい速さで増えていると感じる。それとともに、オンラインビジネスに対する私の興味も、膨らんでいった。

When my father’s friend offered me a job in online translation, I grabbed it immediately, mostly because I was thinking about quitting my part time job at that time anyway, but also because I wanted to experience being one of those people online, working from home. Just imagining myself using a laptop for an actual paying job, clicking away busily, made me very excited.

だから、父の友人から、ネット上の翻訳の仕事をやらないかとオファーされた時は、飛びついた。もともとその時のバイトを続けるか迷っていたところだったし、家からお金を稼ぐというコンセプトに惹かれたから。さっき記したように、オンラインビジネス業界が盛り上がっていると感じていたのも、うまいかんじに作用したと思う。家やカフェでパソコン打ちながら仕事するなんて、(恥ずかしながら、)今っぽいしイケてるじゃん私!くらいに思ってたんだ〜(笑)