thoughts on freedom of speech

セカオワ問題は文化の違い?

SEKAI NO OWARI(End of the World)という日本のバンドのツアーセットが、「女性蔑視」だと、韓国を中心に問題になり、彼らの来韓公演をボイコットする運動が起きている。

Have you ever heard about Japanese band called "SEKAI NO OWARI" (it means End of the World)? Their latest tour set "Insomnia Train" has been called out as misogyny in South Korea and they started a movement to boycott their show in South Korea.

(SEKAI NO OWARIのボーカルFUKASEさんのツイッターより)

6/24に、野外ツアー「INSOMNIA TRAIN」を北海道で終えたSEKAI NO OWARI。この公演のツアーセットが、韓国ファンを中心に批判されている。それを受けて、日本でも物議が醸された。私は、SEKAI NO OWARIというバンドについて詳しいわけではないが、このバンドは、ライブの世界観にすごくこだわっていて、毎回のツアーで大掛かりなセットをメンバーたちが作りあげている、またそれがSEKAI NO OWARIの大きな魅力になっていると認識している。

SEKAI NO OWARI just finished their "INSOMNIA TRAIN TOUR" in Hokkaido, Japan on June 24th 2018. And they have been receiving criticism about their tour set, mainly from their South Korean fans. And this news came to Japan as well. I don't know anything about SEKAI NO OWARI, but I knew this band is famous for creating their own world at their show and every tour they have crazy huge set. And that's one of the biggest reasons that they're big in Japan.

今回、問題になったツアーセットは、ステージのコンセプトが移動式歓楽街ということで、女性の脚の絵や、「Drink me」という文字の横に、カクテルグラスに浸かった裸の女性のシルエットの絵、セクシーな女性のアイコンの絵などが見受けられる。