someone you may not know

あなたの『両親』はあなたの知っている人?

For a long time, I couldn’t get my feelings right when discussing with my parents. I thought it might be the generational gap that was dividing us for a very very long time, but it never occurred to me that labels and expectations were the reasons why discussions and disagreements were taking place on such a regular basis. There were these two mindsets clashing against each other, and it wasn’t easy at all to see that that was what was really going on.

長い間、私は両親と何かについて会話をするとき、自分の気持ちをまっすぐに伝えられていなかった。ずっと長い間、もしかしたら世代が違うから大きな壁を感じていたのかもしれない。でも、日常生活の中で議論や会話を通して、お互いに賛成できない部分があることは、期待をしたり、自分の中で考えが決まっているからなのかもしれないと感じた。そんな日々は、ただ私と両親の二つの異なった考え方がぶつかりあっているだけだと感じるのには時間がかかった。

When you are with your parents you are simply the child and they are the parents, and usually no one really gets that you are all three distinct individuals, even though you are literally a product of your parents. Sometimes they don’t understand you and you cannot accept the fact that they don’t realize when they are saying something wrong or not seeing you like a person, but only their child. Especially as a teenager, this is incredibly frustrating and you may tend to develop a lot of anger.

両親と子供はセット的なアイデアで、自分が両親から産まれてきたからその両親と子供の私を3人の全く違う個人として考えられることはあまりない。両親は子供のことをいつも理解してくれるわけではないし、子供も自分の両親が間違ったことを言ってしまったときや自分のことを子供以外には人として見てくれないときは認めたくない。特に、ティーンエイジャーのときはそう。ものすごくイライラするし、もしかしたら激怒したくなってしまう時期かも。

<