movie review: bolshoi

映画レビュー: ボリショイ・バレエ 2人のスワン

Since I started learning Russian at university this September, I’ve naturally developed a curiosity for Russian culture, whether we are talking about literature, movies, traditions and so on. So, when our teacher pointed out to us students that the Russian Film Festival in Venice was taking place, I was only excited. There were two movies being screened, Ice and Bolshoi, and they were both in original language, being subtitled by students. And it was free entry!

9月から大学でロシア語を勉強するようになってから、文学、映画、伝統などロシアの文化に自然と興味を持つようになったんだけど、私の学校があるヴェネチアでロシア映画祭が行われるのを教授に教えてもらって行ってきたの。すごくワクワクしてたのを覚えてる。ロシア映画の二作品『Ice』と『Bolshoi (ボリショイ・バレエ 2人のスワン)』が上映されたの。音声はロシア語で、字幕は生徒によるものだった。入場は無料!

Today I would like to give to you my personal review about the movie Bolshoi. It is by popular Russian director Valery Todorovsky and it came out on May 2017 in Russia. As the name reflects, it talks about the life inside the ballet company of the Bolshoi Theatre of Moscow. As I heard that the topic was ballet, I was immediately thrilled. I am very passionate about ballet, I find it one of the more beautiful and tough art forms that exist, and I myself practiced it for nearly 10 years.

今日はそのロシア映画の一つ、『Bolshoi (ボリショイ・バレエ 2人のスワン)』の個人的なレビューをシェアするね。この映画の監督は、Valery Rodorovskyというロシアの人気監督。2017年5月にロシアで公開された。(日本では2018年7月に公開。) タイトルの通り、ロシア・モスクワにあるボリショイ劇場が舞台で、その劇場の中のバレエ団のお話。バレエがこの映画のトピックだと聞いて、私は興奮したの。私はバレエが大好きで、本当に美しく、それと同時にタフな素晴らしい芸術だと思ってる。私自身も10年間、習っていたの。