-shi- by motomoto(n)

「はじめまして、motomoto(n)です」

私たちは『motomoto(n)』といいます。女優・写真家の山本和穂と、ダンサーの杉本音音によるユニットです。

Hello, we’re “motomoto(n)” — an artist duo made up of the actress and photographer Nagoho Yamamoto, and the dancer Neon Sugimoto.

“Actualizer, drawing the light of sense.”

私たちのテーマであるこの言葉。さまざまな物事の“素敵ポイント”を、私たちの表現を通して伝えたいと思って活動をはじめました。2月に行う写真展・パフォーマンス『-shi-』では、まだ見ぬ可能性を探しに最初の一歩を踏み出します。そんな走り出したばかりの私たちが思うこと...

This quote embodies our theme. We started “motomoto(n)” to bring light to the charming details of everything around us through our art. At our photography and performance exhibition “-shi-” in February, we take our first step in exploring unknown territory. Here are some thoughts that have been on our mind…

こんにちは、motomoto(n)のNagohoです。

日常会話の中で、人の言葉や自分の発言にたまに違和感を覚える。 「女の子だから。」 「大人になったから。」 「日本人だから。」 「私は強いから。」

Hey, it’s Nagoho from motomoto(n).

I sometimes feel uncomfortable hearing and saying these phrases:

“Because you’re a girl…”

“Because you’re an adult now,”

“Because you’re Japanese.”

“Because I’m strong.” 言葉で意味を示したり、ジャンル分けしたり、"定義"する事は、時に正しくて大切な事だと思う。でも、それは本当に必要なことなのかな。男や女、白や黒、大人、子供、強い人、弱い人… 定義することが、返って可能性を狭めてしまう事もあるんじゃないかな。そこにはもっとグラデーションがあっていいと思う。

We can use words to convey meaning, categorise things, and to label. It’s sometimes important and correct to do so. But I wonder… is this labeling really necessary? Men and women. White and black. Adult and child. Strong and weak. Giving these labels might be limiting our possibilities. I think we should start to think of things as on a spectrum instead.

例えば、子供が授業で太陽の絵を描く時、ある子はオレンジ色を使うだろうし、ある子は黄色、ひょっとすると白色を使うかもしれない。でも、先生が「太陽の色は赤色です。」と教えたら、きっと全部「赤」になってしまう。このことは目に見えるものだけでなく、感情のように見えないものについても言えると思う。もし私が自分の欠点や努力してることを短所だと定義してしまったら、それは本当に弱さになる。

For example, when children draw the sun, some might use orange, another one might use yellow, and some might even use white. But if the teacher says, “The colour of the sun is red“ and labels the sun as “red”, then every child will probably use red to draw it. This labelling isn’t limited to things we can see. It also extends to things we can’t see, like emotions. If I label my flaws or things I’m trying to improve as weaknesses, then they might really become my weaknesses.

でも想像してみて。もし自分の強さが、弱さから出来ているとしたら?自分の短所を認めるのは、あなたに長所があるからだとしたら?黒色には、本当はどんな色にでもなれる可能性を秘めているとしたら?こんな風に、言葉の"定義"はちょっと見方を変えるだけでこんなにも素敵になるんだって思う。

But think of it this way. What if my strength is coming from my weakness? What if the reason I can accept my weakness is coming from my strength? What if the colour black had the hidden potential to become any colour? Just like this, I think labels can be understood completely differently if we see it from a different perspective.

小さい頃から、私はすごくポジティブな人だった。誰に対しても親切で、いつでも笑顔で、弱音は吐かないようにしてた。だから、みんな私を"太陽"みたいな人って言って頼ってくれたし、たくさん相談してくれた。

When I was little, I was labelled as the “Sun”. People told me I was like the “Sun” as I was kind to everyone, always smiling, and never whined about anything. Everyone counted on me and came to me when they needed advice.

でも高校生になって、本当に辛い悩みが出来た時、私はどうすればいいか分からなくなった。みんなが望む"太陽"でい続けることが難しかったから。でも、苦しくて助けてって言いたくても、みんなの前では変わらず笑顔で過ごしてた。周りのきらきらした子たちと、汚くて醜い自分を比べては落ち込んで、自分の顔も身体も心も、どんどん嫌いになっていった。本当の自分なんてとっくにわからなくなってた。

But when I entered high school and started to struggle, being the “Sun” became harder. The “Sun” always had to be shining so I forced a smile to the people around me even though I was in pain. I compared myself against the seemingly flawless people around me and felt miserable and filthy. I began to hate my face, my body, my heart, and my soul more and more. I didn’t even know who I was anymore. でも幸せなことに、わたしはある写真家のモデルになることができた。彼女はありのままの私自身を写してくれた。その写真が本当に美しくて、正直に、「私は何があっても私なんだ。それは絶対に変わらないんだ。」って思う事ができたんだ。