don't fear change

自分自身に集中すること

韓国で大学院生活を始めてからちょうど1年が経った。去年の12月、第一希望だった大学から合格通知をもらった時はすごく嬉しくて、期待でいっぱいだった。どんな授業で、どんな友人と出会うんだろうと、すごくわくわくしてたのを覚えてる。「新しい環境に1歩踏み出すことが大切!」とよく言うけれど、もっと大切なのはそこでどう過ごすか、だと思うんだ。みんなは新しい環境に踏み出したとき、どんな工夫をしてる?

It’s been a year since I started grad school in Korea. Last December, when I received my acceptance letter from the university that was my first choice, I was so happy and full of anticipation. I remember being super excited to experience the lectures and make friends. People often say, “Stepping out into a new environment is important!” But I think what’s most important is what you do in the new environment. What do you try to do when you’re in a new environment?

わたしはこれまで何度か留学を経験したことがあったし、自己紹介の長所の欄に「適応能力が高いこと」って書くくらいだったから、大学院生活に対しても大きな心配はなかった。だけど実際には溶け込むのに“半年間”という、わたしにとって長い時間がかかったんだ。それもそのはず、大学生時代に交換留学生として韓国で過ごした頃は、友人たちと好きなメイクの話やファッションの話、アイドルの話をして盛り上がっていたけれど、院生活を通して友人たちと話す内容はこれまでと少し違っていた。学問の話、最近あった事件の話、授業で行った討論の話。同じ学問に関心を持った人が集まる場だから、それは当たり前のことなんだけど、大学生の頃とは違う専攻を選んだわたしは、入学した当時は他の人よりも基礎がなく、話についていくのに苦労した。

I’ve experienced studying abroad a few times before, and I even wrote “Highly adaptable” as one of my strengths in my self-introduction so I wasn’t really worried about life in grad school. But actually, it took me half a year to fully get comfortable here which was quite long for me. I guess that’s not a surprise. When I was an exchange student in Korea during my undergrad years, I bonded with my friends talking about makeup, fashion, and pop stars. However, the topics that I discuss with my friends in grad school are different. We usually talk about academics, recent incidents, debates in class. I guess it’s a given since it’s a place where people with the same interests gather, but as someone who chose a different major from when I was an undergrad, I was lacking some foundational knowledge and struggled to keep up during conversations.

授業についていくのにも精一杯で、合格通知をもらって入学したにも関わらず、『その大学のその学部の一員であるという所属感』を感じられない日々が続いていた。今考えると、外国人枠で合格した自分と周りの韓国人の学生を比べていたからなんだと思う。周りの学生はみんなわたしよりも知識が多くて、討論において自分の主張を話すことに慣れていて、その反面わたしは授業中緊張してばかりで、いざ討論に参加しても自分の発言に対して毎日反省をする日々が続いていた。こうして周りの目ばかり気にしてたんだ。