shikkari-mono: “reliable and responsible”

「しっかり者」

みなさん、こんにちは。現在大学三年生のマナミです。今回は、「しっかり者」と呼ばれ続けてきた私のお話を少しシェアしてみたいと思います。

Hi everyone! I’m Manami, currently a third year in university. I’d like to share my story on how I have always been called a shikkari-mono -- a Japanese term meaning a reliable, responsible person.

まず初めに。なぜ、このトピックについて書こうかと思ったかというと、家族や友達が私にしっかりしているねと言ってくれる度に、本当の私はみんなが思うしっかり者なのかな、私はしっかり者になろうとしているだけなんじゃないかな、と感じたから。

Firstly, I want to say that the reason I am writing about this topic is because every time my family or friends told me that I am such a shikkari-mono, I wondered if I truly was one, or whether I was just trying to be one.

まだ私が小学生の頃、しっかりしているね、何でも一人で出来て偉いね、お利口さんだね、という言葉をよくかけられた。それらの言葉は誉め言葉だと思っていたし、褒められることを求めた幼い私は、みんなが思うしっかり者に自ら積極的になっていたと思う。クラスでうるさく騒ぐ男子がいたら毎回注意していたし、クラスで何かをするときは積極的に前に出た。毎回100点を取って、花丸のついたテストを家族に見