living in a society that values appearance

見た目が重視される社会で生きること

こんにちは、あずさです。

私はフェミニズムについて学び始めてから、私が自分の見た目や体について様々なことを言われてきたことに気づいた。でも見た目が大事だと無意識に思ってきたから、みんなの体はそれぞれ美しいっていう考えを受け入れるのは簡単じゃなかった。今回はその葛藤について書こうと思う。それとこれから社会がどう変わっていってほしいかについても、私の考えを少しシェアしようと思う。

Hi, it’s Azusa. Since I started to learn about feminism, I began to notice how I’ve been told a lot of things about my appearance and my body. I always subconsciously thought that appearance is important, so it was not easy for me to accept that every body is beautiful. I'm gonna share my struggle in accepting that idea and how I want society to be in the future.

私が自分の見た目を意識し始めたのは中学生のとき。それまでは身長がぐんぐん伸びていたし、自分は痩せている方だと思ってたの。でも中学生になって身長があんまり伸びなくなって、同じ量のお菓子を食べていたら、自分がちょっとぽっちゃりしているのかもと思い始めた。その時の私はニキビがたくさんあったし、まだ矯正をする前で口の閉じ方も悪くて、自分の見た目が嫌いだったし、全然自信がなかった。だから「自分はブサイクなんだ」と中学生の時はずっと思ってた。高校生になると、歯並びも少しずつきれいになって、ニキビが減った。中学生のときと比べたら、自己評価は少し上がったのかもしれない。でも私の周りの子は、足の太さを気にしていたり、ダイエットをしていたし、私も周りの子と比べてちょっと太ってるんじゃないかって思って、甘いものをずっと控えたりして、体重計にのっては一喜一憂していたときもあった。高校の友達たちと「学年三大美女」について話す時もあった。それはミスコンのようなものではなく「知っている人は知っている」程度のことだったけど、そんなことからも見た目が大事にされることには無意識のうちに気づいていた。

I became aware of my looks when I was in junior high school. Until then, I had been quickly growing taller and I thought that I was on the skinny side. But my height didn’t change much after entering junior high school, and I started to think that I might be a little chubby after continuing to eat the same amount of snacks as before. Back then, I had a lot of acne and because I hadn’t had braces yet, the way my mouth looked when it was closed was weird, so I hated myself and didn’t have any confidence. During junior high, I always thought I was ugly. When I became a high school student, my teeth looked better and my acne decreased. Compared to when I was in junior high school, my self-esteem might have had gone up a little bit. But my friends around me were self-conscious about how big their legs were or were going on diets so I also tried to not