• eli

living with languages

多言語で生きること

“You’re never going to reach the same level of fluency that you have in your first language, you know…”

「母語のように第三言語を話せるようになれないのでね…」

I was drinking coffee in the kitchenette and talking with a classmate. I was talking in my third language; she was talking in what I assume to be her second.

私は大学の給湯室で後輩と日本語で話していました。日本語は私の第三言語で、彼女の第二言語だと思う。

“Yeah…”

「そうですね…」と、私は返した。

That's all I felt like replying.

それしか答えられなかった。