book review: here i am

Here I Am

Today I would like to share with you my personal review of a book I mentioned in one of my last articles – Here I am by Jonathan Safran Foer. He is one of my favourite writers, and I have read all of his books. In order of publication, they are: Everything is illuminated (2002), Extremely Loud & Incredibly Close (2005) and Eating Animals (2009), which made me become vegetarian in 2013.

今日は、一つ前の記事でも紹介したジョナサン・サフラン・フォアの『Here I Am』のブックレビューをシェアしようと思います。(日本語版はまだ出版されていないです。)彼は私の大好きな作家の一人で、彼の本は全て読んでいます。順番に紹介すると『エブリシング・イズ・イルミネイテッド』 (2002)、『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い 』(2005)、と私が2013年にベジタリアンになるきっかけとなった『イーティング・アニマル』(2009)の3冊。(全て日本語版が出ています。)

I had been waiting for his newest book to come out for years. I knew he was working on something – and one day, there it was finally in my hands: this big, thick novel that I was so excited to read. However, even after I got my hands on the book, I waited almost a year to read it. I guess I was waiting for the right moment and space of mind, and maybe I didn’t want to be disappointed.

彼の一番新しい『Here I Am』を私は何年も待っていました。彼が何かを書いているのは知っていましたが、ある日出版され、私はこの大きくて、分厚くて、ずっと待っていた本をやっと手に取りました。でも、買ってから読むのを約1年待ちました。自分にとっていいタイミングを待っていたのだと思います。たぶん、残念な一冊じゃないことを願っていたとも思います。