a guide to a zero waste beauty routine

A Beginner’s Guide To A Zero Waste Beauty Routine

ゼロ・ウェイスト・ビューティガイド

Until a few years ago, I wasn’t an environmentally-minded person. I wasn’t aware of the extent of human-induced pollution and I was completely ignorant to the damage that our lifestyle was creating. But something clicked when the news started talking more and more about climate change and the effect of greenhouse gas emissions on global warming, and I became more interested in the impact of humans on the environment. I began questioning my daily choices and how damaging they were to the Earth and its ecosystems. As a reaction, I decided to educate myself and learn how to lead a more eco-friendly and sustainable life.

数年前まで、私は環境に優しい人ではありませんでした。私は、人々が引き起こす汚染の大きさに気付いていなかったし、私たちのライフスタイルがもたらしているダメージについて全く知りませんでした。しかし、気候変動や温室効果ガスの排出が地球温暖化に及ぼす影響などについてのニュースがどんどん話題になり始めたときに、私は人間が持つ環境に対する影響にもっと興味を持つようになりました。私は、自分の日々の選択がどれほどのダメージを地球や生態系に与えているのかと考え始めました。そして、私は自分を教育し、より環境に優しくサステイナブル*な生活を送る方法を学ぶことにしました。

*サステイナブル = 持続可能であるさま。特に、地球環境を保全しつつ持続が可能な産業や開発などについていう。

Oftentimes, we overlook our responsibility as individuals thinking that our impact is very limited and won’t harm the environment that much. However, once you start summing up all the single footprints you’ll realise that we collectively cause an immense production of waste and pollution. The scale of the problem is so massive that it can be difficult to know what to do about it, and I was fascinated by people that contrary to the majority of us, produce a very limited amount of waste and are still able to lead a normal life. I was particularly interested in the idea of living a zero waste lifestyle which means not creating any waste that goes to the landfill. This seems impossible, but it is: by reusing, reducing, recycling, composting and upcycling.

多くの場合、私たちの責任は、一人一人の個人の影響は限られていると考えてしまい、それほど環境に害を及ぼすことはないと見落としてしまうことです。しかし、私たち一人一人の全ての足跡をみてみると、私たちが大量の廃棄物と汚染を生み出していることに気がつきます。この問題の規模はとても大きく、自分が何をすべきか知るのは難しいかもしれません。そして私は、ごく限られた量の廃棄物しか出さず、それでも普通の生活を送ることができる人々に魅了されました。私は特に、ゴミ捨て場に出るような廃棄物を作り出さないという意味で、ゼロ・ウェイスト*の生活を送るという考えに興味を持ちました。不可能に思えるかもしれませんが、再利用、削減、リサイクル、コンポスト化(堆肥化)、そして、アップサイクル**を行うことで可能にします。