seeking "pleasurable sex"

「感じられるセックス」を求めて

これまで「いいセックス」について誰も教えてはくれなかった。何年か前まで、自分はセックスを通して快感を感じない人間だと思っていた。もしかすると、ただ「しなければ相手が失望するかもしれない」という気持ちでしていたのかもしれない。どうすれば痛くなくて、健康的で、満足できて、楽しめるのか知りたかった。

Nobody ever told me about “good sex”. Until a few years ago, I thought that I was someone who didn’t get pleasure from sex. Maybe I was just doing it because I was worried that my partner would be disappointed. I wish I knew how I could have sex in a painless, healthy, satisfying, and enjoyable way.

みんなは、セックスや性的な快楽について友達と話したりする?私自身、最近まで性的な話題について友達と話すことはあまりなかった。大学院に入学して、その話題に関してオープンな何人かの友達と出会って、性感帯や好きな体位について話したり、一緒にセックストイを買いに行ったりするようにもなった。

Do you talk with your friends about sex? For myself, I didn’t ever talk about anything sexual with my friends until recently. After I got into grad school, I made new friends that were open to those kinds of topics, and we started to talk about our erogenous zones, favourite positions, and shop for sex toys together.

フェミニズムを学びながら、女性が欲望の「対象」となるのではなくて、欲望を自ら「生産する」ことが大事だと考えるようになった。でもそれをどう実践できるのかについては、まだ悩んでいるところ。

From learning about feminism, I started to think that it is important for women to be the ones to sexually desire instead of being the subject of sexual desire. I’m still thinking about how to put this into practice.