setting boundaries

境界線を引くこと

Navigating relationships is not easy. Whether you are dealing with a friend, a partner, a family member or a colleague, sometimes you might find yourself facing unpleasant situations. Acknowledging that interacting with that person is making you feel uncomfortable is the first step toward finding a solution to build a healthier relationship. However, facing someone usually involves the risk of creating tension and hard feelings. Is it possible to set personal boundaries without harming a relationship and hurting others?

上手に人間関係を築くのは、簡単ではありません。友人、パートナー、家族、同僚など、どんな人間関係であれ、自分が不快だと感じる状況に直面することがあります。相手とのやり取りが原因で、自分が不快だと感じていることを認めるのは、より健全な人間関係を築くための解決策を見つけるための最初のステップです。しかし、誰かと向き合うことは、多くの場合、二人の間に緊張感と残酷な感情を生み出すリスクを伴います。相手との関係を守りつつ、相手を傷つけることなく、相手と自分のパーソナルな境界線を引くことは可能でしょうか?

Not long ago, I had an argument with one of my closest friends. The tension between us had been building up for months but we both ignored it, unsure about how to fix the problems our friendship was facing. A minor misunderstanding was enough to trigger a fight between us. The quarrel happened via text and it involved an unpleasant exchange of accusations. In particular, she blamed me for being too distant and avoiding her, and I accused her of being too possessive and clingy. We then proceeded to avoid each other for several days and my silent treatment would have continued if she didn’t insist to meet and solve our problems. Even though I knew we had to face each other in order to address and fix the issue, I couldn’t bring myself to do it because I didn’t want to hurt her feelings even more.

少し前に、私は親しい友人の一人と言い合いをしました。私たちが直面していた問題を解決する方法がわからなくて、二人の間で感じる緊張感は、何ヶ月にも渡って続きました。でも、私たち二人ともそれを無視しました。ちょっとした誤解が私たちの喧嘩の原因になってしまい、私たちの言い合いは、メッセージ上で始まり、不快な言いがかりのやり取りがありました。彼女は、私が彼女を避けて遠くに感じると非難し、私は彼女があまりにも所有的で私にしがみついているようだ、と非難しました。その後、私たちは数日間お互いを避け合いましたが、彼女が私たち二人の問題について、実際に会って解決しようとしない限り、私はその問題を無視し続けたと思います。二人の問題について話し合い、仲直りするために、彼女と向き合う必要があることはわかっていましたが、彼女の気持ちをこれ以上傷つけたくなくて、私はそうすることができずにいました。