working holiday in new zealand

ニュージーランド・ワーキングホリデーへの準備

こんにちは。編集長Hikariの妹のMarinaです!私は、今年の7月から1年間のワーキングホリデービザでニュージーランドに来ています!今回は、ワーホリにいく前の日本での準備期間についてシェアします。この記事が役立つといいな :)

Hi, it’s Marina! I’m Editor-in-Chief Hikari’s little sister. I’ve been in New Zealand since July on a working holiday visa. I hope this article is useful to you. :)

まず、私は短期大学を卒業後、1年間ちょっとの間、フリーターとしてファストフードとレストラン・バーで掛け持ちをしてお金を稼いだよ。なるべく週2日休みをとって、働ける日の朝はファストフード、夜はレストラン・バーのように1日12時間くらい働いた。 ニュージーランドのワーキングホリデービザは、NZ$4200(約30万円)の資金があれば、ビザが下りる。私はそれを含めて、ワーホリ中の生活費のための口座を作って、月に10万円貯めるのを15ヶ月続けて、150万円貯金したよ。その間、実家にお金を入れたり、年金や税金関係も払ったりしていたから、手取りはほとんどなかった!

First, after graduating from a junior college, I saved up money for a year by working at a fast-food restaurant and a restaurant/bar. I made sure to take two days off a week. On days I would work, I would spend my mornings at the fast-food restaurant and nights at a restaurant/bar which totalled to 12 hours a day. For a working holiday visa in New Zealand, you need have NZ$4200 (approximately ¥300,000) in your available funds. I opened an account at the bank that was dedicated to storing my money for this and my living expenses in New Zealand, and I saved up ¥100,000 monthly for 15 months. However, since I was also paying my parents (for rent, electricity, etc.) and pension and taxes, the actual money that I was left with and saved was really little!