bathrooms and gender

トイレとジェンダー

こんにちは!あかりです。今日はフィンランドに来て気づいた「トイレとジェンダー」について考えたことをシェアしていきたいと思います。

Hi, it’s Akari. Today, I’d like to share my thoughts on “bathrooms and gender” that I noticed when I came to Finland.

例えば、トイレのマークといえば、男性用トイレが青色で、女性用トイレが赤色のマークを思い浮かべる。私はそれが当たり前だと思っていたんだけど、今住んでいるフィンランドでは青と赤で区別されたトイレを見たことがなく、トイレのマークは男性と女性のシルエットで区別されている。また、首都ヘルシンキの映画館や美術館のトイレは、男女の区別がなく「ユニセックストイレ*」として、どんなジェンダーの人でも同じトイレを使うことができるようになっていた。旅行先のスウェーデン・ストックホルムやヨーテボリの博物館や美術館のトイレは、ジェンダーについて何の記載もないただの「トイレ」としてトイレが設置されていた。トイレの構造としては、複数の個室のトイレが並んである構造が多く、一つ一つの個室の中に小さいシンクと石鹸、ゴミ箱が設置されている。この経験から、トイレに性別は関係ないという新しい考えを私は学んだ。実際に私もユニセックストイレを使ってみて、一つも不便を感じなかったし、女性トイレだけが混雑するという現象も起きなくて、私にとっては使いやすかった。

* ユニセックストイレ = 性別に関係なく利用できるトイレ。

For example, when I imagine the signs on bathroom doors, I think of something blue for men’s and red for women’s bathrooms. I thought this was the same everywhere, but in Finland, I have never seen a bathroom that uses colour to separate gender. Here, they use the silhouette of a man or a woman to show which bathroom is for which gender. Moreover, the bathrooms I saw in a cinema and an art museum in Helsinki were labelled “unisex WC” and everyone could use the same bathroom, regardless of gender. In Stockholm and Gothenburg, Sweden, where I travelled, there was not even mention about gender in the bathrooms in museums and art galleries; bathrooms are just labelled “WC.” Regarding the structure of restrooms, most of the bathrooms contain several cubicles which each contain a small sink, soap, and a trash can. From this experience, I learned the new idea that gender does not matter in bathrooms. In fact, when I used these unisex bathrooms, I didn’t feel any inconvenience. I thought it was a good idea to have unisex bathrooms because the phenomenon where there is a long line only for the women’s bathrooms doesn’t occur.

そもそも、なんでトイレを性別で分ける必要があるのだろうか?性別で区別されたトイレの場合は、男性・女性からトランスジェンダーの人たちへの性犯罪、嫌がらせ、偏見の目などの問題が出てくる。トランスジェンダーの人でなくても、見た目が中性的だったり、トイレの性と異なる性表現*をしている人が嫌がらせに合う可能性も考えられる。また当事者がどちらかのトイレを選択することに違和感を感じたりするかもしれない。

* 性表現 = 『男らしさ』や『女性らしさ』を表すと規定されている服、しぐさ、言葉遣いなどで、自分の性別を表現する方法のこと。

But why do we need to separate bathrooms by gender in the first place? When bathrooms are separated by gender, there is a risk of sexual crime, harassment, and prejudice against transgender people. Even if someone is not transgender, if they look androgynous or have a sexual expression that is different from the gender of the bathrooms, they are also at risk for sexual harassment. Moreover, these people may feel uncomfortable when they have to choose which bathroom to enter.

私の考えでは、トイレを性別で分けないメリットはたくさんあると思う。ジェンダーフリーのトイレなら、トランスジェンダーやXジェンダー*の人々が性区別されているトイレに入ることやどちらか選ぶことに抵抗を感じる必要がなくなる。また、女性トイレにある生理用品用のゴミ箱がどこにも設置されていたら生理がくる全ての人にとって使いやすいトイレになると思う。さらに女性トイレだけが混雑する現象も防げると思う。

* Xジェンダー = トランスジェンダーの中で自らを男性、女性いずれの性別にも合致しないと意識する人。

In my opinion, there