change of seasons

季節の変わり目

朝、家を出て、冷たい風を感じると胸がきゅんとする。家から10分歩いたところにあるカフェに行ってコーヒーを注文し、パソコンのメールをチェックしたり、本を読んだり、溜まった課題をする。私は朝起きることが苦手で、前は夜更かしして、よくお昼に起きたりしていた。でも最近は、恋人が出勤する8時には起きて、どれだけ眠くてもコーヒーを求めてカフェに行く。夏にはアイスのアメリカーノを毎日飲んでいたけれど、暖かいコーヒーが飲みたい季節になったことに少し嬉しくなる。

When I leave the house in the morning and feel the cold breeze, my heart flutters. I walk to a cafe ten minutes away from my house, and order coffee. There, I check my emails, read books, and work on schoolwork. I’m not great at waking up in the morning, and I used to often stay up late and wake up around noon. But recently, I have been waking up at 8:00am when my lover leaves for work, and I head to the cafe for coffee no matter how sleepy I am. In the summer I drank an iced americano every day, but I’ve been enjoying this season that makes me want to drink a hot coffee.

ショートカットにハマっていた夏に比べ髪が少し伸びたこと、秋服が着れること、空と雲が綺麗なこと、空気が澄んでいること、夏には暑くて手をあまり繋いでくれなかった恋人が涼しくなるにつれ、くっついてくるようになったこと。大学院での生活は、相変わらず課題が多くて休めないけれど、何だか気分がいい。

Noticing that my hair grew out a bit since keeping it short in the summer. Wearing fall clothes. The beautiful sky and clouds. The crisp air. How my lover who didn’t hold my hand much in the hot summer has been touching me more. In graduate school, there’s a lot of work as usual and I can’t take a break, but I feel good.

そして、同時に切なさや寂しさも湧いてくる。日が暮れるときの綺麗な空の色を見ながら、普段あまり考えることのなかったことがふと頭によぎったりする。もう一生会えないであろう人々や、ひどい別れ方をした前の恋人たちのこと。もう戻れない過去の思い出たちのこと。そして、私が穏やかな気持ちで空を見上げている今にも、