• mio

moments when i feel love

愛を感じる瞬間

愛を感じる瞬間って、人それぞれだと思う。それは家族からだったり、恋人からだったり、友達からだったり、動物からだったり、自然からだったり、はたまた知らない人からだったり。最近は肌寒い日が増えて、朝会社に向かうときに車から見える空がなんだか少しどんよりしていて、もう冬だなって思う。それと同時に、わたしは毎年この時期になると少し気分が落ち込んで、人肌恋しくなる季節だなって感じる。多分同じように感じる人って結構いるんじゃないかな?

I think every person has different moments where they feel love. That love might be from a family member, a lover, a friend, an animal, nature, or a stranger. Recently, the weather has gotten very cold. When I leave the house in the morning to go to work, the sky that I see from my car is overcast and dull, and it reminds me that it's really already winter. For me, winter feels like a season that makes me kind of feel lonely, and crave touch. I tend to feel a little depressed every year during this time. I don’t think I’m alone in this -- maybe you feel the same way?

大学生だった去年は、授業が終わってバイトが始まるまでの夕方の寂しい雰囲気が大嫌いだった。さっきまで話し込んでいた友達とさよならをして、家に帰って一人、自分でも原因が分からない寂しさに押し潰されそうになりながら、泣いていた日もあった。わたしは自分のネガティブな部分を人に見せるのは得意ではないから、こんなわたしの寂しさなんて、家族や友達に吐き出すほどのことでもない、と自分で決めつけてた。誰にこの思いを吐き出したらいいか分からなくて、また泣いてしまうっていう繰り返しだった。

Last year when I was a college student, I hated the lonely atmosphere of the evening that was there from the end of my class until the start of my part-time job. There was a day that I cried after getting home from seeing friends at college. I was being crushed by a feeling of sadness that I didn’t understand the reasoning behind. Since I’m not good at being vulnerable and showing people my weaknesses, I had convinced myself that it wasn’t bad enough to tell my friends and family about my loneliness. I didn't know who I should talk to about these feelings, and I would cry again.

社会人になった今年からは、平日は家と職場の行き帰りだけで体力的にしんどくて、仕事終わりに友達とご飯に行ったりとか、どこかに買い物に出たりとかは滅多にしなくなった。仕事が終わるとすぐ家に帰りたいし、ご飯を食べてお風呂に入ってすぐに寝たい。だから、人と触れ合う機会が本当に減ってしまった。外に出て体を動かすのも億劫で、家での自分の時間は読書かネットフリックスだけ。こんな日々に嫌気がさして、これから先ずっとこんな生活が続くのか、と不安になって変に怖くなって、とても気分が落ち込んでしまう。

Since I became a working member of society this year, I rarely go to dinner with friends or go shopping on weekdays after work because the commute alone from my house to work and back is already tiring enough. As soon as work is over, I want to go home, eat dinner, take a bath, and sleep right away. So, the opportunities I have to interact with people have really decreased. I don’t feel like going outside and moving my body and my time at home is spent reading or watching Netflix. I don’t feel good about this lifestyle, and I feel anxious that I will continue to live such a life.

一方で、忙しくてそんな風に落ち込んでいる時間がない時もある。ゆっくりいろんなことを考える時間がない分、ネガティブになることも少なくなる。それでもやっぱり、ふとした瞬間に寂しさが押し寄せてくることがある。そんな時は感情に任せて涙を流すこともあるけど、今はその涙を拭きとってくれる恋人がいる。特に理由もなく涙を流すわたしを、何も言わずに優しく包み込んでくれる恋人の存在は、私にとって大きいし、温かくて大きな愛を感じる。

On the other hand, there are times when I am so busy that I have no time to be depressed. Since I don't have time to think deeply about anything, I am less likely to become pessimistic. But even in these cases, loneliness may come rushing in without warning. When this happens, I sometimes let my emotions out and shed some tears, but now I have a lover who wipes those tears away. My lover’s existence, who gently holds me when I am crying without any particular reason is really meaningful for me, and I feel a warm and big heart that makes me feel loved.

それにわたしはノスタルジックになると、その懐かしい思い出たちが、当たり前だけど、もう一生戻れない過去だと分かって寂しさからなかなか戻ってこれなくなることがある。そんな時も無性に人の温もりや愛を感じたくなる。

Moreover, when I become nostalgic, I am reminded that those nostalgic memories are a past that I won’t ever be able to go back to and I struggle to come back from sadness. At times like these, I long to feel people’s warmth and love.

始めに言った通り、わたしは冬になると気分が落ち込み気味になる。そして人肌恋しくなる。そんな感情に敏感になっているからか、最近は恋人からだけに限らず、愛を感じる瞬間って日常の中にたくさんあるって実感するようになった。最近地元のスターバックスに久しぶりに行ったときに、ある店員さんから「お元気でしたか?いつもご利用ありがとうございます!」と声をかけられた。その店員さんとは特別親しいわけでもないし、わたしが地元のスタバを利用するのなんか本当に久しぶりだったし、ましてや店員さんは