my body & the menstrual cup

私の体と月経カップ

みんなは、月経カップって使ったことある?月経カップとは、生理中に膣内で着用する再使用可能なシリコンカップのこと。経血をカップが膣内で受け取り、貯めるという仕組みになっている。私は最近、生理用品をナプキンから月経カップに変えてみたので、使ってみて感じたことや自分の体について新たに分かったことをシェアするね。

Have you ever used a menstrual cup? It is a reusable silicone cup worn in the vagina during menstruation that catches menstrual blood inside the vagina. I’ve recently changed the sanitary product I use from pads to menstrual cups, so I’ll share what I felt and what I learned about my body.

私が生理用品をナプキンから月経カップに変えた一番の理由は、ナプキンによるデリケートゾーンのムレ。日本で家族と暮らしていた時は、母が買ってきてくれたナプキンをそのまま使っていたんだけど、半年前からフィンランドで一人暮らしを始めて、今は自分で生理用品を買っている。前から月経カップに対して好奇心はあったけど、今まで膣に入れる商品を使ったことがなく、恐怖心や未知な部分があって、自分の中でナプキンしか生理用品の選択肢になかった。でも最近、性教育ユーチューバーのシオリーヌさんの動画を見てからはタンポン月経カップも選択肢としてありだと感じている。

The main reason why I changed sanitary products from pads to menstrual cups was that pads were not breathable and moisture irritated my skin around the genitals. When I was living with my family in Japan, I used the pads that my mother bought. But I started living alone six months ago in Finland, and I started to buy sanitary products by myself. I was curious about menstrual cups for a long time, but I never considered it as an option because I had never used products that went in my vagina and had some fears as well as a lack of knowledge. However, since watching Youtube videos by the user Shiorine, a sex education expert, I started to see tampons and menstrual cups as an actual option.

ってことで、早速デパートで月経カップと専用の洗浄剤を買って、月経カップをいざ使おうとした。だけど、使い始めは自分の中で色々な課題があって、何度も使うのを諦めてしまいそうになった。まず、最大の問題は膣の中にカップが全く入らないこと。私は今まで膣に何も入れたことがなく、自分の膣の穴の位置すら把握していなかった。自分の体なのに直接膣にあまり触れたことがなかったことに気が付いた。今まで無意識に自分の膣に触れることはいけないことだと思っていたのかもしれない。

So, I bought a menstrual cup and a special cleanser for it at a department store, and tried to use the cup. However, I faced various challenges and I almost gave up using it many times. Firstly, I couldn’t put the cup in my vagina. I had never put anything in the vagina before, and didn’t even know where my vaginal opening is. It made me realize that I’ve never touched my vagina before even though it’s a part of my body. Maybe I subconsciously thought that it wasn’t right to touch my vagina.

なので、まずは自分の膣口の位置を確認するために外性器の説明が書いてあるWEBサイトで勉強してから、実際に自分の人差し指を膣に入れる練習をした。膣の入り口付近は狭いのに、奥まで指を入れたらカップが入る余裕がある空間を発見した。また、以前までは膣道は下からまっすぐに位置していると思っていたけど、実際はお尻側に曲がっていることなど自分の体の新しい発見をすることができた。カップを入れるとき、始めは生理中の膣に指を入れることに抵抗があって何度もやめたくなった。でも、今では自分の体なのに全く知らなかった部分をこの機会に知ることができて良かったと思っている。

So as a first step, I looked at a website to learn about the position of the external genitalia to make sure I knew the location of my vaginal opening. Then, I practiced putting my index finger into my vagina. I made a few new discoveries to my body doing this. I found that although the opening is narrow, there is a space deeper inside where the cup can rest. Also, I used to think that the vaginal canal extended directly upwards, but in fact, it bends towards the buttocks side. When I was inserting the cup the first couple of times, I felt reluctant to put my finger into my vagina while it was bleeding and wanted to quit many times. But now, I’m so glad that it gave me an opportunity to learn more about my body.

次にくじけそうになったのは、月経カップの出し入れの作業。指を入れるのとは異なり、カップを折った状態で奥まで入れて、中でカップを開く作業が必要となる。出すときは子宮のあたりに力を入れて、カップを膣道の下の方にに移動させてから指でカップ内の空気を抜き、膣内でカップを折りたたみながら取り出す。慣れないうちはカップの折り方に苦戦したり、膣の入り口付近でカップを開いてしまい痛い思いをしたり、取り出すときに誤って経血を床にこぼしてしまったりという失敗と、これで本当に合っているのかという不安がつきものだった。

Another difficulty I faced was putting the cup in and taking it out. It is necessary to insert the cup in the folded state and opening it up inside. It is totally different from just putting your finger in your vagina. When taking it out, you need to push and put pressure around your uterus to move the cup to the lower part of the vaginal canal, then release the vacuum in the cup with your fingers, and take the cup out while folding it in the vagina. When I wasn’t used to it, I struggled to fold the cup, and I had some painful experiences from accidentally opening the cup too close to the vaginal opening. I also experienced spilling my blood on the floor, and I got anxious wondering if I was doing things correctly.