in search of the winter sea

冬の海を求めて

空気が澄んでいて、人が少なくて、寒くて皮膚が痛いほどに尖った風が吹く。今わたしが住んでいる混雑したソウルとは違った静かな土地を求めて、泣きながら列車に飛び乗り、知らない土地まで行ってみた。列車を降りてすぐに乗ったタクシーの運転手は、「海を見にここに来た」というわたしにオススメの場所があると言ってアクセルを踏んだ。あまりお客さんに喋りかけないソウルのタクシー運転手と違って、その人は乗車中30分の間ずっと喋りかけて来て、それがまたソウルと離れた土地に来たということを感じさせた。

The air is crisp, there are only a few people, and it is so cold that the wind pierces at my skin. In search of a quiet place far different from hectic Seoul, I jumped on a train crying and headed to a place I didn’t know. The driver of the taxi that I got straight into after getting off the train stepped on the gas to drive me to their recommended spot after I told them, “I came to see the sea.” Unlike the taxi drivers in Seoul who don’t tend to speak to the passengers, this driver talked with me for the entire 30-minute ride. This made me really feel that I came to a place far away from Seoul.

冬の海が好き。海の音と風と匂いを十分に感じられるから。色々な条件が重なってパートナーとの関係がうまくいかず、毎日泣いてばかりだった。冬の海は、複雑だったわたしの心が少し整理されるような感覚を与えてくれる。わたしは自分の心と向き合う時間が必要だったんだと思う。母国から離れた孤独を感じやすい都市の生活の中で、わたしはわたしの心と向き合う暇もなく、誰かを求め、1人でいることを避けようとしてしまうから。

I like the winter sea. Because I can immerse myself in the sound, wind, and scent of the sea. Many thi