the gap between ideals and reality

理想と現実の隔たり

女性学を専攻する大学院の友達たちと集まってお酒を飲んだ時、その席にいたほとんどの人が「うつ」と付き合いながら生きていて、精神科病棟での入院経験がある人も何人かいることを知った。その場ではみんなオープンに話していて、カウンセリングや薬についての情報や、経験談について、笑いながらシェアしてくれた。

When I had drinks with my friends from grad school majoring in women’s studies, I found out that most of the people there were living with depression, and that some even had the experience of being hospitalized at a psychiatric hospital. Everyone was being super open, sharing their experiences and information about counselling and medication.

なんだか不思議な感覚だった。いわゆる社会における「正常性」の枠から外れた人たちが、自身が抱える「うつ」や、過去にあった自殺願望について笑いながら話し、互いに共感しあっている。むしろ、社会が「正常性」と「その枠の外」で区別することの不自然さを実感するような感覚だった。

It was a strange feeling. People who didn’t fall within the category considered “normal” were laughing, talking about their depression and suicidal thoughts they had in the past, and supporting each other. It reminded me of how unnatural it is that society categorizes people as “normal” and “abnormal”.

その時は自分は「うつ」の症状を経験したことがない、と思っていたけれど、そうではないと気づくことには長い時間がかかった。