• mio

sex education shouldn't be taboo!

性教育はタブーじゃない!

最近、ネットサーフィンをしていると「日本の性教育は遅れている」という言葉をよく見かけるようになった。確かに、今自分が知っている性の事をどんな風にして学んだっけ?って考えてみると、ほとんどがネット・本からの情報で、学校では詳しく教えられた記憶はないな、と思った。

I recently started seeing people online expressing that sex education in Japan is very lacking and behind. Thinking back on how I learned about information related to sex, I realized that most of my knowledge on it came from the internet and books and that I don’t remember being taught much about it in school.

Netflixに『セックス・エデュケーション』というオリジナルドラマがある。主人公はオーティスという高校生の男の子。セックスセラピストであるお母さんの影響で、セックス未経験者なのに性についての知識はとても豊富。ある時秘かに憧れていた女の子、メイヴから学校で「セックス相談クリニック」をやらないか、と誘われて…というのがこのドラマの簡単なあらすじ。学校ではあまり目立たないオーティスなのに、そんな彼がいろんな同級生のお悩みを解決していく姿を見ていると、所々クスっとする場面があってすごく楽しい気持ちになるし、性の悩みをかなり赤裸々に描いているけど、作品自体がコミカルに仕上がっているからとても見やすくて、学ぶことがたくさんある作品。でも、このドラマはただ単に思春期のセックスにフォーカスするだけではなくて、親からの圧力や同性愛、中絶といった一歩踏み込んだ内容にもフォーカスしているところも、すごく見どころ。

There is a Netflix original series called Sex Education. The main character is Otis, a high school boy. Because his mother is a sex therapist, he has a lot of knowledge about sex although he has never experienced it. One day, he was invited by his crush Maeve to start a “sex consultation clinic” to give advice to their schoolmates… That’s the premise of the series. It’s a lot of fun to see Otis solve his classmates' problems even though he’s not the most social or popular person at school. It shows problems people have with sex in an unfiltered way, but the series itself is so comedic that makes it easy to watch. There’s a lot to learn from this series. What’s great about this series is that it does not just focus on teenage sex, but also focuses on deeper content such as parental pressure, homosexuality, and abortion.