making choices for the earth and people

人や環境にやさしいモノを選んでいくこと

今月22日は地球の日。この記事では環境だけではなく、労働力の搾取の問題も扱っていくよ。私は今までジェンダーの視点から、いろんなことを考えることが多かった。でもフェミニズムと資本主義のつながりを書いたYurinaの記事で、自分が環境問題に深く関わっていることに気づいてハッとした。私は社会に根づいている性差別をなくしたいと思っている。一方で、自分の心地のいい生活のために何気なくモノを買うことで、労働力の搾取や、二酸化炭素の増加、海洋汚染など環境破壊を引き起こす可能性があることを実感した。それは、身近なところから地球に負担の少ない選択をすることは私たちにもできるってことでもある。今回はファストファッションとどう向き合うか、そしてプラスチックをどう減らすかの2つにフォーカスして話していきたい。

It’s Earth Day on April 22nd. Today, I’m going to talk about not only the environment but also the exploitation of labor. I’ve often thought about things in terms of gender equality. But when I read Yurina’s article on how feminism and capitalism are related, I got a sudden realization that I’m involved in environmental problems. I would like to end sexism rooted in society. However, buying things for my comfortable life can cause the exploitation of labour and environmental destruction like the increase of CO2 emission and marine pollution. That means that we can make a choice in our everyday activities to reduce negative impact on the planet. So, I’m going to talk about how to deal with fast fashion and reduce the use of plastic.

ファストファッションとの向き合い方

私の生活が様々な犠牲の上に成り立っていることを実感したのは、映画