you are what you eat

あなたはあなたが食べたものでできている

This is a saying that nearly everyone in the English-speaking world knows. It has a simple meaning. The things that we put ingest are what our bodies are made of. This saying is often used in terms of thinking of food as good or bad for our bodies. We don't often think about how they may be bad or good for the Earth. Those things don't appear out of thin air - there is a process and an industry that produces the food that we consume. If we consume products that were made using unethical methods, does this in turn make us unethical?

これは、英語圏に住む人であればほとんどみんなが知っていることわざ。意味は、簡単。私たちが食べたものが、私たちの体を作っている。このことわざは、私たちの体にとって良い食べ物か、悪い食べ物かを考える時によく使われる。そして私たちの食べるものが地球にとって良い食べ物なのか、悪い食べ物なのかなんて、あまり考えない。食べ物は、どこからともなく現れるわけではない。そこには、私たちが消費する食べ物を生産するための過程と産業があるのだ。もし私たちが非倫理的な方法によって作られた製品を消費することは、私たち自身も同様に非倫理的だと言えるかな。

As a child, I ate voraciously, shoveling food into my mouth as if someone was going to take it from me. At that age, food was enjoyment rather than sustenance. I didn't consider the ecological process of creating food -- raising and slaughtering animals, growing and harvesting crops. I didn't see myself as part of the circle of life that all living things exist within.

子供の頃、私は「誰かに取られる!」と言わんばかりに食べ物をガツガツと口に運びながら食事をしていた。当時、食べ物は栄養素というよりも楽しみだった。私は動物を育てて屠殺*したり、穀物を育てて収穫したりというような食べ物を作る環境上の過程について、全く考えたことがなかった。私は、自分自身が全生物が存在する生命の輪の一部であるとは思えなかった。

*屠殺(とさつ)=家畜など動物を食肉・皮革などにするため殺すこと。

This month of April is a celebration of the Earth and in the reflection of that, I’ve been thinking a lot about what I eat. While most people think of Earth Day as a time of being environmentally conscious, I consider it to be more about our connection to the Earth. When we are disconnected from it, it's easy for us to live without consideration of not only the Earth, but the other creatures that share it - and that we often eat.

今月4月は、地球を祝う月。地球のことを想い、食べるものについて考えを巡らせてきた。ほとんどの人にとってアースデイは、環境を意識する時間として捉えられているけれど、私はそれよりも、地球と私たちの繋がりについて考える日だと思っている。私たちが地球との繋がりを失えば、地球だけではなく、地球を共有している私たちが普段から食べるような他の生き物たちに対して配慮することなく、簡単に生きれてしまう。

Just before my ninth birthday, I went to the Philippines. There, I witnessed an act that changed my entire relationship with food. It was a live pig slaughter, performed in honour of the death anniversary of a relative, and I was horrified. I saw the pig alive, breathing and moving, then I saw its head in a metal bowl. While the ceremonial way that the pig was slaughtered was different from the way most animals arrive on our plates as meat, I began to consider where the food on my plate came from, and it changed my life.

9歳になる少し前、私はフィリピンを訪れた。そこで、私と食べ物との関係性を完全に変えてしまうものを目の当たりにした。それは、親族の命日を祝って振る舞われた生きた豚の屠殺だったんだけど、本当にゾッとした。豚は生きていて、呼吸をし、動いていたが、次の瞬間には、豚の頭は鉄のボウルの中に収まっていた。豚を屠殺する儀式の方法は、私たちのお皿の上に運ばれてくる方法とは違っていたけど、私はその時からお皿の上にある食べ物がどこからやってきたのかを考え始め、それが私の人生を変えた。

As I grew older and began to research this topic, I discovered the hugely negative environmental contributions of the livestock industry. I used to think that abstaining from eating animals had to do with being aware of the treatment of animals, conserving animal life, and being against factory farming, but recently I’ve seen that it has greater implications. According to an independent study conducted at Columbia university, a meat-free diet has lower methane production, a smaller carbon footprint, and creates less greenhouse gas emissions than a meat-eating diet. It also helps conserve our freshwater supply as the production of meat can use up to four times more liters of water per gram of protein than that of vegetables, and does not contribute to deforestation that comes from large scale crop fields used to grow livestock feed. There is a lot of research done on the environmental effects of eating meat by people much more informed than me, so I urge you to do a quick search of your own, but I’d recommend checking out the documentaries Food Inc. and Eating Animals (the latter is also available as a book).

歳をとって、この話題について調べ始めた時、畜産業は環境にとてつもない負の貢献をしていることに気づいた。以前は、動物を食べることを控えるなら、動物の扱いに気を使い、動物の生命を大切に扱い、そして工場式農業経営に反対しなければならないと思っていたけれど、最近はより重大な意味を見出している。コロンビア大学が行った自主研究によると、肉を食べない食生活は、肉を食べる食生活よりもメタンや二酸化炭素、温室効果ガスの排出量が少ないことがわかった。それに、肉の生産は野菜の生産に比べ、1グラムのたんぱく質あたり4倍以上の水を使わなければならないので、水の供給量を節約することができるし、家畜育成用の巨大な穀物畑を確保するために行われる森林伐採に貢献しない。肉を食べることが環境に与える影響について、私よりもはるかに知識を持っている人々が研究をしているので、ぜひちょっと調べてみてほしいんだけど、『フード・インク』、そして『イーティング・アニマル:アメリカ工場式畜産の難題』(後者は本もある)の2つのドキュメンタリーをおすすめする。

Last year, I decided to stay at a temple for two days in the southern mountains of South Korea during the lunar new year holiday to learn about Buddhism. There, I met Jeong Kwan, a Buddhist nun who was featured on Netflix’s food documentary series Chef’s Table for her vegan Korean temple cuisine. I got to cook alongside her, talk with her, and be fed by her hand, as if she was a grandmother in a kitchen letting me taste as she cooked. She spoke a lot about the energy that we put into creating something when we plant vegetables and how that energy re-enters us upon consumption. As she cooked, I noticed that none of the food she used had any kind of disposable packaging. She grew all of her own vegetables and said that she hated foods that had to be grown in greenhouses when out of season because they had no flavour. I realized that I always bought the same vegetables at the grocery store even in the dead of winter and that most of the food I ate was probably grown in a greenhouse. Maybe I didn’t even know what food really tasted like.

去年、私は仏教を学ぶために、旧正月中に韓国南部の山の中のお寺で2日間過ごした。そこで、私はJeong Kwanという尼*さんにあった。Netflixの食べ物のドキュメンタリー番組、『シェフのテーブル』で彼女の菜食主義の韓国風精進料理が特集されていた。私は彼女の隣で料理をし、お話をしたり、彼女の料理を食べさせてもらった。まるで私の本当のおばあちゃんのように台所で自分が作った料理を私に味見させてくれた。彼女は野菜を育てる時に、何か新しいものを作るために注がれるエネルギーについてや、そのエネルギーがどのように「消費」を通じて、私たちの体内に再び入ってくるのかについて、沢山語ってくれた。彼女が料理していた時、彼女が扱う食品には、使い捨てのパッケージが全くないこといないことに気づいた。彼女はすべての野菜を自分で育てており、匂いが消えてしまうので、旬ではない時期に温室で育てられた食べ物を嫌っていると言っていた。私は寒さに厳しい冬でさえも、いつも同じような野菜をスーパーで買っていて、私が口にするもののほとんどは、温室で育てられていることに気がついた。ひょっとすると、私は食べ物が本当はどんな味がするのかさえ、知らないのかもしれない。

*尼(あま)=出家して仏門に入った女性をさす

I left that experience interested in a vegan diet. As time goes by, my interest in veganism only grows. I’m becoming aware of how easy it is for me to be a vegan – there is a growing number of resources readily available especially in Canada where I live from vegan restaurants to meat alternatives in grocery stores. For people who don’t live in vegan-friendly areas, there are YouTube channels that show how our favourite foods can be adapted for a meat-free diet (check out my personal favourite, Peaceful Cuisine, run by Ryoya Takashima, a Kyoto-based vegan who shares healthy recipes from Japan and beyond). While a vegan diet isn’t always a choice made for environmental reasons, I think it would be the first step in being more considerate of how my own typical consumption affects the Earth from my participation in the livestock industry.

その経験から、私は菜食主義(ヴィーガン)の食生活に興味を持った。時間が経つにつれて、私の菜食主義への興味はただただ膨らんだ。それからだんだんと菜食主義になるのは、どれほど簡単なことなのか気づき始めた。特に、私が住んでいるカナダでは、ヴィーガン向けのレストランから、スーパーに並ぶお肉の代用品まで、すぐに利用できる資源がどんどん増えている。菜食主義者に親切な地域に住んでいない人々は、お気に入りの料理を肉なしでアレンジするYouTubeを参考にすることもできる。私の個人的なお気に入りは、和洋中の健康的なレシピを取り上げている京都に在住の菜食主義者、Ryoya Takashimaの「Peaceful Cuisine」を見てほしい。菜食主義の食生活は、常に環境上の理由で選ばれるわけではなく、畜産業に関わることで、私たちの典型的な消費が、地球にどのような影響を及ぼすかをより深く考えるための初めの第一歩なのだと思う。

Additionally, Jeong Kwan’s philosophy regarding greenhouse-grown food has made me want to grow my own food. I’m writing this now while looking out at a big backyard of open grass, something that I’m lucky to have, and researching which vegetables I can grow in which season. If witnessing the pig slaughter made me aware of my distance from my food, meeting Jeong Kwan made me aware of how I could close that distance. This also has a positive environmental impact, since it reduces the amount of single-use plastics often used for food packaging. But overall, I want to taste the real taste of food that she talked about, food that breathes air like I do and is fed by the rays of the sun.

さらに、温室で育った食べ物についてのJeong Kwanの考えにより、私も自分自身で食べ物を育ててみたくなった。私は今、あってよかったなと思える広い裏庭の草むらを眺めながらこの記事を書いていて、どの野菜をどの季節に育てられるのかを調べている。もし、豚の屠殺を目撃したことによって、私が食べ物との距離に気づいたとするならば、Jeong Kwanとの出会いは、その距離の縮め方に気づかせてくれた。これはは、食べ物を包装するのによく使われる使い捨てのプラスチックパッケージを減らすこともできるので、環境にとって良い効果を与える。私は結局、彼女が話していた食べ物、つまり私が呼吸をするのと同じように息を吸い、太陽の光を浴びて育った食べ物の「本当の味」を味わいたいのだ。

My interest in veganism and growing food in the wake of my stay at a Buddhist temple marked the first time that I wanted to make a change in my food consumption out of a positive experience instead of negative. While I don’t think that I’ll be switching to a fully vegan diet just yet, I’m planning on trying to eat at least one vegan meal a day for the entire month of April and will attempt to begin growing my own food, starting with mandarin oranges. These may be small changes, but I believe that these small contributions will make a positive difference for the Earth and in my own sense of physical and spiritual well-being. While it’s easy to feel helpless that the things that we do as individuals don’t matter in a bigger sense, it’s our connection to others that makes a difference. Maybe my actions don’t matter, but if they impact just one person they could continue a chain of events that makes a real change. I believe that especially in times like these, when it seems that all hope is lost, it’s impossible for us not to make an impact in some way whether it be positively or negatively. As for me, I’d rather be part of the solution, than the problem.

お寺での滞在のをきっかけに生まれた菜食主義や食べ物を育てることに対する興味から、自分の食生活をネガティブなものからポジティブなものに変えたいと思ったのは、生まれて初めてのことだった。完全に菜食主義の食生活に変えるつもりはないけれど、今月4月中は、少なくとも1日1回は菜食料理を食べて、まずはマンダリンオレンジから自分で育ててみようと思う。これらはきっと小さな変化だけど、この小さな行動が地球にとっても、私の身体的・精神的な幸せのためにも、良い変化を生むと信じている。私たち一人ひとりが行っても重要ではなく、頼りないと思えてしまうかもしれないけれど、他者とつながることで変化をもたらすことができる。きっと私の行動は大したことではないけれど、もし私の行動が一人に影響を与えたら、実際にこの変化をもたらす出来事が続くかもしれない。特に、今みたいに多くの希望が失われた時でさえも、良苦も悪くも世の中に影響を与えないというのは不可能だ。私としては、問題の一部になるよりは、解決の一部になりたい。

If you have any tips or vegan recipes or if you’re doing something similar to this for the month of April, I’d love to hear from you! For more information on the temple stay program at Baekyangsa, check out the website. (The program is available in English and Korean).

もし食べ物についてアドバイスや菜食主義者向けのレシピ、またこの今月4月1ヶ月間、地球のために私と似たようなことをするなら、ぜひ教えて欲しい!お寺の滞在プログラムについての詳しい情報は、ウェブサイトを確認してね 。(このプログラムは、英語か韓国語での参加が可能。)

Reference:

FAO: Livestock Policy Brief - "Cattle ranching and deforestation"

WWF - "Unsustainable Cattle Ranching"

Images by Caitlyn

Japanese Translated by Kanaco

Edited by Kiara and Hikari


Follow us on Instagram!

contact:

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black SoundCloud Icon
  • Black YouTube Icon
©Copyright 2020 honeyhands. All Rights Reserved.