• nana

speaking up against social injustice

社会の不正にNOと言い続けること

私たちが社会の不正に抵抗する手段は様々だ。意思表明の機会である投票、デモへの参加、何かのキャンペーンに署名すること、SNSを使って自分のスタンスを発信すること。自分と同じ意見の人の投稿をいいねしたり、リツイートすることも含まれると思う。今回、私は社会の不正にNOと言い続けることの難しさについて感じていることをシェアしたい。

There are many ways that we can fight against injustice in society. Taking voting as an opportunity to show your stance, joining protests, signing petitions, communicating your opinions on social media. I think “liking” someone’s post, or retweeting also counts. In this article, I’d like to share with you about the difficulty of speaking up against social injustice.

私たちの社会にはいろいろな不正や差別、そして格差がある。私自身、幼少期からそういった問題には関心の強い方だった。今は大学院に通っているけれど、大学4年の就職活動では、社会問題の解決に分かりやすく直結し、貢献できるような職業を探していた。

In our society, there are a lot of injustices, discrimination, and class disparities. I’ve been interested in these issues since I was a child. I’m in grad school now, but when I was job hunting in my senior year at university, I was looking for a job that was closely linked to solving societal issues.

しかし、就職活動の結果は私にとって満足のいくものではなかった。そのため、自分と将来のやりたいことを見つめ直す時間を確保するため、私は大学院を受験した。合格が決まってから、私は今日まで主に研究・勉強の日々を過ごしている。大学の学部生の時まで、私はニュースやメディアのSNSをチェックし、その都度ニュースが伝える社会の不正義に「おかしい」と怒りを感じていた。それだけではなく、社会を変えたいとも思っていた。けれど、ふとした拍子で、特に院生時代は社会問題や不正を取りあげた情報に触れることができなくなった。「社会の不正に抵抗する」ことが辛いと感じるようになってしまった。

However, the result that came out of my job hunt was not one I was satisfied with. Because of this, I applied to grad school so that I could get more time to think about what I want to do in the future. Since becoming accepted, my days have been filled with studying and research. When I was an undergrad, I would check the news and other media outlets on social media, and feel anger every time I saw a report on social injustice. My feelings didn’t just stop there, I wanted to change society. But suddenly I became unable to look at articles and posts about societal issues and injustice, especially when I became a grad student. I began to feel that it was too exhausting to resist against social injustice.

それまで私が主に怒りを感じていたのは、性差別やジェンダーに関する問題だった。例えば、医学部の入試性差別や同意のない性行為といった、度々ニュースでも取り上げられている問題。それらを聞いたり、見るだけでも辛くなってしまった院生1年目のとき、SNSでは「性差別」や「性的暴行」を非表示にするため、ミュートワードに登録していた。テレビもほとんど見なくなって、情報を遮断するようになっていった。

What I felt the most anger towards when I did expose myself to those kinds of media, were articles about sexism and gender issues. For example, issues on the news like rape and the discrimination against female applicants to Japanese medical schools. When I was in my first year of grad school when I would just feel distressed hearing about these things, I registered “sexism” and “sexual assault” as mute words on social media so that it wouldn’t show up on my feed. I stopped watching TV, and started to shut off my flow of information.

なぜ辛くなったのだろう?私はその理由を見つけるために、これまでの自分の生活を掘り下げて考えてみた。何日か考えて、関心のあった社会問題、特に性犯罪やハラスメントが大きな原因だと分かった。私が辛くなったのは、そういった社会問題の実際の「痛み」を私の周りの人を通して見たり、自分自身もセクハラを経験してきたからだ。もちろん、それは私だけではなく、他にも多くの人が経験していることだと気づいた。

Why did it become so hard for me to be exposed to these things? To find out, I examined my own life. After thinking about it for a few days, I realized that a big reason why was my interest in social issues, especially sexual assault and harassment. It became hard for me because I would see the pain it causes in people around me, and I myself have also experienced sexual harassment. And of course, this isn’t a unique experience; a lot of people have experienced the same thing as well.

例えば、私が思い返すことができる最初に受けたハラスメントは、高校生のとき。地元にある小さな本屋さんで、私は知らない男の人にあとをつけられた。その人は、死角を利用するように高校生だった私に近づいてきた。また、大学生になり入ったサークル、そしてアルバイトでは女の子たちへのセクハラが酷かった。実際に私も、サークルとアルバイトの両方でセクハラを受けたことがある。それは、私の体型をジャッジするような言葉によるものから、体を触ってきたりなどの身体的なものまで。今でも忘れることができない。

The first instance of sexual harassment that I can remember happened when I was in high school. It was at a small local bookstore, and I got followed around by a man I didn’t know. That man would deliberately stay in spots out of my view to get closer to me. When I entered university and joined a social club and started a part-time job, the sexual harassment against girls was really severe. I experienced it at both my social club and workplace. It ranged from comments about my body to actually touching my body. I still can’t forget about it.

それでも実際にセクハラを受けたとき、不快感や怖