living in the corona era

コロナ時代にどう生きるか

感染症が「終息する」未来よりも、感染症と「共に生きる」未来を想像することの方が現実的な世の中になってしまったように感じる。ウイルスに「勝つ」という状態自体がどのような状態なのかもわからないほど、地球にとっても、人間にとっても、どんな存在にとっても優しくない世の中になってしまったのかもしれない。このような世の中において、私たちはただ受け入れ、ただ待ち、ただ考えずに生きていくしかないのかな。

I feel that it has become more realistic to imagine a future coexisting with the pandemic rather than the post-pandemic. It may have become a harsh reality for the Earth and humans where we don’t even know what it looks like to “win” against the virus. Maybe our only choice is to accept it, wait, and live trying to keep it off our minds.

私は韓国に在住していて、2月末から毎日のトップニュースとして報道される新型コロナウイルスに関する情報や、日に日に増えていく感染者の数に、得体の知れない恐怖と大きなストレスを感じる。一つ一つの接触や行動に敏感になり、外では緊張がほどけない。

I’m living in Korea right now, and I have been under tremendous stress and fear since late February listening to the daily news about the novel coronavirus and the increasing number of cases. I watch every interaction and move I make, and I can’t help but feel nervous when I’m out.