• nana

thoughts on lookism from a pop idol fan

アイドルを好きな私とルッキズム

高校生のときから、アイドルが好きだった。今は、もっぱら韓国アイドルに夢中で、彼ら彼女たちのキラキラとした姿を見ていると、とても幸せな気分になる。しかし、最近になって、アイドルを応援するときにモヤモヤとした違和感を抱くようになった。

I’ve loved pop stars since I was in high school. I’m super into K-pop idols right now, and it gives me so much happiness to see them shining bright. However, recently I’ve started to feel discomfort when I support them.

その違和感は、ルッキズムだ。「ルッキズム」とは、「外見によって人を評価・判断・差別する」*こと。つまり、外見上で「美しい」ものは「良し」とし、反対に「美しくない」とされれば「悪い」と考えて差別を行うことだ。私は、ルッキズムはなくなるべきものだと思う。けれど、大好きなアイドルを応援するときにルッキズムを強く感じる。それと同時に、アイドルを好きでいる自分自身にも違和感があった。

That discomfort comes from lookism. Lookism is when one values, judges, or discriminates a person based on their looks. In other words, it is when what is considered “beautiful” is seen as “good”, and conversely what is considered “not beautiful” is seen as “bad”. I think that there should be a stop to lookism. But I feel its existence very strongly when I support the pop idols that I love. At the same time, it felt wrong that I still liked pop idols at all.

去年の秋、私は、あるアイドル番組にハマった。その番組は、韓国発のオーディション番組で、K-POP好きなら必ず知っているようなとても有名な番組だった。オーディションに参加する人は、「練習生」と呼ばれ、番組は約3ヶ月間放送された。私は、番組について情報を集めるため、専用のTwitterアカウントを作った。あえて専用のアカウントを作ったことで、番組や練習生に関係する情報が入ってきやすかったし、番組を観ているときの感想だったり、自分と同じ練習生を応援している人と「ここが良かった!」とか「好き」を共有して、より番組を楽しむことができた。

Last fall, I got really into a show where people audition to become pop idols. It’s a famous Korean show that everybody who likes K-pop would know. The people who were auditioning were called trainees, and the show was broadcasted for around three months. I made a Twitter account dedicated to the show which I would use to gather information to do with the show and the trainees, and share my comments on the show as I was watching