in between masculinity and femininity

男女ってはっきりと分けられるもの?

大学生になってフェミニズムを学ぶようになってから、自分のセクシュアリティだけではなくジェンダーや性表現についても向き合うようになった。自分はどのくらい「女性らしい」のか、そもそもこの男女っていうふたつの枠は何なのだろうって。みんなはそういうふうに考えることはある?

Since I started to learn about feminism at university, I’ve been thinking about not only my sexuality but my gender identity and gender expression. I wonder how feminine I am, and what this gender binary is in the first place. Have you thought about these before?

今回は、男女の枠が根づいている社会で、自分のジェンダーを表現するときに感じる葛藤をシェアしたい。ちなみに、自分がどう自分の性を自認するかをジェンダー(もしくは性自認)と呼び、服装や言葉づかい、仕草などを用いて自分の性を表現することを性表現(もしくはジェンダーエクスプレッション)と呼ぶよ。私は、自分のことを女性だと感じながらも、「女性らしい」ことを求められたり、自分が女性だと意識されられることがあまり好きじゃない。性自認は流動的にもなりうるから、私の中で今後変わる可能性があるけど、私は今のところノンバイナリー*に近い女性って感じかな。それも含めて読んでみてね。

* ノンバイナリ― = 男性、女性という二元論(ジェンダーバイナリー)に当てはまらない、またはその分類を越えた人々

Today, I’m going to talk about my struggles to express myself in a society where gender binary is the norm. Gender identity is how you see yourself and what you call yourself, and gender expression is how you outwardly show your gender identity by clothing, language (including body language), and behaviour. Although I see myself as a woman, I don’t like to be expected to be feminine, and to be made to feel that I’m a woman. Gender identity can be fluid, so my gender identity might change in the future. Currently, I think that I’m a woman close to non-binary -- a person who does not define oneself by a gender, male or female.

社会にある様々なものは、男と女に分けられているように感じる。このような二分化された構造に私が違和感を持ち始めたのは、ジェンダーやフェミニズムに出会ったことや英語を通して情報を得ることが増えたことが影響していると思う。以前、『どうやってフェミニズムに出会ったか』の記事を書かせてもらったときに少し触れたけれど、私はそれまで色々なものが男女で分かれていることに対してあまり違和感を抱いていなかった。

I feel a lot of things are placed into male or female categories in society -- a gender binary. I started to question this binary since I’ve learned about gender and feminism issues, and got access to more information in English. As I mentioned this before in the article “How I learned about feminism”, I didn’t feel weird about why things were categorised until taking women’s studies class.