• yuri

focusing on my own body

比較から自分軸への変化

人目に触れることが増えるほど容姿を否定されることも増えて、近頃「またダイエットを頑張るべきか」という考えが頭をよぎるけど、容姿を気に入って集まってくる人は私が年老いたらきっと離れていくし、私が大切にすべき人は私の容姿なんかに関心のない人だと踏みとどまっている。もう無理はしないぞ

助産師で、性教育ユーチューバーのシオリーヌさんのツイートが目にとまった。

The more I’m exposed to others, the more I deny my appearance, and the idea of ‘Should I go on a diet again?’ passes my mind these days. But the people who choose to be around me because of my appearance will not stay for long and leave me when I get old. The people who I should love are those who don’t care about my appearance. I will work to not be so hard on myself.

This post on twitter made by a midwife and sex education YouTuber Shiorine caught my eyes.

今までの私は何のためにダイエットしていたのだろう?それは私のためになっていたのかな?私にとって良い影響をもたらしただろうか?ふと考えた。今までは、人の目を気にしたり、人と比較して自分が劣っていると思ったりして、「痩せなきゃ」と思いダイエットをしていた。私は、シオリーヌさんのツイートを見たときに『人目に触れるからダイエットをする』という言葉が引っかかり、『もう無理はしないぞ』という言葉に共感した。それから自分のダイエットに対する考え方や、ボディイメージが変化していることに気づいた。今日はその変化や、今改めて感じていることをシェアしたいと思う!