• nana

developing new feelings about my family

家族への新しい感情の芽生え

最近の私は、「家族」という存在についてよく考える。私の23年間の人生の大半では、「家族=大切な存在、信頼できる人たち」だった。私はいわゆる、「家族大好き人間」だったと思う。けれど最近になって、家族に対する新しい感情が芽生えた。今回は、そんな家族に対する考え方の変化をシェアしたいと思う。

Lately, I've been thinking a lot about "family". For most of my 23 years of life, my family has been important and reliable to me. I think I was what I would call a family person. However, recently I have developed new feelings about my family. In this article, I would like to share with you the changes in my attitude towards my family.

私たち家族は今、バラバラの場所で暮らしている。兄は去年結婚し新しい家族と生活していて、学生の私は一人暮らし。父も単身赴任中なので、母と一緒には暮らしていない。こうして離れて暮らしていても、私たちは比較的仲が良い方だと思う。例えば、年に数回はそろって食事をするし、年末やお盆みたいな「家族で過ごす行事」には、ほぼ毎年集まっている。それでも今の私にとって、家族と一緒に過ごす時間は息苦しさを覚えることがあるし、これからもずっと続く人間関係なのだと思うと、時々気が重くなる。

Our family is now living separately. My brother got married last year and is living with his new family, and I'm a student away from home. My father lives away from home for work, so he doesn't live with my mother. Even though we live apart, I think we're still relatively close to each other. For example, we eat together a few times a year, and we get together for "family events" like New Years and Obon (a Japanese Buddhist custom to honor the spirits of one's ancestors in August), almost every year. Yet I sometimes feel a sense of suffocation when I spend time with my family now, and sometimes I have a heavy heart because this is a relationship that could potentially last forever.

私が特に家族に対して強い信頼感を抱いていたのは、大学の4年間だったと思う。私が一人暮らしを始めたことによって、単純に一人の時間が増え、悩み事が増えた時期だった。私は何か困難にぶつかった