between best friends and lovers

親友と恋人の間

好きだった人との別れを繰り返すたび、その苦しさから、「もう誰にも期待なんかしない」「軽くて楽しい関係を追求できたら...」なんて考える。かつて誰よりも近い関係だった人と、連絡をとる手段さえも失い、他人以下の関係になってしまってからは、なんであの時付き合ってしまったんだろう、友達でいればよかったって後悔した。

Every time I go through a breakup, I think to myself “I’m never going to expect anything from anyone ever again,” and “I wish I could have a fun casual relationship.” After losing all forms of contact and becoming maybe even further than a stranger with the person I was closest to, I regretted going into a relationship with them in the first place. I wished we never pursued the relationship and remained friends.

そんなタイミングで、私が求める形と似たような関係を求める人と出会った。「セフレ」と言えば、一般的には体だけの関係を想像するかもしれない。でも、その人と私が維持している関係は、お互いが必要な時にだけ会うような割り切った関係とは少し違う。誰よりも仲のいい親友であり、恋人のように接しながらも、好きになってはいけない、そんな関係。関係には、様々な形があってもいいと思うんだ。

And while I was feeling like that, I met someone who was looking for something similar to what I was looking for. Hearing the term “friends with benefits”, you might imagine a purely physical relationship. But we don’t have a relationship where we only see each other when we need to. They are the closest friend I have, and while we act like lovers, we can’t fall for each other.

共通の友人たちは、いつも「早く付き合っちゃいなよ」とか「2人は本当にお似合いだね」っていうけれど、その度に私たちは笑って「今の関係で十分だね」っていう。その人と私は、出会った日から意気投合した。初めは週末にだけ会っていたけれど、性格が合うこともあり、すぐに自然と一緒に住むようになった。

Our mutual friends tell us, “Why don’t you just date already,” or “You two look really great together.” But every time they do, we laugh and say that what we have is enough. That person and I have hit it off since the day we met. In the beginning, we only met during the weekend, but we got along so well that we naturally started to live together.

私たちは働く時間以外、ほとんどの時間を共にする。毎日一緒にどちらかが作った夕食を食べ、1日の出来事を共有する。休日には一緒にドライブに出かけたり、ジムに行って運動をしたり、大きなス―パーに行って1週間分の食料を買ったり、疲れている時には1日中眠ったりする。体の関係もある。そして、互いの友人も紹介し合うし、共通の同性カップル何組かとダブルデートをすることもある。一緒に旅行へ行ったときには、その人が突然お揃いのペアリングをプレゼントしてくれた。私たちがしていることは、「恋人」と変わらない。

We spend most of our time off work together. Every day, we eat dinner that one of us made, and talk about how our days went. On weekends, we go for a drive, go to the gym, or a supermarket to buy a week’s worth of groceries, and on days where we are tired we nap for the entire day. We have a physical relationship too. We introduce each other to our friends, and sometimes we go on double dates with other same-sex couples. When we travelled together, they suddenly gifted me a ring that came in a pair so we could get matching couple rings. What we do isn’t different from what “lovers” do.

私にとって、その人との関係は心地いい。近い関係でありながらも、絶対に互いに干渉しないことは暗黙のルールとして存在する。また、その人とはお互いに尊重しあう姿勢を忘れないようにできるから、これまで一緒に住んでいても問題が生じることはなかったし、喧嘩をすることもなかった。付き合う上で生じる何らかの責任やルールを持つ必要がない上に、誰かと親密な関係を築くことができるのが嬉しかった。

To me, the relationship we have is comfortable. We are close, and yet don’t have expectations for each other. At the same time, we respect each other so there weren’t any issues or fights when living together. I enjoyed the fact that I could have a close relationship with someone without any responsibilities or rules.

私たちは本当に波長が合う。この数カ月間、毎日一緒にいるけれど、面白かった共通の記憶を思い出してはケラケラ笑いあう。また、食べたいものがよく一致したり、同じ曲を同時に歌ったりして、不思議だなと思う。私にとって、この関係がどのような関係なのかは重要ではなかった。ただ、長く一緒にいれたらそれでよかった。

We are always on the same wavelength. The past few months, I’ve been with them every single day. We reminisce about shared memories and laugh together. What we feel like eating always matches, and sometimes we start singing the same song at the same time. It’s intriguing. To me, it wasn’t important what this relationship was. Just spending quality time with them was enough.

でも、ある日をきっかけに、この関係が私にとって完全で完璧なものではないことに気づいた。大人数で一緒にお酒を飲んでいたとき、その人が他の人と堂々とスキンシップをとるところを見て、私は正直戸惑いを隠しきれなかった。周りにいた友人たちは私を心配してくれて、それがさらに私の悲しみを増加させた。なぜなら、自分では「こういうこともある」とわかっていたのに、私たちが付き合っていないと知っている周りの友人たちが心配してくれるくらい、周りはすでに私の気持ちを知っていることに気づいたから。その時に私がその人に対して抱いた感情は、裏切りのようなものだった。私は、クールな関係を追及するフリをしながらも、どこかで相手に期待をしてしまっていたのかもしれない。

But one day, I realized that this relationship wasn’t perfect for me. When we were drinking with a big group, I saw them unashamedly being touchy with someone and I couldn’t hide how upset and confused I was. My friends around me worried about me, and that made my sadness even worse. It was because although I knew that this could happen, I realized that my friends who knew we weren’t dating already were aware of my feelings towards this person. The feeling I felt towards them was like betrayal. Although I was acting like I was looking for a casual, no strings attached kind of relationship, maybe deep down I had some expectations for them.

その時をきっかけに、私はその人のことが好きだということに気づいた。私はその人のことを人として魅力的だと思うし、尊敬もしている。その人も私のことを大切に思ってくれていることは、その人の行動や言葉の1つ1つから伝わる。よく相手の顔色を伺ってしまう私に対して、「自分のことを1番に考えて」「ちゃんと表現して」と、いつも真剣に伝えてくれる。

This day made me realize that I liked them. I think they are an amazing person, and I look up to them. I can really feel that they think of me fondly and care about me from their actions and words. Knowing that I am someone who is careful about what I say and worries about how it will be taken, they always tell me “Put yourself first,” and “Could you be clearer?”

その人は、私の気持ちにはっきりと気づいている。でも、これ以上の欲を抱いてはいけない。なぜなら、これ以上の関係を求めたら、私はその人と一緒にいられなくなることを知っているから。その人は、これ以上の関係を誰に対しても望んでいない。その人は今、誰かと付き合ったり、誰かを無条件に愛したりしないことを、私はよく知っている。最初はお互いにフェアな関係を築こうと努力していたけれど、今はそれが崩れてしまったことを感じている。こうなってしまうと、もしかすると「不健康な」関係なのかもしれない。

That person knows about my feelings. But I can’t want more. Because I know that if I want more, I won’t be able to be with them anymore. That person doesn’t want this kind of relationship with anybody. I’m well aware of how they wouldn’t date or love someone unconditionally. In the beginning, we were working towards a fair, equal relationship but I feel that that has broken down now. Maybe in this state, it’s an “unhealthy” relationship.

私にとって、完全に割り切った関係を築くことは難しい。私のある友人は、私の気持ちを知りながらも、このような関係を維持するその人に対して、「ずるい」と言っていた。確かにそう思うことはあるけれど、自分の気持ちや要求をただストレートに伝えることしかできなかったこれまでの私とは、違った姿でありたいと思う。今回ばかりは、相手に私の気持ちを強要したくはない。

It’s difficult for me to have a “no strings attached” kind of relationship. One of my friends said that that person was being unfair by continuing the relationship we have while being aware of my feelings. I think that sometimes too, but as a person who was only able to share my feelings and needs in an unprocessed, raw way, I hope to change. This time around, I don’t want to push my feelings and expectations on them.

私たちはよく「50歳になっても仲良しでいよう」って言う。それが可能なのかは分からないけれど、どんな関係であれ、長く長く関係を築いていくためには、お互いに負担を与えず、思いやることが必要だと思う。そして、今の私は、誰かの存在によって1人期待したり、傷つくようなことはしたくないと思う。自分のことを1番に愛し、大切に思うことは忘れたくない。

We often say, “Let’s stay friends, even when we’re 50.” I don’t know if that’s possible, but I think that in order to sustain friendship long term, I think it’s important to not put pressure on each other and to be compassionate. I don’t want to be the one with false hope, or be hurt or hurt anyone.

ある日突然、私の日常生活に溶け込んできたその人。不思議な感覚だった。私たちは何かをきっかけに、いつかは自然と遠ざかってしまうかもしれない。だけど、20代後半の私の日常に、新しい刺激と安心感をくれたその人のことを、覚えていたいと思う。

They suddenly melted into my everyday life. It was a peculiar feeling. Maybe one day, we will fade from each other’s lives. But I want to remember them -- the person who gave me excitement and comfort in my late 20s.

Images by Yurina

English Translated by Kiara

Edited by Kiara and Hikari

contact:

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black SoundCloud Icon
  • Black YouTube Icon
©Copyright 2020 honeyhands. All Rights Reserved.