between best friends and lovers

親友と恋人の間

好きだった人との別れを繰り返すたび、その苦しさから、「もう誰にも期待なんかしない」「軽くて楽しい関係を追求できたら...」なんて考える。かつて誰よりも近い関係だった人と、連絡をとる手段さえも失い、他人以下の関係になってしまってからは、なんであの時付き合ってしまったんだろう、友達でいればよかったって後悔した。

Every time I go through a breakup, I think to myself “I’m never going to expect anything from anyone ever again,” and “I wish I could have a fun casual relationship.” After losing all forms of contact and becoming maybe even further than a stranger with the person I was closest to, I regretted going into a relationship with them in the first place. I wished we never pursued the relationship and remained friends.

そんなタイミングで、私が求める形と似たような関係を求める人と出会った。「セフレ」と言えば、一般的には体だけの関係を想像するかもしれない。でも、その人と私が維持している関係は、お互いが必要な時にだけ会うような割り切った関係とは少し違う。誰よりも仲のいい親友であり、恋人のように接しながらも、好きになってはいけない、そんな関係。関係には、様々な形があってもいいと思うんだ。

And while I was feeling like that, I met someone who was looking for something similar to what I was looking for. Hearing the term “friends with benefits”, you might imagine a purely physical relationship. But we don’t have a relationship where we only see each other when we need to. They are the closest friend I have, and while we act like lovers, we can’t fall for each other.

共通の友人たちは、いつも「早く付き合っちゃいなよ」とか「2人は本当にお似合いだね」っていうけれど、その度に私たちは笑って「今の関係で十分だね」っていう。その人と私は、出会った日から意気投合した。初めは週末にだけ会ってい