in reflection of pride parades

プライド・パレードを振り返って

The month of June is known to many as Pride Month – a time for LGBTQ+ people to celebrate and embrace their sexual and gender identities. As time goes by, many people around the world have become increasingly outspoken about being part of the LGBTQ+ community, but even so, these gender identities and sexualities that stray from a perceived normal are treated with a stigma of being ‘wrong’ or ‘unnatural.’ For some people, this stigma can lead to violence and for others it can be insidious, making them associate their own identity with a sense of shame. This is why Pride Month is important for LGBTQ+ people around the world.

よく知られている通り、6月はプライド・マンス。これはLGBTQ+の人たちが自分たちのセクシュアリティ(性的指向)やジェンダー・アイデンティティ(性自認)といったアイデンティティを祝い、受け入れる期間。時が経つにつれて、世界中でますます多くの人がLGBTQ+のコミュニティの一員であることを、公言するようになった。だけど、それでも「普通のこと」だと認識されることから外れてきたこういった性的指向や性自認は、「間違っている」あるいは「不自然である」というスティグマ*として扱われてる。ある人にとっては、このスティグマが暴力につながってしまうこともあるし、または自分のアイデンティティに対して羞恥心を呼び起こされてしまうこともある。だからこそ、プライド・マンスは世界中のLGBTQ+の人たちにとって重要なのだ。

* スティグマ = (社会的)スティグマとは、一般と異なるとされる事から差別や偏見の対象として使われる属性、及びにそれに伴う負のイメージの事を指す。社会的スティグマは特定の文化、人種、ジェンダー、知能、健康、障害、社会階級、また生活様式などと関連する事が多い。

During this month as many Pride festivities around the world have been cancelled because of the current pandemic, I’ve been reflecting on the differing experiences that I’ve had while attending Pride celebrations in the past. These have varied greatly as I have celebrated Pride in two different countries – Canada, where I was born and raised, and South Korea, where I lived for two and a half years. It was interesting to see that despite these celebrations being in honour of Pride, they were extremely different in the way that they were celebrated and it made me reflect on how these celebrations tie into the relative acceptance of the LGBTQ+ community in these societies.

今月はパンデミックの影響で世界各地でプライド関連のフェスティバルやパレードが中止になる中、私は過去にプライド・フェスティバルに参加した時の様々な経験を思い起こした。私は、自分が生まれ育ったカナダと、2年半住んでいた韓国、2つの国でプライド*を祝ったけれど、その様子は大きく異なっていた。 これらのお祝いは、プライドに敬意を払うものなのにもかかわらず、2つの国でお祝いの仕方が全く違っていて、プライド・フェスティバルがそれぞれの社会におけるLGBTQ+コミュニティがどう受け入れられ、どのように結びついているのかを考えさせられたのは、興味深かった。

* プライド = プライド・パレードは、LGBTの「プライド」を示すパレード。「プライド」は「誇り」であり、自らを恥じない、堂々と自信を持っているという意味。胸を張って生きていこうとする心意気が「プライド」。

I went to my first Pride parade in Toronto with my older sister sometime when I was in university. Pride Toronto is one of the biggest Pride festivals in the world and over a million people attend the festival every year. The parade consists mostly of platforms called floats which are pulled by trucks along the long parade route. These platforms are often decorated with bright rainbow colours and have people riding on them while dancing and throwing small trinkets like plastic bead necklaces to the people in the crowds. There was upbeat energy in the air as the floats rolled by and the crowd was energized as we cheered wildly, but watching in the hot sun while pressed up against strangers got a little repetitive.

大学生の時、姉と一緒にトロントで初めてプライド・パレードに行った。 トロントのプライド・パレードは、世界最大級のプライド・フェスティバルで、毎年100万人以上の人が参加している。このパレードのほとんどは、長いルートに沿ってトラックで引っ張られるフロート(台車)と呼ばれる台で構成されていて、キラキラした虹色で飾りつけられ、上で踊ってる人がいたり、プライド・パレードに来ている人たちにビーズネックレスのような小さなアクセサリーを投げて配っている人もいた。フロートが通り過ぎると陽気なエネルギーが充満して、大歓声に包まれていたけど、 炎天下の中で他人に押し付けられながら見ていると、同じことを繰り返しているように思える時もあった。

Some of these floats were sponsored by corporations, student groups, politicians, or businesses that hand out flags or similar items that show the rainbow flag along with some kind of official branding. While it was nice to see a student group from my university handing out their own rainbow flags, there were also politicians and multi-million dollar corporations handing things out. I had never heard of these politicians actively advocating for LGBTQ+ rights and had never heard of any initiatives that the corporations were involved in to support LGBTQ+ people any other month of the year. It felt too commercial, like they were exploiting the parade in order to advertise themselves. The rest of the parade was made up of smaller groups who walked the route with banners or flags showing the group or association that they represented. It included smaller businesses, social groups, and more. People from all walks of life were present in the parade and the audience from young children to the elderly. There were also various kink and fetish groups walking in the parade. I saw many people dressed in fetishistic outfits that occasionally bordered on nudity, both in the parade and in the audience. These included full leather kink gear, animal masks, whips, leashes, chains, and more. This struck me as alarming considering there were very young children present, but no one else around me seemed to notice it. Instead, it was something that was accepted as normal.

いくつかのフロートは、自治体や学生団体、政治家、企業がスポンサーとなって、正式なブランド戦略の一環として、レインボーフラッグやレインボーのグッズを配っていた。私の大学の学生団体が、自分たちで作ったレインボーフラッグを配っているのを見た時はいいね!って思ったけれど、政治家や、数百万ドルを稼ぐ民間企業もレインボーフラッグを配っていた。私はこれまで政治家たちが活発にLGBTQ+の権利を主張するのも、参加していた企業たちがプライド・マンス以外にLGBTQ+の人たちを支援する取り組みも聞いたことがなかった。 それはあまりに商業的で、自分たちの宣伝のためにプライド・パレードを搾取しているように思えた。パレードの残りは、代表する団体や協会の横断幕や旗を携えて歩く小さいグループの人たちだった。そこには小規模のビジネス団体や、社会団体などが含まれていて、あらゆる業界の人がパレードに参加し、小さい子供からお年寄りまで集まっていた。パレードの中には、様々なBDSMやキンクなグループの人たちも歩いていた。パレードでも観客席でも、時折裸に近いSMコスチュームに身を包んでいる人たちも多く見かけた。その中には、レザーのキンク・コスチューム、動物のマスク、ムチ、首輪、鎖など。幼い子供たちが参加していたことを考えると不安な気持ちになったけれど、私の周りは誰も気に留めていないようだった。むしろ、普通のこととして受け入れられていた。

While I could understand how people would have fun at a parade such as this one, I did not really enjoy it myself. Pride parades take place around June in order to commemorate the 1969 Stonewall riots in New York City, which were protests against the raids perpetrated against LGBTQ+ friendly establishments. These riots are often considered to be one of the most important moments in the history of the gay liberation movement. I personally find that the excessive spectacle of the parade distracts from its roots as an honouring of the protests that were held.

このパレードの時のように、人々がどのようにパレードを楽しむのかを理解することはできたけれど、私自身が心から楽しむことはなかった。プライド・パレードは、1969年6月にニューヨークで起きた「ストーンウォールの反乱*」を追悼するために、毎年6月頃に世界中で開催されている。この暴動は、ゲイ解放運動*の歴史において最も重要な瞬間の一つだと考えられている。個人的には、パレードの行き過ぎた演出のせいで、かつての抗議活動への敬意を表すものとして、パレードそのものの起源から遠ざかってしまうように感じてる。

* ストーンウォールの反乱 = 1969年6月28日、ニューヨーク市警(NYPD)の警官がニューヨークのゲイバー「ストーンウォール・イン」に踏み込み捜査に現れ、異性の服装をしていた客や身分証明書を所持していなかった客、従業員などが逮捕された。性的マイノリティが初めて警察に反乱・抗議を行い、ゲイ解放運動のきっかけとなった。

* ゲイ解放運動 = 1960年代から1970年代中盤にかけて北アメリカや西ヨーロッパ、オーストラリアやニュージーランド、日本などのLGBT+の間で起こった運動で、一般社会における同性愛に対する恥辱観への反発を行なっていた。カミングアウトやプライドパレードは、現代のLGBT+の社会運動においても重要な位置づけとしてあり続け、現在のレズビアンやゲイコミュニティの可視化や成長にも影響を与えている

Further, at the parade, the average person won’t ever be a participant, but only an onlooker. The sidewalks are barricaded so that the parade can safely pass by and the crowds stand behind the barricades or on the roofs and terraces of nearby buildings to watch it go by. At the time, I thought that this was just how Pride parades were and so I accepted my role as a watcher. In a sense, I felt left out, but I thought that it was normal to not be included unless I was part of one of those groups or corporations. While I was glad to have the experience to go to a Pride parade that was not confronted by any acts of hatred like ones I had read reports and seen pictures of in Canada and in other countries, I don’t think I’ll go again in Toronto.

さらにパレードでは、普通の人は決して参加者ではなく、ただの傍観者。パレードが安全に通過できるように歩道にはバリケードが立てられていて、人々はバリケードの後ろに立ったり、近くの建物の屋根やテラスからパレードが通過するのを見る。 当時の私は、プライド・パレードはこういうものだと思っていたから、「見る側」としての自分の役割を受け入れていた。ある意味、私は蚊帳の外のように感じていたけど、参加していた団体や企業の一員でない限り、パレードに加われないのが当たり前だと思ってた。私がこれまでニュースや写真で見てきたようなカナダや他の国で起こったLGBTQ+に対しての憎悪行為に遭うことなく、プライド・パレードに行く経験ができたのは嬉しかったけれど、トロントではもう二度と行かないと思う。

Last summer, I attended the Seoul Queer Culture Festival. As soon as I arrived at the closest metro station, I knew that my experience would be very different than the one I had in Toronto. Just like in Toronto, I saw thousands of people of all ages walking through the streets of Seoul. However, the signs that they held did not have messages of support written on them.

去年の夏、私は韓国のソウル・クィア・カルチャー・フェスティバルに参加した。私がフェスティバルの最寄りの地下鉄駅に着いた瞬間、トロントで経験したこととは全く違う経験をすると私は感じた。トロントと同じように、数千人の老若男女がソウルの通りを歩いていたけれど、彼らが持っていたサインには、LGBTQ+を支援するメッセージが書かれていなかった。

They were not the horrific, crude messages I had seen at anti-LGBTQ+ protests online which used hateful words. The majority of these were simpler, talking about ‘real love’ and ‘families.’ I remember seeing one sign that read, ‘Your parents love you. Please go home.’ I was shocked at the approach that they took with the signs – using guilt and shame to make people feel bad about abandoning ‘traditional family values.’ Of course, there was hatred too. A big truck holding a large group of protestors holding signs in English and Korean had a huge banner that read, ‘Homosexuality is sin! Return to Jesus!’ draped over the top.

彼らが掲げていたサインは、私がネット上で見た反LGBTQ+運動で使われていた嫌悪感に溢れる恐ろしく残忍なメッセージではなかった。メッセージの大多数はシンプルで「真実の愛」や「家族」について語るものだった。「あなたの親はあなたを愛しています。お願い、家に帰って。」と書かれていたサインを覚えてる。私はそのやり方に衝撃を受けた。彼らは、LGBTQ+の人たちに、罪悪感と羞恥心を利用して「伝統的な家族の価値観」を捨てることを悪いと感じさせようとしていたのだ。もちろん、嫌悪的なサインもあった。 反LGBTQ+のデモ隊を乗せた大きなトラックには、英語と韓国語で「同性愛は罪だ!イエスのもとに帰れ!」と書かれた大きな横断幕が掲げられていた。

*イエスに帰れ! = キリスト教は韓国最大の宗教で、総人口の20%は、キリスト教徒。

I eventually made my way past the protestors to the festival grounds, which consisted of around thirty small stands placed around a grassy area and a stage, from which loud music played. I browsed around for a while then sat on the grass and listened to the music playing. It was almost loud enough to drown out the protestors. Soon, people started shuffling toward the exit of the festival for the parade to begin.

私はその抗議者たちの前を通り過ぎ、フェスティバル会場へ向かった。ステージを囲むように30台ほどの小さなブースが芝生の上に並び、そこからは大音量で音楽が流れていた。 私はしばらくの間、周囲を見て回った後、芝生の上に座って音楽を聴いてた。流れていた音楽は、 反LGBTQ+のデモ隊の声をかき消すほどの音量。すぐに人々はパレードの開始に向けて、フェスティバル会場の出口に向かい始めた。

However, this parade was radically different from the parade at Pride Toronto. In Toronto, I had watched the parade -- in Seoul, I was part of the parade. I felt revitalized, so much so that I could almost feel my body buzzing with excitement, which was very different from the disheartening feeling I had in Toronto.

このパレードは、トロントで経験したプライド・パレードとは根本的に違っていた。私は、トロントではパレードを「見る側」だったけど、ソウルでは「参加する側」としてパレードの一部になれたのだ。興奮して体がポカポカしているのが感じられるほどエネルギーが湧いてきて、トロントで失望した経験とは全く違っていた。

The floats at this parade were simply decorated platforms made of wood that sat on the flatbeds of trucks. The floats would leave at staggered intervals, leading groups of a few thousand people through the parade route. The route itself was barricaded like in Toronto, but the crowds outside these barricades spewed hatred instead of love and support. To drown out their chants, we sang along to popular songs by female idol groups that were played loudly from the floats. Small groups of five or six people stood atop the floats and danced along to the familiar choreography as the floats drove slowly and we danced along as best as we could as we walked.

パレードのフロートは、トラックの平台の上に座る木で作られた台と、簡単に飾り付けられているだけだった。フロートは数分間隔で出発し、数千人のグループを率いてパレードのルートを進んでいった。パレードのルートは、トロントのようにバリケードで囲まれていたけれど、バリケードの向こう側にいた人たちは、愛や応援の言葉ではなく嫌悪の言葉を私たちに投げかけていた。彼らの言葉をかき消すために、私たちはフロートから大音量で流れる女性アイドルグループの有名な歌に合わせて歌った。5~6人の小さなグループがフロートの上に立ち、フロートがゆっくり進む時には、慣れ親しんだ振り付けに合わせて踊り、私たちはできるだけダンスを踊りながら、前に進んでいった。

Being confronted with hatred firsthand made me recognize how important support is during a time like Pride. There were Buddhist monks and nuns who walked alongside us, as well as an old woman who carried a sign that read, “God loves us.” Passers-by going about their days stared at us as we walked by but sometimes, they’d cheer and wave us on. When we were waiting by the festival entry area to re-enter the grounds, the homophobic chants were louder than ever, but we did not let them bring down our mood and continued to sing and dance. I was incredibly touched by this experience and found myself moved to tears by the feeling of solidarity between us as we marched despite the hatred.

私は、LGBTQ+に対しての嫌悪活動を自ら目の当たりにしたことにより、プライド・マンスのようにLGBTQ+を支援することがいかに大切なのかに気づいた。お坊さんや修道女、「神は私たちを愛している」というサインを掲げているおばあさんが私たちの真横を一緒に歩いていた。道行く人たちは私たちのことをじっと見ていたけど、時には声援を送ってくれたり、手を振ってくれたりする人たちもいた。LGBTQ+に対する嫌悪の声は、私たちがフェスティバルの会場に戻ってきて再入場するのに入口で待っている時も大きくなっていたけれど、私たちはそれに負けずに歌い踊り続けた。私はこの経験にとても感動し、嫌悪の存在にもかかわらず行進を続けた私たちの連帯感に心動かされ、涙した。

Attending the Seoul Queer Culture Festival made me realize the privilege I had in being raised in a city like Toronto, which has a reputation for being generally liberal and accepting, where I was not confronted with such acts of hatred. This is not the reality for many LGBTQ+ people around the world. While in Canada, I had the privilege of being an audience member at the parade rather than having to participate -- the LGBTQ+ rights movement that preceded me had already made an impact and became established to a certain degree, allowing me to just watch rather than march. In Korea, I felt that my presence marching in the parade was necessary and had real value. I felt like I was not just another face in the crowd or a number contributing to an attendance statistic. Instead, I felt a stronger sense of community and with that, I was faced with the realization that as a community, we still have a long way to go before we achieve LGBTQ+ rights for everyone.

ソウル・クィア・カルチャー・フェスティバルに参加したことで、トロントのようなリベラルで受容的な街で育った私は、こういった憎悪に直面することがないという自分の特権を実感した。これは、世界中の多くのLGBTQ+の人たちにとっての現実ではない。カナダでは、私はパレードに参加するというよりも、パレードの観客として参加するという特権を持っていたけど、私が参加するよりも先に行われていたLGBTQ+の権利運動がすでに人々に影響を与え、ある程度は権利が確立されてきてからだったからマーチというよりは傍観しているだけだった。韓国では、パレードに参加している自分の存在が必要で、価値があると感じた。私は群衆の中のただの一人でもなく、参加者数の統計に貢献しているだけでもない。それよりも、より強いコミュニティの感覚を感じながらも、コミュニティとして、すべてのLGBTQ+の人が権利を得るまでには、まだまだ長い道のりがあるということを実感した。

While we were able to successfully hold the parade in Seoul, other parades in Korea did not get to share in our act of pride. In 2018, a few hundred participants at Incheon’s Queer Culture Festival were blocked by over one thousand protestors who lay down in the street to obstruct the parade route. Likewise, in 2019, Busan’s Queer Culture Festival was cancelled because safety could not be guaranteed. Being part of the LGBTQ+ community has the potential to subject you to ignorance and hatred around the world. I have heard stories of people all over the world being disowned from their families, kicked out of their homes, fired from jobs, or bullied because of their sexuality or gender identity. In some countries such as Canada where I was raised, there are laws that protect LGBTQ+ people from discrimination, but there are still countries in the world in which the legal rights for LGBTQ+ people are lacking. Amongst all of Asia, only Taiwan has legalized same-sex marriage, and most countries including Japan do not have anti-discrimination laws in place nationwide for LGBTQ+ people. Even in places where these legal rights exist, it often does not negate the lived reality of prejudice and discrimination faced by LGBTQ+ people. These are constant reminders that our struggle for rights is very real still.

ソウルでのパレードは成功させることができたけど、韓国の他のパレードでは、私たちと同じようなプライド活動はできていない。2018年の仁川クィア・カルチャー・フェスティバルでは、千人以上を超える反LGBTQ+抗議者たちが地面に寝そべって、数百人が参加したプライド・パレードのルートを妨害された。同様に、2019年の釜山クィア・カルチャー・フェスティバルは、安全が確保できないため中止になった。LGBTQ+コミュニティの一員でいることは、世界中の無知や嫌悪にさらされる可能性を持っている。私は世界中で、家族から勘当されたり、家から追い出されたり、仕事を解雇されたり、セクシュアリティ(性的指向)やジェンダー・アイデンティティ(性自認)を理由にいじめられたりしているという話を聞いたことがある。私が育ったカナダなど、世界にはLGBTQ+の人たちを差別から守る法律がある国もあるけれど、LGBTQ+の人たちの法的な権利がない国もまだまだある。アジアの中で同性婚を合法化しているのは台湾だけで、日本を含むほとんどの国では、LGBTQ+の人たちに対する差別禁止法が全国的に制定していない。法的な権利が存在する国ですら、LGBTQ+の人たちが直面する偏見や差別などの現実を否定するものではないことが多い。こうした現状が、私たちの権利を求める闘いが、未だにとても現実的なものであることを、常に思い起こさせられる。

In the wake of my experience at Seoul’s Queer Culture Festival, I realized how important the Pride parade actually is. I felt a sense of solidarity with the LGBTQ+ community and of true pride not only in my sexuality, but in the bravery of myself and those around me to be able to assert our existence in the face of adversity and hatred.

ソウル・クィア・カルチャー・フェスティバルでの経験をきっかけに、実際にプライド・パレードがどれほど重要か私は実感した。私はLGBTQ+コミュニティとの連帯感を感じたし、自分のセクシュアリティだけではなく、逆境や嫌悪に直面しながらも私たちの存在を強く主張することができる自分と周りの人たちの勇気に真のプライド(誇り)を感じた。

Images by Caitlyn

English Translated by Kanaco and Hikari

Edited by Kiara


Follow us on Instagram!

contact:

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black SoundCloud Icon
  • Black YouTube Icon
©Copyright 2020 honeyhands. All Rights Reserved.