book review: normal people

ブックレビュー『ノーマル・ピープル(普通の人々)』

Normal People is the second novel ever written by the Irish author Sally Rooney. First published in 2018, it rapidly grew a fanbase, winning several literary prizes and becoming a best-seller in the US. The unprecedented popularity of the book attracted the attention of BBC Three and Hulu, and a TV adaptation was aired in April 2020. When I purchased the book in January after randomly seeing it online, I had no clue so many people were talking about it and praising it. One of the things that attracted me the most was the title of the book. I was curious to know if the novel was really about normal people or if the title was evoking a different meaning.

ノーマル・ピープル(普通の人々)』は、アイルランド人作家のサリー・ルーニーの2作目の小説です。2018年に初版が出版されてから、文学賞を受賞、そしてアメリカでベストセラーを飾り、瞬く間にファンを獲得してきました。本作は前例が無いほど人気を博し、BBC ThreeやHuluの関心を呼び、2020年4月にテレビドラマ化が発表されました。私は、1月にオンライン上で適当に本を探してこの本を買いましたが、こんなにも多くの人がこの本を絶賛していることが全く知りませんでした。私が一番惹かれたのは、この本のタイトルでした。この小説が、本当に「普通の人々」について書いているのか、それとも他の意味を喚起しているのか気になりました。

In reality, the title echoes the fact that Normal People deals with the mundane and with the lives and struggles of ordinary people. Set in Ireland after the 2008 economic crisis, the book follows the ever-changing relationship between two teenagers, Marianne and Connell, who grow up in the same small town. This special connection, at times a romance and others a friendship, is the fulcrum of the story which takes us along different phases of the protagonists’ lives, from high school years to young adulthood. Moreover, following the on-again/off-again relationship of Marianne and Connell the novel deals with themes such as growing up, the desire to fit in, abusive families, peer pressure, toxic friendships, economic inequalities, mental health, and more. Despite being centred around the lives of ordinary people, the novel is able to delve deep into their struggles and everyday battles, and the result is a profound story about ordinary lives.

実際には、タイトルは「普通の人々」が経験する平凡な生活や葛藤を扱っていることに反響しています。物語は2008年の経済危機後のアイルランドを舞台に、同じ小さな町で育った二人のティーンエイジャー、マリアンヌとコーネルの変化し続ける関係を描いています。この特別な関係は、ある時はロマンスであり、ある時は友情であり、主人公たちの高校時代から青年期に至るまでの人生の様々な局面を描いた物語の支点となっています。また、マリアンヌとコーネルのあいまいな関係を追うにつれ、この物語は、自己成長や世の中に適応したいという願望、虐待が起きている家族、仲間からの圧力、不健康な友情、経済格差、メンタルヘルスなどが主題となっています。普通の人々の生活を中心に描かれているにもかかわらず、彼らの困難や日々の闘いを深く掘り下げていて、その結果、平凡な人生の核心を突く物語になっています。

At the beginning of the book, we observe a flourishing connection between Connell, the popular working-class kid in school, and Marianne, who is a loner. They both suffer and long for finding their place in the world instead of being defined by others. Marianne who comes from one of the wealthiest families in town appears cold and sarcastic but is in actuality extremely fragile and secretly cares about what others think of her. While Connell is a football star at school, he is not an arrogant jock; he is sensitive, incredibly smart, and would rather spend his time reading than doing anything else. However, the protagonists aren’t pigeonholed as an intellectual outcast and a golden boy throughout the whole novel. The roles are inverted when they move to Dublin to attend Trinity College. At college, Marianne is well-liked and has a big circle of friends whereas Connell struggles to find his place in the new city and to adapt to a new environment.

この本の冒頭では、労働者階級の子である学校で人気者のコーネルと、一匹狼のマリアンヌの間に花開いたつながりを観察しています。彼らは二人とも苦しみながら、他人に定義されるのではなく、自分の居場所を見つけようとしています。町で最も裕福な家庭の出身であるマリアンヌは、一見冷たく皮肉屋に見える一方で、実際はとても傷つきやすく、他人からどう思われているかをひそかに気にしています。コーネルは学校ではサッカーチームのスターですが、傲慢なスポーツマンではなく、彼は敏感で、信じられないほど賢く、自分の時間を何よりも読書に費やしたい人です。しかし小説全体を通して、主人公たちは社会から見放された知的な人や、人気者として分類されてはいませんでした。彼らが地元からトリニティ大学に通うためにアイルランドの首都ダブリンに引っ越した時、彼らの役割は反転します。大学では、コーネルが新しい街で自分の居場所を見つけ、新しい環境に適応しようと奮闘するのに対し、マリアンヌは人々から好かれ、友達の輪を広げていきます。

I loved this book because despite being a work of fiction, it offers a good depiction of human struggles while portraying characters that feel real. One of my favorite elements of Normal People is the complexity of the characters who, instead of being stuck in fixed stereotypes, have nuanced personalities. In my opinion, not only we all have multifaceted personalities but as we go through different phases of our lives we change attitude and point of view. I appreciated the novel’s lack of consistency because it makes the story less predictable and more realistic. The reason why I enjoy realistic contemporary fiction is that I can relate to the characters while reflecting on my own experiences and at the same time, reading such novels feels like exploring the mind of a real-life person.

私がこの本を気に入ったのは、フィクションであるにもかかわらず、人間の葛藤がよく描かれていると同時に、リアルに感じられる登場人物描かれているからです。また『ノーマル・ピープル』の私の好きな要素の一つは、固定されたステレオタイプに囚われているのではなく、繊細な人間性や個性を持っている登場人物の複雑さです。私の考えでは、私たちは皆、多面的な性格を持っているだけでなく、人生の様々な段階を経ることで、態度や視点が変化していくものだと思います。私の考えでは、私たちは皆、多面的な性格を持っているだけでなく、人生の様々なステージの中で、態度や視点が変化していくものだと思います。私は、この小説は一貫性がない分、物語がどう進んでいくのか予測不能な中で、現実味を帯びてくるものになっていたことに感謝しています。私が現実敵な現代小説を楽しむ理由は、自分の体験を振り返りながら登場人物に共感できると同時に、実在の人物の心の中を探っているような感覚で読めるからです。

I was struck by the fact that one of the recurring themes in the novel is Marianne and Connell’s lack of transparency or better, their inability to be transparent. As they weave in and out of each other's lives, they never seem to learn their lesson. Even if the book is constellated by heartfelt conversations where they reveal their deepest secrets to each other, they aren’t able to be fully honest with one other about what they feel. Just as the characters are not idealized nor meant to be likable, their romance is not aspirational to the readers. Rooney did not depict a healthy relationship but one that is nuanced. Marianne and Connell’s connection feels meant to be but at times, the protagonists appear to be incompatible, especially because of their miscommunication. Although incredibly frustrating, I found their inability to communicate incredibly relatable because I too struggle to be honest about my feelings. Even if it was uncomfortable, reading this book made me think about how miscommunication has affected my personal relationships and friendships.

私は、この小説の中で繰り返されるテーマの一つが、マリアンヌとコーネルの透明性のなさというか、素直でいることができないという事実に衝撃を受けました。彼らはお互いの人生に踏み込んだり別れたりする中で、決して何か教訓を学ぶことはないようでした。本の中では、お互いの深い秘密を明かすような心のこもった会話で構成されていても、お互いが感じていることに完全に正直になることはできていません。登場人物が理想化されているわけでもなく、好感が持てるような意味合いでもないように、彼らのロマンスも読者にとっては向上心のあるものではありません。著者のルーニーは健全な関係ではなく、曖昧な関係を表現していました。マリアンヌとコーネルのつながりは、意味があるように感じますが、時折、主人公たちはコミュニケーションがうまくいかず、分かり合えていないように見えます。これにはとてもイライラしますが、私も自分の気持ちに正直になるために苦労しているので、彼らのコミュニケーションの不完全さが痛いほどわかりました。たとえ心地よくないものであっても、この本を読んで、コミュニケーションの不完全さが自分の個人的な人間関係にどのような影響を与えているのかを考えさせられました。

Another aspect I loved was the author’s ability to evoke the inner world of the protagonists. By describing what they think and feel, Rooney gives Marianne and Connell more dimension while allowing the readers to understand them more. Through the narrator we discover that a lot of the characters’ choices are dictated by self-doubt, past traumas, and insecurity. I found their actions irrational but realistic. As someone who is always analysing her choices and decisions, and strives to be more analytical and rational, the book reminded me that it’s normal to be irrational because we’re human. I believe that sometimes, or maybe even most of the time, our choices don’t make sense to others and sometimes they don’t even make sense to us. Overall, the irrationality and imperfection of the protagonists is what ultimately makes them relatable to the point that it’s easy to forget that they are fictional characters.

もう一つ、私が気に入ったのは、主人公たちの内面を喚起させる著者の力量です。登場人物が何を考え、何を感じているかを描写することで、著者のルーニーはマリアンヌとコーネルにより多くのを特質を与えることで、読者が彼らをより理解できるようにしています。語り手を通して、私たちは登場人物の選択の多くが、自信のなさや過去のトラウマ、不安感などによってなされていることに気づきます。私は、登場人物たちの行動は合理的ではないけれど、現実的だと感じました。私は常に自分の選択や決断を分析し、より分析的で合理的になろうと努力している人間として、この本は私に「私たちは人間なので、合理的でないことは普通だよ」ということを思い出させてくれました。ほとんどの場合、私たちの選択が他の人には理解されないこともあるし、時には誰かの選択が私たちに意味をなさないこともあります。全体的に、主人公たちの不合理さや不完全さが、最終的には架空の人物であることを忘れてしまうほどの親しみを感じました。

As a young person writing about young people Sally Rooney (who is only 29 years old) was able to give voice to the struggles that comes with growing up and taking the first steps into young adulthood while dealing with experiences that are commonly shared. Although the novel portrays the life of two white, straight and cis teenagers growing up in the Irish society, it addresses issues that are relatable to many individuals. The attention towards mental health and how past traumas can affect a person’s life, the reflection on peer pressure and how difficult it is to fit in, and the observation on economic inequalities are all at the center of this coming-of-age narrative that can appeal to a diverse audience.

若者について書いている若い著者として、(まだ29歳の)サリー・ルーニーは、人々の共通の経験を扱いながら、成長し、若い大人への第一歩を踏み出すことに伴う葛藤を声に与えることに成功しました。この小説は、アイルランド社会で成長していく白人で、異性愛者で、シスジェンダー*のマイノリティではない二人のティーンエイジャーの人生を描いているが、多くの人が経験しているような身近な問題を扱っています。メンタルヘルスや過去のトラウマが人の人生にどのような影響、仲間内のプレッシャーや馴染むことの難しさについての考察、経済的な不平等についてなど、あらゆる読者の心に訴えかける青春物語の中心となっています。

* シスジェンダー = 身体的性と性自認が一致しているセクシュアリティを指す。

If the ultimate goal of a novel is to make the reader feel something, in my opinion Normal People was incredibly successful. Reading this novel made me feel so many different emotions at the same time. I was upset, excited, confused, uncomfortable, happy and ultimately I found myself completely immersed in the book and deeply invested in the protagonists’ lives. I personally recommend Normal People to anyone interested in realistic contemporary novels and if you’re thinking about watching the tv adaption I suggest reading the book beforehand. In case you have read Normal People I’m really interested to know what you think about the book so please let me know!

もし小説の最終的なゴールが読者に何かを感じさせることならば、私のとしては『ノーマル・ピープル』は大成功だったと思います。この小説を読んで、私は同時にいろんな感情を感じました。動揺したり、興奮したり、混乱したり、心地悪くなったり、幸せになったり、最終的に私はこの本に完全に没頭し、主人公たちの人生に時間を費やしました。私は、現実的な現代小説に興味がある人に『ノーマル・ピープル』をお勧めします。もし『ノーマル・ピープル』のテレビドラマを見ようと思っているなら、先に本を読んでおくことをお勧めします。もしすでに『ノーマル・ピープル』を読んだ人がいたら、どう思ったか知りたいので、ぜひ感想を教えてください!

Images by Elisa

Japanese Translated by Kanaco and Hikari

Edited by Eli and Kiara


Follow us on Instagram!

contact:

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black SoundCloud Icon
  • Black YouTube Icon
©Copyright 2020 honeyhands. All Rights Reserved.