• haru

the course of life

人生のレール

私は中学生の頃に、アン・ハサウェイ主演映画『プラダを着た悪魔』に出会った。自立した女性たちがハイヒールをコツコツ鳴らして颯爽と歩く姿に強い憧れを覚え、私もこんな女性になってみせる!と夢を抱き始めた。小さい頃から服にも興味を持っていたので、この映画に出会ったこともありファッション関係の仕事に就くことを夢に、高校生の頃から自分のライフプランを立てていた。留学もしたいと思っていたから大学卒業とともに、ニューヨークにファッション留学をしようと計画していた。その時の私は、ちょっと人と違う事がしたい、なんて思っていた。

When I was in junior high school, I came across the movie The Devil Wears Prada, which stars Anne Hathaway. I was drawn to the independent women strutting confidently in their heels, and I began to aspire to be a woman like those in the film. I have been interested in clothes since I was little, and seeing this movie made me even more determined to work in the fashion field. I had been creating a life plan for myself to achieve this goal since I was in high school. I also wanted to study abroad, so I was planning to do my study abroad in New York to study fashion after I graduated from university. Back then, I wanted to do something different from others.

胸が踊るような自分のこれからの人生を想像すると同時に、どのようにして夢を叶えていけるのかが曖昧で少し不安も感じていた。自分に合った留学プランがなかなか見つからず、焦って決めてしまうのも違う気がして、フリーター生活をしながらじっくり考え、探す事にした。

その予期していなかったフリーター生活で色々な感情に出会い、私は「社会」に抱く理想と現実の違いを知ることとなる。 Imagining my future life made my heart beat so fast, but a vague idea about how I’m actually going to make my dream come true made me anxious at the same time. I had a hard time finding a study abroad program that fit my needs. It didn’t feel right to make a rash choice, so I decided to have a freeter* lifestyle, take more time to think, and look for a perfect study program for me. I encountered so many emotions during my unplanned freeter life, and I have come to understand the difference between my expectations and the realities of “society”.

*Freeter = A Japanese expression for those who work part-time or who are unemployed.

最初に「現実」を感じたのは、レールから外れた時の孤独感。今までは隣で歩いていた友人たちと突然違う方向を向き始め、一人でポツンと歩いている感覚。この時、社会の枠組みから外れることを感じた。人と違うことがしたい!と大口を叩いていたのに、こんなに寂しいものなのか!とあの頃の自分を責めた。私の周りのみんなと違う進路を選ぶことがいかに孤独なもので、勇気がいることなのかを学んだ。あの頃の自分はこんな孤独なものだと知らなかったから踏み込めたけれど、この孤独を感じてからは新しいことにチャレンジするのに躊躇してしまったり、諦めてしまったりしないように、怖いもの知らずでいる強さも大切なんだと感じた。

The first “reality” I encountered was the sense of loneliness that resulted from getting off the conventional path of life -- getting a job right after graduating from university. I felt like I was walking with all my friends up until now, and all of a sudden, I started facing the other direction and walking all on my own. At that moment, I felt that I was not fitting in with society’s framework. I wanted to do something unique but I was just blowing smoke. Realizing how lonely it felt, I blamed my past-self. I learned how lonely it is and how much bravery it requires to choose a different path from others. The old me was able to step off the path because back then she wouldn’t know how lonely she would get. After learning how loneliness felt, I learned that the strength to be fearless is as important so that I wouldn’t hesitate to challenge myself with new things as well as not give up on myself.

他にも「現実」を感じたのは、自分の将来したい仕事はどんなものか知っておかないと!と思い、アパレルのアルバイトをしたり、ファッション関係の会社のインターンに参加させてもらったりした時。そこで実際に経験したり話を聞いているうちに、あまりしっくりきていない自分がいた。デザイナーにしても、販売員にしても、スタイリストにしても、「そうそう!これをしたいんだ!」と思えなかった。本当に私が将来やりたい仕事はファッションなのかな?と、その時期からよく考えるようになった。

Another time I encountered an unfortunate reality was when I worked part-time at a clothing store and interned at a fashion company in an attempt to know what kind of job I was going for. Actually gaining experience and listening to people in the field, I found myself noticing that it did not feel very right for me. Whether it was a designer, a store clerk, or a stylist, it didn’t make me feel “Yes! This is what I’ve always wanted to do!”. Around that time, I started thinking “is a fashion the field I really want to be part of in the future?”.

高校生の頃からの夢や理想が今こうしてぼんやりとしてきて、空っぽになってきている自分がいた。私は、今まで高校生からの夢を軸にこれからの人生を考えていたから「やばい!このままじゃダメだ!」と気づいた時は焦ったし大きな不安を抱えていた。でもそれと同時に、不思議なことに開放感も感じていた。私は、高校生の頃に敷いた自分の人生のレールをはみ出さないように「このレールに沿って歩かないといけない」と