bury your heroes

J. K. ローリングの騒動について

Like many adults who grew up in the early 2000s, I did so alongside Harry Potter and his friends. My mother read the first two books out loud to my sister and me before we went to sleep, but after that, I started to read them on my own. When my youngest brother was seven and I was a teenager, I began reading the books out loud to him before he went to sleep. I have watched all of the movies in theatres, been to Universal Studios just to go to the Harry Potter area, and bought Harry Potter toys and merchandise long after the books were finished. Most recently, early during the pandemic when we were quarantined at home, my middle brother and I watched all eight Harry Potter movies in one day. As we watched, I couldn’t help but fill him in on information from the books that the movies didn’t include, from fun facts to missing plotlines.

2000年代の初めに育った多くの大人たちと同じように、私はハリー・ポッターとその仲間たちと一緒に成長してきた。ハリー・ポッターの初期2作品は、私と姉が寝る前に母が読み聞かせてくれたけれど、そのあとの作品は自分自身で読むようになり、私がティーンエイジャーの時には、今度は私が一番年下の7才の弟に読み聞かせを始めた。私はハリー・ポッターの映画全作を映画館で観たし、ハリー・ポッターのエリアに行くためだけにユニバーサル・スタジオにも行ったし、作品が終わってからだいぶ時間が経っていても、ハリー・ポッターのおもちゃやグッズを買っていた。つい最近、パンデミックが流行し、家で隔離生活を始めたころに、二番目の弟と私は、ハリー・ポッターの映画全8作品を1日で観終えた。その時、私は映画には含まれていない原作に載っている面白い豆知識やストーリーを弟に伝えずにはいられなかった。

Like many people my age, I am part of a generation that watched the gap between artist and audience gradually close over time. Once, artists and celebrities were shrouded in mystery. Now, with the rise of social media, a more personal experience of consuming media has emerged. We can see daily updates from our favourite actors and actresses on social media, learn to cook from celebrity chefs through their personal YouTube channels, read blogs written by pop idols, and more. These people let us into their lives, showing us sides of them that in another period of time, we would not be exposed to. This makes them feel more like people rather than figures, which can be endearing in many ways and make us feel closer to them. However, it can also reveal their faults.

私と同年代の多くの人のように、私は時間の経過とともに、芸術家と鑑賞者たちの隔たりが徐々に埋まっていく様子を目の当たりにした世代の一人だ。かつては芸術家やセレブたちは謎に包まれていた。でも現在は、SNSの普及により、メディアの消費はもっと個人的な体験になったと思う。例えば、SNSで毎日自分の好きな俳優や女優の近況を見ることができるし、セレブシェフのYouTubeチャンネルで料理を学ぶこともできるし、アイドル歌手が書いたブログを読んだりできる。この人たちは、私たちを彼らの生活の中に入れてくれて、別の時代に私たちが知ることのできなかった彼らの側面を見せてくれる。それは彼らが有名な人というよりも、一人の人だということを感じることができ、色んな形で私たちの心を引きつけ、私たちは彼らをより身近に感じることができるようになった。しかし、それは、彼らの欠点を明らかにすることもある。

In the past few months, J. K. Rowling, the author of Harry Potter, has revealed various beliefs and moral values that greatly go against my own. Recently, upon reading an article which used the term “people who menstruate” instead of “women” when discussing how some COVID-19 lockdown procedures have overlooked access to necessities for menstrual health and hygiene, Rowling made a claim that using the term “people who menstruate” erases “the reality of women globally.” In this article, the term “people who menstruate” instead of “women” was used to recognize that people besides women can menstruate, such as trans men; and that not all women menstruate, such as trans women and intersex women. Rowling was greatly criticized by a number of organizations, fans, and even the actors in the Harry Potter films for being exclusionary and transphobic. Among notable respondents were two of Harry Potter’s most well-known actors, Daniel Radcliffe who stated that “transgender women are women,” and Emma Watson who said that trans people “deserve to live their lives without being constantly questioned or told they aren’t who they say they are.

この数か月間、ハリー・ポッターの作者であるJ. K. ローリングは、私の考えや価値観とは大きく異なる考えや価値観を持っていることが明かされた。最近、ローリングは、ある記事を読んで、それについての感想を公開した。その記事は新型コロナウイルスによるロックダウンで、月経が来る時健康や衛生状態を保つための必需品・清潔な場所へのアクセスが不十分になっている地域があるという記事であり、その筆者は「女性」という言葉を使わず、「月経がある人」と表現していた。この記事の中で「女性」という言葉の代わりに「月経がある人」という言葉を使うことによって、女性以外にもトランス男性のように月経がある人がいること、トランス女性やインターセックス*の人のように全ての「女性」が月経するわけではないことを認識させた。しかし、ローリングは「月経がある人」という言葉を使うことで、「世界中の女性の実態」を消し去ってしまうと主張。多くの団体やファン、そしてハリー・ポッターの映画に出演している俳優たちまでもが、ローリングのその発言は排他的でトランスフォビック**だと大きく批判した。その中でも注目された反対意見は、ハリー・ポッターで最も有名な俳優の二人。ダニエル・ラドクリフは「トランスジェンダー女性は、女性である」と反論し、エマ・ワトソンは「トランスジェンダーの人々は、常に彼らの存在を質問されたり疑問視されることなく、彼ら自身がどんな人物なのかを決めて人生を送れるべきだ」と発信した。

* インターセックス = 身体的性が一般的に定められた男性・女性の中間もしくはどちらとも一致しない状態

** トランスフォビック/トランスフォビア = トランスジェンダーに対する否定的・批判的・嫌悪的な態度、感情、行動の範囲、価値観

As a follow up to the backlash, Rowling published an essay that stated that she believed that most trans people aren’t dangerous and actually are a vulnerable population who should be protected, but at the same time did not want “natal girls and women” to feel endangered by their presence in spaces such as single-sex bathrooms or changerooms.

この反発を受けて、ローリングはエッセイを発表した。そのエッセイには、ほとんどのトランスジェンダーの人々は危険ではなく、実際には彼らはとても攻撃されやすく、守らなければならない人々だと考えているということが書かれている。それと同時に、男女別々のトイレや更衣室のような空間で「生まれたときから女性」の人たちに、トランスジェンダーの人の存在により危険にさらされていると感じてほしくないとも記してある。

Like many others, I find Rowling’s recent comments and claims to be abhorrent. I believe that assigned sex and gender are different things and that the sex that a person was assigned at birth does not define their gender. While in the essay, Rowling wrote that all that she wants is empathy and understanding for women “whose sole crime is wanting their concerns heard without receiving threats and abuse,” I don’t think she recognizes that her own claims can lead to violence. Rowling is building on stereotypes that portray members of the LGBTQ+ community as predatory. She is implying that transgender women are physical and sexual threats to cisgender women, who should be protected accordingly. These stereotypes do not start or end with Rowling, and are a reason for the continued oppression of trans people.

他の人たちと同様に、私もローリングの最近のコメントや主張に嫌悪感を感じている。私は、生まれた時に割り当てられた性別とジェンダーは別物だと思っているし、生まれた時に割り当てられた性別がジェンダーを決めるわけではないと考えてる。エッセイの中で、ローリングは、彼女がただ望んでいることは、「脅迫やヘイトを受けることなく懸念を聞いてほしい」女性に対する共感と理解だと書いている。私は、彼女は自分の主張が暴力につながりうることをわかっていないと思う。ローリングの発言は、LGBTQ +コミュニティの人々を略奪者として描写するステレオタイプに基づいて構築されている。彼女は、トランス女性は、シスジェンダー*の女性にとって肉体的、性的な脅迫であり、シスジェンダーの女性は保護されるべきだとほのめかしている。こうしたステレオタイプは、ローリングによって始まったわけでも、このローリングの騒動と共に終わるわけでもない。これこそがトランスジェンダーの人々にとっての持続的な抑圧の原因となっている

* シスジェンダー = 生まれたときに割り当てられた性別と性同一性が一致し、それに従って生きる人のことを指す

It is strange to think about these comments as a fan of Harry Potter. The series is about the unjust oppression of people under bodies of power, as the series follows the struggle of the magical world under a powerful wizard who seeks to eradicate certain groups of people, and initially, it surprised me that the writer of such a series could have such oppressive views. It has been even stranger to reconcile how someone with views that I hate could write something that I love and hold dearly.

ハリー・ポッターのファンとして、こういったコメントについて考えるのは変な感じ。このシリーズは、特定のグループの人々を根絶しようとする強力な魔法使いのせいで起こる魔法界の戦いを追っているので、権力を持つ集団による不正な抑圧についての作品になっている。だから、私はこの作品の作家がこういった抑圧的な見解を持っていることに驚いた。 私が嫌う意見を持っている人が、私が愛し、大切にし続けている作品をどうやって書くことができたのか、とても奇妙なことに感じた。

On July 7th, Harper’s Magazine published a letter signed by 150 public figures including Rowling that argued that cancel culture is leading to oppression of free speech by controlling who or what should be heard and is therefore a threat to democracy since it has the possibility of allowing a single narrative to subsist. I believe that free speech is essential for a democracy, but I think that free speech that threatens the existence, rights and safety of others should not be welcomed. Additionally, I think that these public figures who signed this letter, especially the writers, are not acknowledging the volume of their voices. Even now, at a time when Rowling thinks that she is being silenced, her words are being circulated in the media, proving that her voice persists despite the backlash. What Rowling understands to be ‘silencing’ is really something more akin to a boycott, taking action to show the companies that provide people like Rowling with an amplified platform that we find her transphobia unacceptable. By speaking out, it’s possible that these companies will take measures to distance themselves from Rowling in order to preserve their own reputations. Speaking out on social media and pressuring companies to cut ties with Rowling seems more like a method of reducing the platform we gave her rather than silencing her. Because our voices are smaller, it is our collective voices that lead to change. Though it is uncertain if these changes will occur merely because of capitalist interests, it is the type of change most accessible to us.

7月7日、ハーパーズ誌はローリングを含む150人の公人が署名した書簡を発表し、キャンセル・カルチャー*は、誰が何を聞くべきかをコントロールし、一方的な視点の普及を可能にする可能性があるため、言論の自由を抑圧することにつながり、民主主義の脅威になると主張した。私は、民主主義には言論の自由が不可欠だと思うけど、他者の存在や権利、安全を脅かすような言論の自由は歓迎されるべきではないと思っている。 さらに、この書簡に署名をした著名人、特に著作家たちは、彼らの「声の大きさ」をわかっていないと思う。ローリングが沈黙させられていると思っている今でも、反発があるにもかかわらず、彼女の言葉はメディアで大きく広がり、彼女の意見が根強く残っていることを証明している。ローリングが「沈黙させられている」と理解しているものは、実際にはボイコットに近いもので、ローリングのような人々に大きく発言できるプラットフォームを提供している企業に対し、彼女のトランスフォビアが受け入れられるべきではないことを示すための行動だ。反発者たちが発言することで、これらの企業は自社の評判を守るために、ローリングから距離を置く措置を取る可能性もあるだろう。SNSで発言し、ローリングとの関係を断つように企業に圧力をかけることは、彼女を黙らせるというよりも、彼女に与えたプラットフォームを減らす方法のように思える。 著名人に比べると私たちの声は小さいので、私たちの「集団」の声が変化に繋がっていく。これらの変化は、企業が本当に私たちの想いを共有しているから変化しているわけではなく、企業のイメージ・利益 ― 資本主義的な動機のためだけに起こるかもしれないけれど、これは私たちにとって最も身近で実現的な変化への手段だ。

* キャンセル・カルチャー = ボイコットの形式のひとつ。著名人や企業が不快なことをしたり、発言したりした後に、支持を取りやめること。

I am well acquainted with Roland Barthes’ famous essay, “The Death of the Author” which brought about the idea that meaning comes not from the writer but from the audience’s interpretation. J. K. Rowling and her hateful views are not part of the fond memories I have of the Harry Potter series. The Harry Potter series was an undeniable part of my youth and I cannot erase that. Further, I do not want to. The books and films brought me joy for a very long time. However, in looking toward the future, my consumption habits regarding J. K. Rowling’s works will change. I do not think I will ever consume media associated with J. K. Rowling again -- doing so would contribute to her financially and thus enable her to continue to have a platform to spread her transphobic hatred.

私は、ロラン・バルトの有名なエッセイ『作者の死』をよく知っているのだけど、このエッセイは「意味づけは作家からではなく、読み手の解釈から来る」という考えをもたらした。 J. K. ローリングと彼女の憎むべき考え方は、私が持っているハリー・ポッターシリーズの思い出の一部ではない。ハリー・ポッターシリーズは、私の青春時代の紛れもない一部であり、それを消すことはできないし、消したくない。この本と映画は、とても長い間、私に喜びをもたらしてくれました。しかし、私は J.K.ローリングと関連したメディアやエンターテイメントを二度と消費しないと思う。彼女が関わったものを消費するのは彼女に経済的に貢献することであり、彼女がトランスフォビックな憎悪を広められるプラットフォームを持ち続けることに繋がるから。

Images by Caitlyn

Japanese translated by Kanaco, Hikari and Kiara

Edited by Kiara


Follow us on Instagram!

contact:

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black SoundCloud Icon
  • Black YouTube Icon
©Copyright 2020 honeyhands. All Rights Reserved.