bury your heroes

J. K. ローリングの騒動について

Like many adults who grew up in the early 2000s, I did so alongside Harry Potter and his friends. My mother read the first two books out loud to my sister and me before we went to sleep, but after that, I started to read them on my own. When my youngest brother was seven and I was a teenager, I began reading the books out loud to him before he went to sleep. I have watched all of the movies in theatres, been to Universal Studios just to go to the Harry Potter area, and bought Harry Potter toys and merchandise long after the books were finished. Most recently, early during the pandemic when we were quarantined at home, my middle brother and I watched all eight Harry Potter movies in one day. As we watched, I couldn’t help but fill him in on information from the books that the movies didn’t include, from fun facts to missing plotlines.

2000年代の初めに育った多くの大人たちと同じように、私はハリー・ポッターとその仲間たちと一緒に成長してきた。ハリー・ポッターの初期2作品は、私と姉が寝る前に母が読み聞かせてくれたけれど、そのあとの作品は自分自身で読むようになり、私がティーンエイジャーの時には、今度は私が一番年下の7才の弟に読み聞かせを始めた。私はハリー・ポッターの映画全作を映画館で観たし、ハリー・ポッターのエリアに行くためだけにユニバーサル・スタジオにも行ったし、作品が終わってからだいぶ時間が経っていても、ハリー・ポッターのおもちゃやグッズを買っていた。つい最近、パンデミックが流行し、家で隔離生活を始めたころに、二番目の弟と私は、ハリー・ポッターの映画全8作品を1日で観終えた。その時、私は映画には含まれていない原作に載っている面白い豆知識やストーリーを弟に伝えずにはいられなかった。

Like many people my age, I am part of a generation that watched the gap between artist and audience gradually close over time. Once, artists and celebrities were shrouded in mystery. Now, with the rise of social media, a more personal experience of consuming media has emerged. We can see daily updates from our favourite actors and actresses on social media, learn to cook from celebrity chefs through their personal YouTube channels, read blogs written by pop idols, and more. These people let us into their lives, showing us sides of them that in another period of time, we would not be exposed to. This makes them feel more like people rather than figures, which can be endearing in many ways and make us feel closer to them. However, it can also reveal their faults.

私と同年代の多くの人のように、私は時間の経過とともに、芸術家と鑑賞者たちの隔たりが徐々に埋まっていく様子を目の当たりにした世代の一人だ。かつては芸術家やセレブたちは謎に包まれていた。でも現在は、SNSの普及により、メディアの消費はもっと個人的な体験になったと思う。例えば、SNSで毎日自分の好きな俳優や女優の近況を見ることができるし、セレブシェフのYouTubeチャンネルで料理を学ぶこともできるし、アイドル歌手が書いたブログを読んだりできる。この人たちは、私たちを彼らの生活の中に入れてくれて、別の時代に私たちが知ることのできなかった彼らの側面を見せてくれる。それは彼らが有名な人というよりも、一人の人だということを感じることができ、色んな形で私たちの心を引きつけ、私たちは彼らをより身近に感じることができるようになった。しかし、それは、彼らの欠点を明らかにすることもある。