what i learned from "a year in transition"

ドキュメンタリー 『A Year in Transition(トランスする一年)』から学んだこと

大学のトランスジェンダーについての授業の中で『A Year in Transition(トランスする一年)』というドキュメンタリー映画を観た。この映画を観て、トランスジェンダーの人、特にFtM*の人たちの変化していく体にともなって、変化していく気持ちや環境を想像するきっかけになった。私は当事者ではないので、当事者の体験や感情を完全には分からない。だけど、寄り添って想像することや考えてみることはできる。この映画から学んだことや感じたことを振り返って共有してみようとこの記事を書くことにした。このドキュメンタリーは、Vimeoで無料で観ることができるので、ぜひ観て欲しい。今回は、このドキュメンタリーを通して私がシスジェンダー**としてトランスジェンダーについて学んだことをシェアするね。

* FtM = Female-to-Maleの略称。トランス男性。出生時に女性と割り当てられたが性自認は男性の人。

** シスジェンダー = 個人のアイデンティティとジェンダーが生まれと時の性(セックス)と一致している人

I recently watched a documentary film called A Year in Transition in a transgender studies class at university. The film prompted me to think about the feelings and surroundings of transgender people, especially those who are FtM*, while their bodies are physically changing. I’m cisgender so I can’t understand the experiences and feelings of transgender people fully. But I can learn about their experiences and support them. I wrote this film review because I want to reflect on and share what I learned and felt through watching the film. You can watch this film on Vimeo for free, so please watch it if you are interested. This time I’m going to share what I learned about being transgender through this documentary film as a cisgender** person.

* FtM = Female-to-Male. Transgender men assigned female at birth but identify as male.

** Cisgender = A person whose sense of personal identity and gender corresponds with their birth sex. Also abbreviated as cis.

ここで少し大まかな内容を紹介するね。この映画では、20歳のアラブ系アメリカ人のイッサというFtMの人を追って、ホルモンの服用、手術の過程、変化する体や感情も含めて彼の「トランスする一年」を丁寧に記録している。はじめの場面ではイッサがLGBTセンターでジェンダーセラピスト*に会おうとするところからスタートし、イッサが自分の感情をカメラの前で語る。その後の場面でもイッサの心の変化や感情がセラピストや家族、友達、監督との会話の中から読み取れる。この映画「トランスする一年」では、イッサの体が医療措置によって変化*する過程というよりも、体の変化にともなった彼の心境の変化が「トランスする」ことに含まれていると私は思った。このドキュメンタリーの特徴の一つは、監督のローン・クラークソンがトランスジェンダーの当事者で、インタビューの手法や当事者たちの声の伝え方からイッサやFtMコミュニティに寄り添っているのを感じること。それがすごく印象的だった。イッサとローンはこの映画をトランスコミュニティのために作っていて、トランスする過程での感情の複雑性とどのように付き合っていくか当事者の目線からリアルに伝えていた。また、ふたりはトランスジェンダーの命に関する教育や認識の正常化を支援する目的でこの映画に伝えたい事を込めていたように思う。さらに、イッサのストーリーの他に、様々なFtMの人たちの人生の背景や感情について聞くことができる。では、私の中で印象に残ったシーンをいくつかシェアしていくね。

* ジェンダーセラピスト =性自認に関して社会的、または心理的な問題を抱えている人に助言をする人。特にうつ病などのメンタルヘルスの問題の原因や解決策を特定するためのアドバイスや家族や友達などの身近な人と話すためのアドバイスを行っている。

I would like to talk about the story line a little. This film follows a 20 year old Arab-American FtM person called Issa through a year of his medical transition -- the year his body and feelings underwent many changes, including the process of taking hormones and going through surgery. I think that this film focused more on his changing feelings during the transition rather than the physical process of his gender affirmation surgery. The director of this film, Lorne Clarkson is also transgender, and the way they interview and tell the stories of the people in the film display that it is constantly in support of Issa and FtM communities -- that was a really memorable aspect for me. Issa and Lorne made this film for the trans community to create an access point where they can learn about navigating the emotional complexities that come with transitioning and also be reassured that they are not alone. I think that this film also had the goal of helping to educate cisgender people about being transgender and normalizing trans lives. In addition to Issa’s story, you can also learn the backgrounds and emotions of various FtM people in this documentary. I’d like to share a few scenes that left an impression on me.

アイデンティティとは

ドキュメンタリーの冒頭で、トランス前のイッサは、自分を女らしい女でも男らしい男でもなく、その中間にあると表現していたのが印象的だった。トランスジェンダーとジェンダークィア*というカテゴリーの間にいるように感じるとも話していた。だからこそ彼はトランスすることに対して少し悩んでいたようだ。女性、男性、トランスジェンダー、ジェンダークィアというカテゴリーに彼自身を当てはめることが出来ず、それらの社会的カテゴリーからプレッシャーを感じていたように見えた。「男らしさ」と「女らしさ」を押し付けることは、誰にもしてはいけないと感じた場面だった。私はこれを観て、トランス後の人は完全に男らしく、または女らしくいなくてはいけないのかと疑問を感じた。なぜなら、このドキュメンタリーを観て、トランスジェンダーの人の中には、社会が性に割り当てた振る舞いをしなければならないというプレッシャーを感じている人もいると気づいたから。自分を極端に男性的、もしくは女性的だとアピールしなければならないような社会的期待や圧力に苦しんだり、ホルモン治療や手術を受けるか悩んでしまう人がいるのではないかと思った。その人「らしさ」は、男や女で分けられるようなそう単純なものではないと思う。一人ひとりのアイデンティティはそれぞれで、他人が決めることではないとこのドキュメンタリーを通して私は学んだ。

*ジェンダークィア=男性と女性のバイナリーではない人。男性と女性の間またはその外の誰にとっても包括的な用語。

Identity

At the beginning of the film before Issa had transitioned, he described himself as neither a feminine woman nor a masculine man, but somewhere in between. He also said that he felt in between two categories -- transgender and genderqueer. That made him a little worried about transitioning. He didn’t feel like he fit any category, and it seemed like he felt pressure from these labels to fit in. It made me realise that no one should pressure anyone to be "masculine" or "feminine". When I watched this scene, it made me wonder if transgender people have to be completely masculine or feminine. This thought came to me because I learned that some transgender people feel pressure to either act in a masculine or feminine manner. Some people suffer from the social expectation to be completely masculine or feminine, and feel like they have to perform extra work to conform, or that they have no option but to undergo hormone therapy or surgery. I think people can be complex and are unable to be completely categorised by “man” or “woman”. From this documentary, I learned that everybody’s identity is unique and that it is not anybody’s place to judge or decide what someone’s identity is.

私は彼が乳房を切除する前のシーンを観て、ホルモン治療や乳房切除手術をすることで、より「自分」らしくなれるだろうと思う一方で、今まで築いてきた自分のアイデンティティが変わってしまうかもしれないという、精神的な恐怖もあることを初めて想像した。イッサのセリフではじめて気づいたことだった。「乳房を切除することで完全な男性になる。だけど、自分のアイデンティティの一部にはトランスジェンダーというものもあるから、シスジェンダーの男性として生きたくはない」と。その言葉からFtMである彼は「男性」より、「自分」になりたかったのだと私は気づいた。今まで『わたしはロランス』『リリーのすべて』『彼らが本気で編むときは、』など、様々なトランスジェンダーの人が主人公になっている映画を観てきたけど、ほとんどのストーリーでは、周りの人たちとの関係に焦点が当てられていたり、主人公の性自認は心と体の性が一致しないと表現している場合が多い印象だった。だけど、『A Year in Transition(トランスする一年)』は、こんなにもアイデンティティに関する当事者の内側のモヤモヤした感情に寄り添っているから、私にとって初めての映画体験だった。

When I watched the scene where Issa is about to undergo top surgery, I imagined for the first time how undergoing medical transition can help someone feel more like themselves, but at the same time, can bring fear that the identity they have grown with may change. Issa says, "I can be a complete man by undergoing top surgery, but I don't want to live as a ‘cis man’ because I’m very proud of my identity, of being trans.” This made me realise he didn’t want to be a “man” but instead, wanted to be himself. I've seen several films where the main character is transgender, such as Laurence Anyways, The Danish Girl, and Close-Knit. But these stories often focus on the relationships the main character has with the people around them, and describe their gender identity as a disagreement between their mind and body. A Year in Transition was the first time I saw a film that was so focused on the inner struggles about one’s identity.

性別やステレオタイプからの開放

一年を通して、ホルモンの投与や乳房切除の手術を受けたことによって、彼の体と声は変わったけど、いまだ同じ人間であり、トランスしたことで、もっと自分らしく感じられるようになったと彼は語っていた。心と身体の性を一致させるという考え方からではなく、ただ自分が自分らしくあるために、手術やホルモン注射をしてトランスしたと語ったことが私の中で深く残った。今まで、私の中で「トランスジェンダー」は「性別を飛び越える」という印象だったが、これは違う認識だったのかもしれない。英語の trans(トランス)は、何かを「越える」「横切る」「反対側に行く」などの意味があるけど、このドキュメンタリーの中では、もっと自分らしくなるために「変わる」とか、社会の期待する型や性別から自分を「解放する」という意味も含まれているのではないかと私は思う。今まで私は「外見を変える」という行為は「自分に対しての他人の期待やイメージを変える」ことだと思っていたけど、「自己表現」の一つでもあるんだな、とこのドキュメンタリーを通して気づくことができた。

Being freed from gender and stereotypes

At the end of the year that he went through hormone injections and top surgery, Issa said that his body and voice changed but he was still the same person, and that the transition allowed him to feel more like himself. It was memorable for me that he said that he got these medical procedures not because he wanted to “match his mind to his body” but because he wanted to be himself. He never thought that he was in the wrong body. I used to think that "transgender" referred to someone who had jumped over the wall that separates male and female, but that might have been wrong. The English prefix “trans” means going beyond, across, or going to the other side. But in this documentary, I think that it also includes the meaning of change -- for someone to become more like themselves and to be released from any stereotypes or expectations that society had of them because of their sex. I used to think that the act of changing your appearance had the purpose of changing the expectations and views that people have of you, but I learned from this film that it is also a part of self-expression.

FtMコミュニティ、家族や友人とのやりとり

このドキュメンタリーに出てくる彼の周りの人がとても温かい。彼が知人女性にミスジェンダリング*されて深く傷ついた時も、ホルモンの注射をさす勇気が出ない時も、彼のセラピスト、友人、祖母がいつもそばにいて、彼を決してひとりにはしなかった。トランスする当事者にとって、そばにいる身近な人の理解や励ましがどれほどその人の心の救いになるだろう。身近の人にトランスすることをオープンにしても、安心を感じられる環境が当事者の心の励みになことをドキュメンタリーを通してひしひしと感じた。「ひとりじゃないよ。」言葉には出さなくても、このメッセージがこのドキュメンタリー全体から感じられて、トランスする過程で孤独を感じて悩んでいる人に「ひとりじゃないよ」って寄り添ってサポートできる人に私もなりたいなと思った。

* ミスジェンダリング = 性自認と異なる扱いをする差別の一種。例えば、トランスジェンダーの男性を女性として扱ったり、トランスジェンダーの女性を男性として扱うこと。また、ノンバイナリーの人を男性か女性として扱うこと。

Relationships with FtM communities, family and friends

The people around Issa in this documentary are really loving. When he was deeply hurt by being misgendered* by his acquaintance, and when he didn't have the courage to inject hormones by himself, his therapist, friends, and grandmother were always there with him, never letting him feel like he was alone. I’m sure that for someone transitioning, support and encouragement from the people around them would really help them out. Through the documentary, I felt how much the community, friends, and family’s support can give strength to a transgender person. "You are not alone" -- even though these words weren’t explicitly said in the film, this film embodies this message. It made me also want to be a person who can support and stand by people who are struggling and feeling alone during their transition.

*Misgendering = The act of referring to someone or describing someone with language that does not align with their gender identity, which is one type of discrimination. E.g. Treating a transgender woman as a man, or treating a non-binary person as a man or woman.

私ができること

自分ができることは、なんなのだろうか。自分は当事者ではないからわからないことも多い。シスジェンダーの特権を持っているから、差別に気付かないでいたり、見て見ぬ振りをして黙っていることで当事者を傷つけてしまう加害性を持っている。私が思うシスジェンダーの特権というのは、社会や自分の体での「生きやすさ」の他に、シスジェンダー以外の人の状況に無関心で生きる選択をすることができること。その無関心さや想像力不足、当たり前のようにシスジェンダーが優位に働くような社会的構造が当事者を苦悩させると思う。例えば、シスの特権はジェンダーアイデンティティが原因で暴力をふるわれて命を狙われることはない。また、シスジェンダーの人々は法によって自分自身が自分自身として認められており、医療的な措置を受けなければ法によって自分自身が認められないということはない。ジェンダーアイデンティティが原因で職につけないなんてことはない。性別で区別された施設などから拒絶されることはない。自分の性器の状態を人から聞かれたりすることも勝手に触られることもない。自分のありのままで受け入れられるかどうか心配しないで済む。この他にもまだ私が認識していないシスの特権がたくさんあるんだと思う。だからまずは、人に「男らしさ」や「女らしさ」を押し付けたり、見た目から人の性別やアイデンティティを勝手に判断しないことが一番最初にできる基本なことなのではないかと感じる。また、無意識に誰かをミスジェンダリングしてしまっていることもあると思う。トランスジェンダーの人の中にも、医療的な手段を望む人や望まない人がいたり、性自認は男か女かではなくグラデーションであることを忘れてはならない。自分自身を男性、女性と認識せずにノンバイナリーで自分を認識する人もいる。

What I can do

I often wonder what can I do for transgender people like Issa. There are many things I don’t fully understand because I am not transgender myself. Because I have cisgender privilege, it is possible that I don’t notice discrimination or that I act as a bystander and inadvertently harm transgender people. I think that the privilege of being cisgender is that one can choose to live indifferently, not caring about the circumstances of transgender people, in addition to living comfortably in my own body and appearance. I believe that indifference, lack of consideration, and the current social structure in which cisgender people are at an advantage really creates a struggle for transgender people. For example, cis people don’t have to worry about violence and being killed because of their gender identity. Cis people are recognised as themselves by the government without undergoing medical procedures. Cis people don’t have to worry that they might not be able to get a job because of their gender identity. Cis people are not rejected by facilities separated by gender. Cis people are not asked about the conditions of their genitals. Cis people don’t have to worry about if they will be accepted as they are. I think that there is a lot more cis privilege that I’ve yet to recognise. I think that the first thing that I can do is to not impose "masculinity" and "femininity" on anybody, and to not decide people’s gender identity from their appearance. I also think that I may have unknowingly misgendered* people in the past, and I should remember that some transgender people may or may not want a medical transition, and that gender identity is a spectrum that can’t be categorised into man or woman. For example, there are non-binary people, who feel their gender identity that cannot be defined within the margins of the gender binary.

英語では、第三者を指すときの代名詞の she(彼女)he(彼)が使い分けられている。 誰かの話をするときは、名前や役職を使うことが多い日本語と違って、英語ではこれらの単語を使うことが多いので、ミスジェンダリングする機会が多くなる。Theyは彼らという意味もあるが、最近では一部の人によってジェンダーニュートラル*の人称代名詞として使われている。例えば、イギリス人歌手のサム・スミスは自分の人称代名詞を he/him(彼)から they/them(ジェンダーニュートラルの人称代名詞)に変えたことを公表している。でも現状では日常的にそんなに使われていないので自分や周りの人の人称代名詞を意識している人しか使っていない。だから、自己紹介の際やSNSのプロフィールに自分が使っている人称代名詞を共有している人もいる。実際に私もフィンランド留学中には、授業の始めやグループワークを始めるときに、自己紹介でみんな自分の人称代名詞を紹介し合った。私の場合は、名前の後に「私の人称代名詞は she/her(彼女)です」と自己紹介した。トランスジェンダー研究の先生は、自己紹介をするときに人称代名詞を紹介するメリットは、ミスジェンダリングも防げて、あとで自分から自分の人称代名詞を訂正する必要がないと教えてくれた。当事者が自分の人称代名詞を訂正するときのエネルギーや自分の性自認をミスジェンダリングしている人に自分の性自認を訂正する恐怖は想像に難くない。だから、これからはこの差別を防ぐ環境を作るために身近な人とミスジェンダリングやトランスジェンダーの人に対する差別について話したり、差別的な行動に対して見て見ぬ振りをせず、声を発していける人になりたい。

* ジェンダーニュートラル = 性差に中立であること。性別の区別がないこと。

In English, the pronouns she/her and he/him are used when referring to people in third-person, and people often use these pronouns rather than names and job titles which are commonly used in Japanese. This means there are more possibilities to misgender someone in English. Nowadays, they/them is also used as a singular gender-neutral pronoun. For example, British singer-songwriter Sam Smith announced that he would no longer use the pronouns he/him and instead use they/them after coming out as non-binary. But the use of they/them is not very widespread, and only people who make an effort to not assume people’s genders use it. Therefore, some people share their personal pronouns when introducing themselves on their social media profiles. In my case, while studying abroad in Finland, my classmates and I introduced our pronouns at the beginning of class and group work. For example, when I introduced myself I also said "My pronouns are she/her." My transgender studies professor taught us that introducing our pronouns with self introductions prevents misgendering and reduces the need of correcting someone after being misgendered. It is not hard to imagine the fear, energy and courage that might be required in correcting the pronouns someone uses towards you. Therefore, I want to be a person who discusses misgendering and discrimination against transgender people with the people around me, and instead of turning a blind eye, raise my voice against injustice to create an environment that prevents discrimination and misgendering towards transgender people.

最後に

『A Year in Transition(トランスする一年)』の最後にトランスジェンダーアクティビストでもあるシンガーソングライターのSkylar Kergil(スカイラー・カーギル)の『Tell Me a Story』という曲が流れる。その歌詞の中で、「Why do you care to know am I a boy or a girl?(なぜみんなは、私が男の子か女の子かを気にするの?)」という質問があって、その後すぐに「But I don’t care about the answers. The questions are boring, please tell me a story (でも私はその答えを気にしない、その質問はつまらない、ストーリーを聞かせてよ)」と答えている。私はその歌詞を聴いて、男性、女性というラベルよりも、人それぞれ違う性自認やセクシュアリティ、当事者たちの経験や背景、考え自体に価値があるというメッセージが込められていると感じた。もっと私は性別を超えて、一人ひとりのストーリーを大切にしたい。LGBTQ+という言葉が日本でも浸透してきたけど、単純にカテゴリーとして当事者を捉えるのではなく、一人ひとりの経験や話を聴いて気持ちに寄り添えるようにもっと勉強しようと思う。

Lastly

At the end of A Year in Transition, a song called "Tell Me a Story" by a singer-songwriter and transgender activist Skylar Kergil is played. The lyrics contain the question "Why do you care to know, am I a boy or a girl?" and it continues with this: "But I don't care about the answers. The questions are boring, please tell me a story”. When I listened to this part of the song, I felt that it contained an important message -- that every trasngender person has a unique gender identity, sexuality, experiences, background, and ideas, which are more valuable rather than the labels of “male” and “female.” I want to appreciate every story, regardless of gender or sex. The term LGBTQ+ is becoming widely acknowledged in Japan, and instead of seeing people as their categories, I would like to study more about gender and sexuality so that I can be the person who listens to every person’s experience and story, and is there for people in need.

Watch A Year in Transition:

Reference:

Gender Confirmation Center - "Introduction to Top Surgery: Transmasculine, Transfeminine, and Non-Binary Procedures"

CBS News - "What it means to identify as cisgender"

Planned Parenthood - "Sex and Gender Identity"

Wisegeek - "What Does a Gender Therapist Do?"

A Year in Transition - "About the Cast"

Planned Parenthood - "What do I need to know about transitioning?"

Them - "InQueery: The History of the Word "Genderqueer" As We Know It"

Merriam-Webster - "trans"

Lotus in the mud (note) - 『ミスジェンダリングとは何か

Gender Confirmation Center - "Misgendering: What is it, Why Does it Happen and What You Can Do to Prevent it From Happening"

Fair - 『性別変更「手術要件なくして」LGBT議連が「性同一性障害特例法」の要件について関係者からヒアリング

LGBT Foundation - "Non-Binary Inclusion"

GLAAD Amp - "9 young people explain what being non-binary means to them"

Eyemèr [they-them] (YouTube) - "Bird, You Can Fly (Non-Binary Song | Official Music Video 1 | Sint-Pietersabdij)"

Images by Akari

English Edited by Karin and Kiara

Edited by Hikari and Kiara

contact:

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black SoundCloud Icon
  • Black YouTube Icon
©Copyright 2020 honeyhands. All Rights Reserved.