• risa

glamourising interracial marriage

国際結婚の理想像を考え直す

みんなは、どんな人に魅力を感じる?わたしは優しい人とか、自分の弱さを共有できる人とか、そんな感じだと思う。みんなもそれぞれいろいろな人と出会っていく中で、こんな感じの人とうまくいくな、気が合うなとか、そういうのがあるかもしれない。こだわりが全く無い人だっているかも。そういう内面的な魅力じゃなく、外見的な魅力はどうだろう?わたしは好きになった人が好きみたいなことが多いから、別にこんな顔がいいとかは気にしたことがない。

What kind of person do you find attractive? I think I am attracted to people who are kind, or who I am comfortable enough showing my vulnerabilities to. You might have similar feelings while meeting various people throughout your life, like finding a particular person attractive or having the same tastes with someone in certain things. Or you might not have those kinds of feelings when meeting someone. What about how someone looks and not about someone’s personality? I guess for me, I like someone who I’ve realized that I like over time (if that makes any sense). I don’t really have any tendency to like someone based on their physical features.

わたしにとって、恋愛するときはこの人いい人だなーっていうのがきっかけになるから、外見は正直あんまり気にしていない。同じように、「外国人だから好き」「外国人だから付き合いたい」っていう感情も今まで持ったことがない。実際、国際恋愛をしている人の中には、「外国人だから」っていう理由で外国の人ばかりを好きになるのではなく、「無意識に、何となく」外国人に惹かれるから付き合っている人もいるんじゃないかな。わたし自身、国際恋愛を経験したことがあるけど、その時も当時のパートナーの国籍や人種が理由で付き合ったことはなかった。この人のこういうところが好きっていう理由で、好きになった人が偶然外国人だっただけ。

I find someone’s personality attractive so looks don’t really affect me. Likewise, I’ve never had the feeling that I like someone because they are from a certain country, or that I want to date someone because that person is not from Japan. Maybe people who are in international relationships have not really thought that way, and the reason why they are is just that they are attracted to a person who happens to be from another country. I’ve been there too, in a relationship with someone not from Japan. In retrospect, I think I liked him simply because he was being him and I found him attractive, not his nationality or how he looked.

でも日本には、外国人と結婚して「ハーフ」の子どもを授かりたいっていうのが夢だという人もいるっていうことを、わたしの高校時代の同級生のインスタグラムを通して知った。ハーフとして日本で生活している彼女は、最近の人種差別のトピックから派生して、ハーフやミックスと呼ばれている異なるバックグラウンドを持ちながら日本で暮らすことについてインスタグラムで発信している。彼女は、アイデンティティを否定されるようなことを、差別的な人から言われたりしてきた経験から、日本で、(一部の人が言うところの)「“純粋”な日本人」として扱われない社会で生きていくことの難しさに直面してきた。コロンビアと日本の両方にルーツを持つ彼女は、コロンビアにいた時は彼女のお母さんをみた同級生に「お前中国人だったのか?カンフーでも教えろよ、ネズミでも食べるのか?」と罵られ、日本に来てからは攻撃的なSNSユーザーから一方的に「ハーフは日本社会に凶悪犯罪など歪みをもたらす有害なものだ」といったメッセージを投げかけられたりしたそうだ。こういった発言は、自民族が優れているから他の民族やルーツを排除しようっていう考えに基づいている。どちらの国も彼女のルーツだし、そのアイデンティティは決して誰からも心無い言葉で攻撃されるべきではない。

But in Japan, certain people want to get married to people from other countries and have mixed (hafu*) kids with them -- they describe it as their dream. I came across this fact through one of my friends from high school. She shares what it’s like to live in Japan as "hafu" on Instagram. She's been facing how difficult it is to live in a society where she is not treated as “pure Japanese”. She has experienced racism in her life. Her background includes both Colombia and Japan. When she was in Colombia, her classmates who saw her Japanese mother teased her, saying: “Are you Chinese? Teach me Kung fu! Do you eat mice?”. When she moved to Japan, some random people on Twitter attacked her saying “the existence of "hafu", who have mixed backgrounds, are harmful since those people commit serious crimes”. This type of comment is based on ethnocentric ideas, thinking one’s race and people are superior to others. Both Colombia and Japan are important parts of her background and her identity should never be attacked by anyone.

* Hafu: A loanword from the English language, literally meaning “half”.

そんな彼女が最近、当事者として彼女の国際結婚に対する複雑な気持ちをストーリーに投稿したところ、国際結婚や外国人との子どもを持ちたいと思っている人たちから批判を受けたらしい。彼女があげた投稿には「国際結婚して可愛いハーフの子どもを産みたいと夢見る人がいればほんまに申し訳ないけど、子どもってモノじゃないし、国際結婚をするっていうことはすごく複雑。(中略)[日本でハーフとして生きることは]一生自分のアイデンティティについて悩まないといけないし、無責任な憧れで国際結婚をして子どもを苦しませるなって思う」とシェアされていた。これに対してハーフ当事者ではない人たちから、「夢を持つことは個人の自由だし、全てのハーフの人たちが嫌な思いをしているわけではない。ハーフの子が可愛いと思っている人やハーフに対して賛成派の人を不快にさせる投稿はやめてほしい。どんな夢でも非道徳的な夢でなければ個人の自由だ。」という意見がきたんだって。

That same friend of mine posted her mixed feelings toward international marriage from her perspective as "hafu", she was criticized by people who dream of getting married to people from other countries and have "hafu" kids. She shared an Instagram story saying: “I’m sorry if there are people who want to get married to people who are not from Japan and have kids with them, but kids are not things you just own, and getting married to someone from another country is way more complicated than you think. Living as "hafu" in Japan makes you always think about your identity. I don’t want people to simply say that they want to do that without thinking about the consequences”. Certain people who do not have mixed backgrounds sent her messages such as: “It's an individual's choice what kind of dream you have and not all "hafu" people have experienced the things you have experienced. What you posted is very uncomfortable for us or people who are for the existence of "hafu". Whatever people's dreams are, if they are not unethical then it should not be criticized ”.

わたしはこれを送る人は、そもそもハーフ当事者としての経験を知った上で送っているのかなって疑問に思ったし、「ハーフに対して賛成派」っていうのはどういうことなんだろうって思った。今時、ハーフという存在に賛成も反対もないし、それは論点が違うなっていう印象を受けた。それに、ハーフの子が可愛いって勝手に一括りにする雑なステレオタイプは道徳的なんだろうかとも感じたし、この考えを「個人の自由なんだから!」って主張してそれがまかり通るのだとしたら、それはちょっと危険だと思う。彼女もストーリーで触れているように、子どもはモノじゃない。そもそも一人の人間を育てるということは、大きな責任を伴うことだと思う。ハーフとして生まれた子ど