3 web series about queer women

おすすめのクィア女性ドラマ3選


以前、アジアのBLシリーズ人気が高まっていることをトピックにして記事を書いた。でも、それについてリサーチしている中で、「男性同士のものに比べ、女性同士のシリーズをあまり見かけないのはなぜなんだろう?」と疑問に感じた。個人的にその理由の1つには、男性同士のものに比べると、女性同士のシリーズがまだ十分な視聴者を獲得できていない現状があるのではないかな、と思っている。


I’ve written an article on the wave of popularity in the Asian BL drama series. While doing research on the topic, I wondered why there were not as many series about queer women as BL series. Personally, it might be because GL and lesbian series haven’t gotten many viewers like BL and gay series do.



この前の記事でも少し触れたけれど、最近のBLシリーズブームの視聴者層は様々だ。これまでのBL作品の読み手は女性が多くを占めてきたが、近年のBLシリーズブームはそれまでBLを読まなかった層のファンも集めている。クィアの人々が自分の経験を重ね合わせながら視聴し、パワーをもらうこともあるだろう。その一方で、女性同士のシリーズを制作する際には、視聴者をどう集めるか手探りのところもありそうだと思った。例えば、百合やGLジャンルは一定数のファンを持ちながら少しずつ成長してきたため、BLのような大きなファンダム**を形成していないと言われている。そう考えると、女性同士のシリーズの視聴者として予想される百合やGL*ジャンルのファンや、クィアの人々以外のファンをどう増やしていくかが、今後の女性同士のシリーズの需要を高めていくのに重要なのではないかと個人的に感じた。これからは女性同士のシリーズやそのファンがもっと増えて、さらに多様なストーリーがメディアで見れるようになってほしい!ということで、今日は私が観てきた女性同士のシリーズの中でも特におすすめの3つを紹介しようと思う。日本語字幕がついてないものもあるけれど、それぞれの国の言葉や社会を垣間見れて興味深いし、すべてYouTubeで公開されているので、ぜひチェックしてみてね。


* 百合 / GL(ガールズラブ) = 女性同士の同性愛を扱った漫画やアニメ、ライトノベルなどのジャンルのこと。女性同士の恋愛だけではなく、友愛、友情を描いたものを広く含んで指すこともある。

** ファンダム = 趣味・アニメ・漫画・小説・スポーツなどの分野の熱心なファンたち、また熱心なファンによる世界、彼らによって形成された文化を指す。


Since I mentioned this in the past article on BL, its drama series have been attracting a wider audience. While BL genre has been told and read by women most of the time, recent BL web series are starting to reach out to those who haven’t enjoyed it before. What these series depict could be relatable for queer people to some extent because some of them deal with themes such as coming out, interenalized homophobia etc. On the other hand, when it comes to the production of series about queer women, I can imagine that people are still figuring out how to find their target audience. Compared to BL, it seems that Yuri (GL) genre doesn’t have such a big fandom because they have been growing little by little. Those series can become popular among Yuri fans and queer people, but I personally find it important to increase the number of fans who haven’t watched this kind of series, so we will be able to watch more diverse women’s stories in the media. Today, I would like to introduce 3 queer women web series on YouTube!


* Yuri / GL (Girls’ Love) = a genre of Japanese media focusing on intimate relationships between female characters. It is commonly associated with manga, anime and light novels. The genre is inclusive of not only romantic relationships but also emotional and spiritual relationships between women.



1. 親愛的天王星 Dear Uranus(台湾・2021年)全3話 英語字幕あり

台湾のレズビアンカップルYouTuber『Rabbit & Wolf』がプロデュースした全3話のミニGL*シリーズ。台湾では2019年に同性婚が法制化されたにも関わらず、BLシリーズに比べGLシリーズの数が少ないことを疑問に思って制作を決めたそう。


1. Dear Uranus (Taiwan・2021) 3 episodes

This series is produced by Taiwanese lesbian couple YouTuber “Rabbit & Wolf”. They decided to make it because there are not many GL series as BL even though same-sex marriage was legalized in Tawain in 2019.





<あらすじ>

このシリーズで中心になるのは3人。テコンドーがうまく、周りから注目を集めるロウニン。そんなロウニンに思いを寄せているイーチン。そして、元カノのことが忘れられないジンチェン。ロウニンと元カノの間に似たものを感じるジンチェンは、ロウニンが気になり始める。イーチンとジンチェンから好意を寄せられたロウニンはどうするのか…?


このシリーズの中の3人の女の子たちがみんな個性的でとても素敵!また、3人ともショートヘアだったり、部活がテコンドーだったりして、従来の「女性らしさ」からあえて外れようとしている印象を受けた。性的同意をしっかり描いてたり、レインボーをモチーフにした小物が使われていたりして、「そうそう、こういうのが見たかったんだ!」って希望を感じる作品だった。

1エピソード10分×全3話と時間が限られているため、各キャラクターの背景や気持ちの変化を丁寧に見られなかったのは少し残念。でも、台湾発GLシリーズのスタートとしてはとてもよかったと私は思う!もっと、アジアのGLやレズビアンの物語が増えてほしいな。


<Plot>

The main characters are three high school students, Ruo Ning, Yi Ching, and Jing Chen. Ruo Ning is in the Taekwondo club and she attracts attention from people around her because of her good skills at it. Yi Ching seems to have feelings for her. Although Jing Chen hasn’t gotten over her ex, she’s starting to be interested in Ruo Ning because she finds something in common between her ex and Ruo Ning. Who is Ruo Ning going to choose between Y