a casual comment that led to community

小さな一言と、そこから得た経験


2020年は、対面で、マスクをつけていない相手の顔を見て会話をすることが簡単ではなくなった1年。そんな中、幸せなことに私の何気ない一言から新しい人や場所との出会いがあり、そこから多くの知識を得た1年になった。初めての経験や挑戦が多かった分、感じたことのない達成感や喜びを感じることができた。振り返ると、誰かに自分の望んでいることを伝える大切さを感じている。今回は、この1年の私の経験とそこから私の思うことについて話そうと思う。


Last year, it became difficult for us to see someone without a mask on in person. However, that year, I took a new step, and I gained lots of knowledge from new people that I met and new places I discovered. Because I had tried some new things and faced new challenges, it gave me feelings that I did not know before. And, looking back at this year, I realized how important it is to tell someone what I want to do. This time, I will share my story that made me think so.



約1年前にとある団体に出会った。きっかけは去年の1月から2ヶ月間、お世話になったインターン先の職員さんとの出会い。一昨年1年間の留学中に学び始めたジェンダーやフェミニズムを日本でも学び続けたいと思っていた私は帰国してから、DV被害に遭った方たちやシングルマザーの方たちへの支援、女性の社会進出への支援活動を行っている企業でインターンをしていた。そこでの職員さんとの会話の中で、私が「同世代でジェンダーとかフェミニズムの話ができる人に出会いたいですね」と何気なく言ったことがあった。すると、職員さんが「rioさんと同年代の人たちが活動している団体に繋げましょうか?」と言ってくださり、すぐにその団体に関する情報を共有してくださった。初めてその団体の人たちに会ったのは団体活動の1つとして行われていた「平和環境について学ぶ」イベント。正直、私は「平和環境」についてあまり知らなかったから、最初は活動している人たちと会話が成り立つほど私には知識があるだろうか、と少し不安になっていたのを覚えている。だけど、このイベントを通してみんなが「一緒に」学んでいくという感覚を味わえた。そのイベントには、私以外にも平和環境について知らない人が参加していたけれど、平和環境を学んでいる人たちは私たちの意見も興味深そうに聞いてくださっていた。わからないことに対して「わからない」と自然に言えて、「知りたい!」と思えば一緒に知るための環境を作ってくれる空間が、そこにはあった。


About one year ago, I met an organization. Because I was enthusiastic about gender and women’s studies when I studied in the U.S. and I hoped to keep learning after I was back in Japan, and to focus on the situation in my country, I applied for the internship at a company working on supporting women, like single parent mothers or victims of domestic violence. One day, when I casually said ”I really want to see people who are my age and can talk about gender or feminism,” an employee told me, “Do you want me to help you connect to those people?” She shared information about the organization right after. When I met the people who were part of the organization, it was at an event they were talking about “peace.” I remember I wondered if I had enough knowledge to talk to them. I did not have much knowledge about this kind of field, so I was nervous, but I think I felt like “this is the way of learning together” at that time. There were more people like me there, but people who studied in that field seemed to be curious about what we thought and had to say. In this organization, if I didn’t know something, I could say I do not know, and if I said I wanted to know more, I could make space to learn with these people.



そのイベントがきっかけとなり、