believing in something bigger

大きな存在は実在する?


私は物心がついてからずっと無神論者だった。私の家は一応仏教徒ってことになっているけど、私はそんなに信仰深くないし、目に見えないものは信じないっていう現代社会の科学的アプローチに憧れていた。私の趣味は西洋絵画や洋画鑑賞だから、よくテーマとして扱われるギリシャ神話やキリスト教について、知識としては詳しくなったけれど、神様の存在を信じるっていうのはいまいちピンときていなかった。


I was an atheist ever since I can remember. My family believes in Buddhism, but I am not religious and I like the scientific approach in modern society which does not believe in what you cannot see. Since I like to look at western paintings and watch western films, I became familiar with the Greek myths and Christianity which are often used as themes, but the idea of believing in gods didn't quite click with me.



その考え方が変わったのは、去年の終わり頃に見た『Designing Your Life』というTEDトークがきっかけだった。この動画では「人生デザイン」という、自分の人生をデザインする方法の考え方について話していて、その中に「重力問題」というものがあった。「重力問題」というのは、例えば一緒に働く人の性格のように、重力と同じで自分には変えられないものや、自分でも変えようと思わないものは、環境として受け入れ、諦めるしかないという考え方。私はその動画を見ながら、「なんだかこれってどこかで聞いたことがあるぞ」と思った。


That mindset changed when I saw a TED Talk called Design Your Life late last year. The video teaches you about life design including the mindset on how to design your own life, and one of the topics is called ‘Gravity Problems’. Gravity Problems are something already fixed, like gravity, or something you don’t ever think to change, such as the personality of your colleague – you just have to accept it as it is. As I was watching the video, I thought I’ve heard of this idea before.



私は去年からヨガや瞑想を始めて、それらの元になっている思想のウパニシャッド哲学*や仏教について調べたりしていた。その時に、有名なマントラ**を集めたウェブサイトで見つけたのが、「ニーバーの祈り」というマントラで、「神よ、変えることの出来ない事柄については、それをそのまま受け入れる平静さを、変えることの出来る事柄については、それを変える勇気を、そして、この二つの違いを見定める叡智(えいち)を、私にお与えください。」というものだった。調べてみたら、本当はこのマントラは仏教ともウパニシャッド哲学とも関係なくて、アメリカの神学者であるラインホルド・ニーバーが考えた言葉らしい。でも、仏教僧である寂天(じゃくてん)も「困難が我々を襲った時、治療法があったなら、落ち込まないといけない何の理由があるだろうか。もし助けになるものが何もないなら、落ち込むことが何の役に立つだろうか」と『入菩薩行論』という本に書いているらしいから、仏教的な考え方をニーバーは持っていたのかもしれない。ニーバーの祈りも、寂天の言葉も、どちらも人生デザインの考え方と近いものがある気がする。変えられないものは受け入れて、変えられるものに対しては対策を練るという考え方だけど、ただ、ニーバーの祈りと寂天の言葉は宗教がベースの考え方になっていて、人生デザインは自分の意思や論理的思考がベースになっているという違いがある。


* ウパニシャッド哲学バラモン(司祭者)のもとでヴェーダの神々を崇拝する宗教をバラモン教と呼ぶが、この宗教の祭式至上主義・形式主義に満足できなく、内面的な思索を重視した一派の哲学。輪廻転生の思想を生み出したことで有名。


** マントラ = 真言。人に霊的な変容をもたらすとされる、祈りや瞑想などで唱えられる聖なる言葉。または、無意識に何度も口にする持説、信念、主張。


Last year, I started doing Yoga and meditation, and I’ve been researching Upanishadic Philosophy* and Buddhism, which are the base of both yoga and meditation. At one point, I found a mantra called ‘Serenity Prayer’ on a website that has a collection of famous mantras, and it goes: ‘God, grant me the serenity to accept the things I cannot change, courage to change the things I can, and wisdom to know the difference.’ I did extra research on it, and found out that this mantra has nothing to do with both Buddhism and Upanishadic Philosophy, but was written by American theologian Reinhold Niebuhr. Also, the Buddhist monk Shantideva wrote ‘If there's a remedy when trouble strikes, what reason is there for dejection? And if there is no help for it, what use is there in being glum?’ in a book called ‘The Way of the Bodhisattva’. Niebuhr also might have had a Buddhist perspective. I feel like both Serenity Prayer and Shantideva’s words are close to the idea of life design. They are all based on the idea which tells you to accept what you can’t change, and work on the things that you can change. The only difference is that Serenity Prayer and Shantideva’s words have religion as their base, while the life design is based on your own will and logical thinking.


* Upanishadic Philosophy = a philosophy made by those who were not satisfied with Brahmanism, which is a religion that worships the Vedic gods under Brahmins (priests), for ritual supremacy and formalism. It emphasises inner contemplation. It is famous for having created the idea of reincarnation.



また、そんな風に哲学について調べるきっかけになったヨガをやっているときも、瞑想をしているときも、「let go(手放す)」という単語がよく使われる気がする。この言葉も、見方を変えれば、自分の中にある執着やもやもやした気持ちを手放して(let go)、現状を受け入れたり、自分の中にあるものを整理するということだから、先ほど書いた考え方とも似ていると思う。でも、執着を手放すのって難しい。私は特に、人生のすべては自分でコントロールしたい!って思うところがある。だから、例えば全然私の話に聞く耳を持ってくれない相手とは「議論してでも相手の考えを変えたい」と思ったり、過去に嫌なことをされた思い出を手放さずに、「いつかやり返してやる!」とか心の中で思っていたりする。もちろん、自分の信念を持ち続けるのは大切なことだけど、こんな風にずっと自分とは違う考え方にもどかしさを感じたり、怒りを抱えたりするのは心が疲れる。私はそのネガティブな感情を抱えることで消費するエネルギーをとっておいて、自分の譲れない、大切な行動をする時に使いたい。だから、私には変えられない他の人の考えや感情などをコントロールしたがるこの気持ちを手放したいとずっと思っているんだけど、今までの生き方や考え方を手放すのは難しくて、なかなかうまくいかない。私の想像の範囲にすぎないけど、もし神様などの人生よりも大きいものを信じていたら、手放すのはもっと簡単なんじゃないかと思う。困難な状況では「神様が自分に課した試練なんだ」と受け入れることができたり、嫌なことをされた思い出を、神様が受け止めてくれてると思うことで、私の気持ちは楽になるのかもしれない。


Also, I often hear the term ‘let go’ when I’m doing yoga or meditation. If you look at this term from a different perspective, it also means to let go of your obsessions or uncertain feelings and accept the situation you are in, and sort out what’s inside your mind. I think it’s a similar mindset as I just wrote above, but it is hard to let go of your obsessions. For example, I have a tendency to want to be in control of everything in my life; when someone doesn’t listen to me at all, I want to change their mind, even if that means arguing with them, or I can’t let go of what people did to me in the past, and think that I’ll get back at them someday. Of course, it’s important to have faith, but it is exhausting to get frustrated or angry all the time at people with different mindsets. I want to save energy that I spend on negative thoughts and use it for something non-negotiable and important for me to act. I’ve been trying to let go of this feeling of wanting to control others’ feelings and thinkings which I cannot change, but it has been hard to get rid of the way I was thinking and living before. Although it is pure supposition, I think it would be easier to let go of things if you believed in something bigger in life, like God. I might feel better by accepting tough circumstances as a challenge that God put on for me, or thinking that God would accept my past bad memories.



こうやって考え始めるにつれて、今まで「非科学的」ってシャットアウトしてきた、宗教的な話題にもっと興味が出てきた。もちろん宗教の中には、同性愛嫌悪とか、性差別的な記述があるとか、私が気になる問題点はたくさんある。だけど、もしかしたらそこには、生きやすくなるためのヒントも隠されているのかもしれない。もともとは科学的根拠のないものだと思われていた瞑想やマインドフルネスにもストレスの軽減や免疫の向上、睡眠の質の向上など、脳科学的な効果の裏付けが出てきたことを考えると、非科学的とか科学的とかなんでもジャッジするのはナンセンスな気もする。


As I started to think this way, I became more interested in religious topics that I used to shut out as ‘unscientific’. There are some issues in religion that bother me, such as homophobia and sexist statements. Yet, maybe there are some hints that would make our life easier. Considering meditation and mindfulness, which originally wasn’t scientifically proven, have been proven now to be effective in reducing stresses, improving immunity and quality of sleep, I think it is nonsense to judge anything as scientific or unscientific alone, without other considerations.



結局、今の私が神様の存在についてどう思うのかというと、神様の存在はあるともないとも思わない。何らかの宗教を信じはじめたというわけではなくて、生きやすくなるためには神様というか「大きな存在」、自分を見守って、受け入れてくれる存在が私には必要なのかもしれないと思い始めた。だから、自分自身の執着に苦しんでいるときや、「重力問題」にぶつかった時にだけ、私の神様にひょっこり出てきてもらおうかな、と思う。


After all, I’m not sure what to think about the existence of God. I don’t think God exists or doesn’t exist. It’s not that I started to believe in some kind of religion, but I came to realise that maybe I need something bigger that will watch over me and accept me for who I am, in order to make my life easier. So, I might ask my own God for help only when I’m struggling with my own obsession or I have Gravity Problems.


Images by Lala

English Translated by Yayoi

English Edited by Karin

Edited by Hikari Sawada and Hikari

0件のコメント