• nana

cherishing my past self

毎日泣いていたあのときの私を、大切にしたい


これまで私は、二度の就活を経験した。最初は大学4年のときで、二度目は大学院2年生の今。二度目の就活途中の今、わたしが二度の就活を経験して感じた心の変化を書きたいと思う。


So far, I have done job-hunting twice. The first time I was a fourth-year undergraduate student, and now I am in the second year of my master’s degree. Today, I would like to tell you how I have experienced changes in my emotional state throughout these two job-hunting experiences.


まず、一度目の就活をしていた大学4年生のときのわたしは、いつも心が苦しかった。そのときのわたしは「世の中にある問題を伝えたい」という思いから、志望者も多くて競争率の高い大手のマスコミばかりを受けていた。当時いろんな場面で感じてきた「競争する」という殺伐とした雰囲気。例えば、わたしが通っていた大学には、マスコミ志望者のためのセミナーがあって、そこで出会った就活生からはいつもライバル意識を感じた。セミナーに指導者としてやってくるマスコミ業界のOBやOGの人たちも、就活生を励ます言葉は少なく、競争心や焦燥感を煽りながら指導する傾向が強かったように思う。


My first job-hunting experience put so much weight on my mind. Hoping to report social issues, I focused on large media companies which were competitive and had a large number of candidates. I felt the “dog-eat-dog” kind of vibes on many occasions. For example, my university held seminars for students who wanted to be journalists and I always picked up a keen sense of rivalry between participants there. Speakers at those seminars who have experience in the media industry also had tendencies to incite competitions and frustration among students, as opposed to encouraging us.



もちろん、競争意識やライバル関係がモチベーションとなって「がんばろう」と思える人もいるだろうし、実際のマスコミの世界ではそういったことが普通なのかもしれない。でもわたしは、その状況を糧にしてがんばろうと思える人ではなかった。それに、そのときのわたしは「わたしには合わないから別のところを受けよう」とすぐに志望する業界を切り替えられたわけでもなく、「嫌だなあ」と感じながらも、その気持ちに蓋をして、エントリーシートを書き面接を受け続けていた。


Of course, there are people who are encouraged by competition and rivalry. Maybe, those things are natural in the media world. However, I was not the type of person who could stay motivated in a situation like that. Also, I couldn’t bring myself to say “this is not for me. I should just apply to other companies” and shift to different industries. I felt uneasy, but I put a lid on my feelings and kept on going with writing CVs and going to interviews.



「嫌だなあ」と感じていたのは根本的に、そういったマスコミの世界とわたしの性格が合っていなかったからだと思う。元々わたしは、自分と他人を比べてしまいやすい性格だ。それゆえ、劣等感も抱きやすい。だから、ライバル心や競争心が感じられたマスコミ就活は、わたしとマッチするはずがなかった。それでもわたしは、「大手マスコミに就職することでしか伝える仕事は実現できないもの」だと無意識のうちに思い込んでしまい、自分にとって、精神的に健康でいられる就職先を視野に入れることができていなかった。そして、辛いと感じる自分の気持ちに向き合うことができず、どんどんとストレスがたまっていき、わたしは毎日が苦しくてよく泣くようになった。でも、あのときの私は、自分が「何に嫌だと感じ、どうして苦しかったのか」といった心のサインに気づけていなかった。


I think the reason why I felt uneasy was essentially because I couldn’t keep up with the competitive media industry. By nature, I tend to compare myself with other people and, therefore, I could easily fall into a pattern of feeling inferior to others. Looking for a job in the field full of competitions and rivalry was undoubtedly not for me. Yet I subconsciously convinced myself to think that getting a job in a big mass media company is the only path to make my dream come true. I couldn’t even take a glance at companies which could have been good for my mental health. Since I was unable to face my real feelings, my stress piled up. Every day was hard and crying became my daily routine. I wasn’t able to realise either what I didn’t like about it or why it was hard, nor my cry for help.



そのサインに気づくことができたきっかけは、兄からかけてもらった言葉だった。最初の就活でわたしは、既に社会に出て働いている兄によく相談に乗ってもらっていた。当時、兄との電話でわたしが口にする言葉はいつも自分を否定するものだったと思う。そして悩むわたしに、あるとき兄は「そんなに辛いなら、離れて良いんだよ」と言ってくれた。その兄からの言葉で初めてわたしは、「今、自分は辛いんだ」ということを認識できたと思う。


What made me realise that I was actually looking for some help was the heart-warming words from my brother. The first time I was job-hunting, I would often ask my brother for advice because he had already started working. Now that I think about it, whenever I talked to him I made a negative comment about myself. One day, he told me that it’s okay to escape from something that puts too much weight on me. Then I finally realised that I was suffering from the current situation.


それから、わたしはマスコミの就活に区切りをつけて大学院に進学した。理由は、自分と将来のやりたいことを見つめ直す時間をもうけるためだったり、大学院には「少しでも自分ができること」と「好きなこと」があったからだ。


After that, I put a stop to my job-hunting and decided to go to grad school so that I could spend more time thinking about what I really wanted to do in the future. Also, my grad school gave me a chance to do what I could do and what I liked to do.



大学院での生活は、それまでと大きく環境が変化した。大学のように大人数での授業はなくなり、わたしの専