(dis)connections

(ディス)コネクション


I’m a person who grew up in the era where it was common to meet people online through affinity spaces like forums, blogs, and social media. As such, I have plenty of friends that I met online. Once, I think ‘online’ friends would have been considered a different type of friend – maybe one that knows less about you or only knows certain sides of you – but now, my perception of them has changed. Our lives are increasingly spent online, especially now in this current world health situation, and it’s difficult to think of differences that distinguish ‘online friends’ from ‘real friends.’ These ‘online friends’ are people that I have spent hours with, even if they were spent in two different places in the world. We have played video games, watched movies, streamed concerts, binge-watched television series, and just talked in the same way that I would with a friend that I met at university or knew from childhood. I have also met up with a number of these ‘online friends’ in real life. We have traveled together, stayed at each others’ homes, shared meals, gone to events, and drank together.

現代に育った私にとって、インターネット上で人と知り合うのはいたって普通のこと。フォーラムやブログ、SNSには、共通の話題を持つ人たちが集まるし、私にもオンラインで知り合った友達がたくさんいる。前までは、「オンラインの友達」と言うと、あまり深い付き合いではなかったり、自分の一面しか知らなかったり、現実の友達とは別のタイプの「友達」だと見なされたかもしれない。けれど今では、私はそうは思わなくなった。パンデミックの影響で、私たちはオンライン上で過ごすことが多くなり、「オンラインの友達」と「現実の友達」を区別するのが難しくなった。「オンラインの友達」とは、たとえ遠く離れた場所にいたとしても、何時間も一緒に過ごしたことがある。一緒にゲームをして遊んだり、ストリーミングで映画やコンサートを観たり、ドラマを一気見したり、大学の友達や幼なじみと同じように話をした。これらの「オンラインの友達」と実際に会って、一緒に旅行したり、お互いの家に泊まったり、料理をシェアしたり、イベントに出かけたり、お酒を飲んだこともある。



Recently, I’ve made other friends online but not in traditional online spaces – rather, I’ve met them in academic settings. Because my graduate school classes have been online since the beginning of my degree, I’ve had to form relationships with my peers in ways that I have not had to before. Normally, I would have been in classrooms with these people, but now our interactions have been limited to those mediated by technological capabilities. Still, humans are resilient and always seek out connections with other humans and we have learned to cope. We have organized game nights, messaged via Discord, watched movies, video-chatted, and more. Many of these people, like the friends that I’ve met through affinity spaces, are still friends to me.


最近、またインターネット上で友達ができた。今回は、今までとは違って、アカデミックな環境で出会った。大学院の授業は、入学してからずっとオンラインで行われているから、これまでにはなかった形で人間関係を築かなければならなくなった。本来なら、同じ教室で講義を受けていたはずのクラスメートたちと、今はテクノロジーを介した交流方法に制限された。でも人間は立ち直りが早くて、常につながりを求める生き物だから、私たちはこんな状況にも対処する方法を身に付けた。大学院の人たちとは、ゲームナイトや、Discordを使ってメッセージを送り合ったり、映画観賞、ビデオ通話など、色々な方法で交流している。こうして知り合った大学の人々の多くは、フォーラムやブログ、SNSのような場所で出会った「オンラインの友達」と同じように私の友達になった。


I suppose what I am trying to say is that I don’t believe that people we meet online necessarily belong to a certain ‘online only’ domain of our lives. For me, the friendships that I have with these people are as real as the computer that I am touching as I type or the chair that I am sitting on. Beautiful connections can be made with people that you meet online and often, I find it easier to open up to them emotionally. I think that having the potential to start the relationship with online friends as potentially anonymous or with more control over what they know about me has made me more comfortable with showing them different sides of me – my very best sides but also things that other people might consider strange or weird. I have known some of these friends for six years or even longer and I truly believe that our friendships are ones that will last for a long time. I don’t think that the fact that they are mediated by technology does much to influence the strength or quality of our connections.


要するに私が言いたいのは、インターネット上で出会った友達だからと言って、「オンラインの世界だけ」という特定の領域に属しているわけではないということだ。私にとって、インターネット上で出会った「オンラインの友達」との友情は、今私がこの文章をタイプしているパソコンや、今座っている椅子と同じくらいリアルなもの。インターネット上で出会った人々との間に素晴らしい繋がりが生まれることだってあるし、私にとっては、彼らに心を開きやすいと感じることも多い。「オンラインの友達」とは、匿名で始めたり、相手が自分について知っていることの範囲をコントロールできるから、私の様々な面を見せるのに抵抗が少ないと思う。私の最高の面だったり、他の人には変だと思われるような、色々な面。「オンラインの友達」になって6年以上経つ人たちもいて、これからも長く続いていく友情を築けていると私は心から信じてる。テクノロジーを介しているからといって、繋がりの強さや質にはあまり関係を与えるとは思えない。



However, that being said, I’ve been feeling more isolated than I thought I would be during this pandemic in terms of friendship. Take my graduate school friends for example – in a normal situation, we would be able to eat lunch together, get coffee before class, chat during breaks, or maybe go for drinks after class. But having to know them only online has taken away many of these opportunities to talk, get to know each other, and really understand what other people are going through. This is made worse, I think, by the fact that my classroom is also my bedroom. I don’t have a separate learning space and it’s difficult for me to disconnect in the same way since there’s no leaving school behind – it’s in view always, even when I sleep. As a result, I often feel isolated and overwhelmed when it comes to my schoolwork and experience Imposter Syndrome* without the spaces to decompress and vent about school.


* Imposter syndrome: believing that you are undeserving of your achievements and thinking that you are not as competent as you seem


そうは言ったものの、今回のパンデミックの間、友達関係で私はすごく孤独を感じた。例えば、大学院の友達とは、いつもなら一緒にランチを食べたり、授業の前にコーヒーを飲んだり、休み時間におしゃべりしたり、放課後には一緒にお酒を飲みに行くことだってあったはず。でも、今はオンラインを通してしか知り合うことができないせいで、話をしてお互いをよく知る機会や、相手の近況を理解する機会が多く奪われてしまっている。さらに自分の部屋が「教室」であることも、状況を悪くしたと思う。他に勉強できるスペースはないし、寝るときも勉強スペースが目に入るから、「学校」から離れられずオフモードに入るのが難しい。そのせいで、課題をする中で孤独を感じたり気後れしてしまうことがよくあるし、学校のことで気持ちを落ち着かせたり不安を発散できなくなってインポスター症候群* にもなった。


* インポスター症候群:自分は成功に値しないと信じ、自分の能力は見かけより劣っていると考えること



Furthermore, although many people have been able to find success dating online and through apps, it’s not something that I think is possible for me. It’s not that I don’t understand the potential of these things. I became an adult right when dating apps like Tinder were introduced and I’ve used these apps before. I know many people that have met current or past partners via apps or dating websites so I believe that it is possible in that sense. It’s just that I don’t think it’s possible for me.


さらに、マッチングアプリでパートナーを見つけている人はたくさんいるけど、私には多分できない。アプリが持つ可能性が分からないわけではない。私はTinderのような出会い系アプリが使われ始めた頃に大人になったから、そういうアプリを使ったこともある。出会い系アプリやサイトでパートナーや過去のパートナーと出会った人もたくさん知っているから、出会うこと自体は可能だと思う。ただ、私には合っていないだけ。


I have chatted with a few nice people on dating apps but as for actually dating, nothing ever comes of it. I quickly get bored of these tedious interactions – of checking my inboxes and waiting for replies, of drafting messages, of composing biographies, of selecting pictures that I believe portray me in a way that I want to be perceived. I can’t seem to make connections with people in this way, which doesn’t quite make sense to me given that I’m so open to other kinds of relationships through technology. I am the kind of person who is attracted to someone based on their energy and I think our natural auras get lost in these kinds of situations.


出会い系アプリで話した何人かは良い人だったけど、実際にデートをしてみると、何も生まれなかった。メッセージが来ているかチェックしたり、返事を待つことや、新しいメッセージやプロフィールを作ったり、自分が人に見せたい通りの「私」が写っている写真を選んだり、私はこういった退屈なやり取りにすぐに飽きてしまった。私はこういったアプリを通して人とつながることはできないみたい。他のテクノロジーを通してできるつながりに対してはすごくオープンなのに、なんでだろう。私は、その人が発するエナジーに惹かれるタイプだけど、出会い系アプリのような場所ではお互いの自然なオーラは感じにくくなってしまうのだと思う。



Through technology, we are presenting mediated versions of ourselves. Every aspect of our technological presences is selected by us – from the room divider that I have up behind me during my lectures to hide my open-concept closet to the angle of the camera when I take a picture. We are often so focused on putting our ideal versions of ourselves out there that our authentic selves get lost in the process. This is perhaps also why I still feel slightly isolated from my schoolmates. Though we have connected in an online community, I still feel insistent on showing them the best version of myself.


私たちはテクノロジーを通して、取捨選択したバージョンの自分を表現している。テクノロジー上での姿は、一部ずつ自分で意識的に選ばれ、作り上げられているものだ。例えば、講義中に私の後ろのオープンクローゼットを隠すために立ててある間仕切りや、写真を撮るときのカメラの角度など、テクノロジーを使って理想の自分を表に出すことにとらわれて、その過程で本当の自分が表現されなくなってしまうことがある。これも、私が学校の友達から多少孤立しているように思える理由かもしれない。オンラインのコミュニティではつながっているけれど、一番良いバージョンの自分を見せることに固執してしまっている気がする。



Strangely enough, though most of my non-immediate relationships have moved online during this pandemic, I find that my relationships with people that I had met online long before this pandemic started have been even more important than ever before. Most nights of the week, I find myself connecting with them in some way. I suppose this situation has intensified these relationships in the same way that it has lessened the intensity of relationships where most of what we would do is out in a world that is inaccessible to us now. I think this may be because in the past, unlike now, socializing online was something that I did as a hobby and not out of necessity. So while I’m still socializing online, the people that I wouldn’t normally have online interactions with feel more difficult to talk to. Being thrust into this situation, we haven’t established ways of being friends online like I have with the people that I met online long before the pandemic. For example, I have no idea their online habits - how often they are online, what kinds of technology they are accustomed to, what they find boring or fun to do through technology. On the other hand, with these other pre-pandemic online friends, since we met through these online spaces, I know approximately when they will be online, what kinds of things we like to do together, and more. Simply, we have more practice interacting and building sustaining relationships through technology so this pandemic has not made much of a difference for us. Curiously, though I feel drained at times conducting my day-to-day affairs through my computer, I don’t seek solace from them. If anything, being online all day has only made me want to seek them out more.


不思議なことに、このパンデミックによって、私の目先の人間関係のほとんどはオンラインに移行したけど、パンデミックが始まるずっと前にオンラインで知り合った人々との関係は、以前にも増して重要になってきている。ほとんど毎晩、彼らとは何らかの形で繋がっている。パンデミックという状況によって、オンラインの友達との繋がりが強まったのと同じように、オンライン以外の場所を通して繋がっていた人たちとの関係性は弱くなってしまったみたい。これは前までは、インターネット上で誰かと交流することは趣味の一部で、今のように必要に駆られてすることではなかったからかもしれない。オンラインで人と交流するのには慣れているけれど、パンデミック前にオンラインでやり取りすることがなかった友達とオンラインで交流するのがより難しく感じる。オンラインでしか交流できない状況に追い込まれると、こういう人たちとオンラインで友達関係を築く方法はまだ分からなくて、パンデミックが起こるずっと前にできた元々オンラインで知りあった友達のときのようにはいかない。オフラインで知りあった彼らがどのくらいの時間をオンラインで過ごすのかだったり、どういうテクノロジーに慣れているのか、テクノロジーを使って何をするのが好きで、つまらないと感じるのか、といった彼らのオンラインでの習慣を私は知らない。逆に、パンデミック前からのオンラインの友達とは、オンラインスペースで出会ったこともあって、彼らがいつインターネット上にいるのか大体わかるし、何を一緒にすれば楽しめるのかなど、だいたいのことは知っている。単に、テクノロジーを使って交流したり、長く続く繋がりを作ることに慣れているから、オンラインの友達とはパンデミックの影響はさほど受けなかった。一日中パソコンを使って日常のタスクを片付けているとパソコンから離れたいと感じると思うかもしれないけど、そんなことはない。むしろ、一日中ネットに接続していることで、もっとオンラインの友達と過ごす時間を求めるようになったのです。


I’m not sure which of my relationships will change again if and when the world ever gets to be some semblance of normal, but for now, I’m grateful that no matter where these friends that once may have been called ‘online friends’ are in the world, I can feel connected to them. It’s reassuring that in this time of unforeseen changes and upheaval, they are able to provide me with consistency and the feeling that even in the worst of times, some things will never change.

世界が正常な状態に戻ってきたとき、誰との繋がりが変わることになるのか、私には分からない。ただ、今は、かつては「オンラインの友人」と呼ばれていた友達が世界のどこにいても、彼らとつながっていると感じられることに感謝してる。予期せぬ変化や激動の時代に、彼らが日常において一定な存在としていて、何が起きてもも変わらないものがあるという感覚を与えてくれるのは心強いことだ。


Images by Caitlyn

Japanese Translated by Mia, Hikari and Kiara

Edited by Eli and Hikari


0件のコメント