how do you see your life in the future?

将来どう暮らしていきたい?

How do you see your life in the future?


この前、大学時代の友達とランチをした時、共通の知り合いが結婚したことを知った。それまで、私の周りの身近な人たちの中で結婚している人はいなかった。だから、そのことをきっかけに、私はここ数ヶ月、「結婚や家族って何だろう?」「自分は将来どういう生活や暮らしがしたい?」ということをより考えるようになった。


When I had lunch with my friend from college the other day, I found out that our mutual friend got married. I haven’t had any married friends, so it made me think, “What is marriage/family?” and “How do I want to live my life?”


これまで、友達たちと結婚の話になると、結婚は人生のゴールの1つのように扱われていた記憶がある。「もし将来結婚できなかったらどうしよう」「◯歳までにはさすがに結婚したいわ〜」というような言葉を今もよく聞く。そういう会話の場では、「みんないつかは結婚するよね!」という前提が無意識のうちに共有されていて、結婚をしない、またはできないという選択は、ほとんどの場合想定されていない。


When it comes to marriage, (I feel like) it has always been considered as one of our life goals. When I talk about it with my friends, I still often hear some of them saying, “What if I can’t get married?” or they want to get married before turning a certain age. I’ve honestly felt a little sad in those situations, because they usually share the idea that everyone should get married at some point, without thinking about those who don’t want to marry or can’t marry.



そもそも「結婚」って何だろう?日本で「結婚」というと、婚姻届を提出している異性カップルを想像する人が多いんじゃないかな。「結婚」という言葉がさらに広い意味で使われることもある。婚姻ではなく事実婚を選んだカップルや、法的に婚姻が認められていないからパートナーシップ制度を選んだカップル、その他にも人の数だけ多様な関係性が存在している。現在日本で認められている「異性同士の婚姻」という意味での「結婚」は、将来女性のパートナーと生きていきたいと思っている私にとって身近な存在ではない。だから、知り合いが結婚したという知らせを聞いた時や、芸能人たちが結婚したというニュースを目にした時、それらが私には少し遠い出来事のように感じることもある。もちろん、同性婚や選択的夫婦別姓を取り巻く状況は、近年、少しずついい方向に変化しているように見えるけど、より多くの人にとって平等な婚姻制度になるためにはもう少し時間が必要かもしれない。私は、近年、「婚姻制度」については、疑問を持ったり考えたりしてきたけど、制度が整っていないこともあって、自分自身の「結婚」についてはあまり具体的なイメージを持ったことがなかった。


What is “marriage” anyways? I’m sure that a lot of people in Japan think of heterosexual couples for that term. “Marriage” can be used in a broader meaning. There are as many other diverse relationships as there are people; couples who chose de facto marriage, couples who chose the partnership system because marriage is not legally recognized. As I would like to live with a female partner in the future, “Marriage," in the sence of two people of the opposite sex, which is currently recognized in Japan, is not something I feel familiar with. So when I hear that someone I know has married or see news of celebrities getting married, it sometimes feels like a somewhat distant thing to me. Of course, the situation surrounding same-sex marriage and selective surnames seems to have changed a bit for the better in recent years, but it may take more time for an equal marriage system for all. I have been questioning and thinking about the "marriage system" in recent years, but never really had a concrete image of my own "marriage," partly because the system is not in place.



そんな時、前から気になっていた韓国のエッセイ本『女ふたり、暮らしています。』を図書館で借りて読んだ。帯に「シングルでも結婚でもない、女2猫4の愉快な生活」というキャッチコピーがあるように、この本は、友人同士であるキム・ハナとファン・ソヌの共同生活をそれぞれの視点から綴ったエッセイになっている。2人の出会いから共同生活に至るまで、そして、実際に共同生活を始めてから見えてきたお互いの性格の違いなど、この本にはクスッと笑えるエピソードが色々なところに散りばめられている。ここまでだと、「普通のシェアハウスと何が違うの?」と思うかもしれない。でも、この共同生活はある点で決定的に異なっている。それは、2人が賃貸ではなく、ローンを組んでマンションを共同購入している点だ。この「友達とマンションを買って一緒に住む」という暮らし方は、私にとって衝撃的だった。自分が将来どう暮らしていくんだろうと考えた時、「シングル」もしくは「パートナーと暮らす」という2つの選択肢しか思い浮かばなかったからだ。私の周りにはその選択肢以外の暮らし方を実践している人はいなかったし、今まで見てきたドラマや映画、本などでも、そういった新しい暮らしの形をあまり目にしてこなかった。だから、「気の合う友達と暮らしていくこともできるのか!楽しそう!」と、私はこの新しい暮らし方に希望を感じた。


At that time, I borrowed from the library and read a Korean essay, "Two Women Living Together (여자 둘이 살고 있습니다)," which I had been wanting to read for some time. As the blurb says, "Neither single nor marriage, the joyful life of two women and four cats," the book is an essay about the shared life of two friends, Kim Hana and Hwang Seon-woo, from their perspectives. This book covers from how they met to how they started living together, and funny stories of the differences in their personalities that came to light after they started living together. You may be thinking “what’s the difference with a regular share house?” One significant point is that the two are not renting, but rather taking out a loan to jointly purchase a condominium. This way of living, "buying an apartment with a friend and living together," came as a shock to me. When I thought about how I would live in the future, I could only think of two options: being single or living with a partner. I didn't know anyone around me who was living any other way, and I hadn't seen these new ways of living in the shows, movies, and books that I had seen. So I thought to myself, "I could live with close friends! Sounds fun!" and I felt hope for this new way of living.



また、この本のレビューには、「相手方の両親に気を使わなくていいから羨ましい」などの声も多く寄せられたそうだ。お互いの親はあくまでも「友達の両親」という位置づけ。もしこれが「結婚」だったら、義父母に対して「気を使わないと…」と思ってしまいそうだけど、友達の両親であれば何かをしないといけないという義務はない。そういった相手方の家族とどう付き合っていくかという視点からも、今までの「結婚」とは異なる暮らし方に魅力を感じる人は多いのかもしれない。一方で、キム・ハナは、「本当に大げんかをしたり、どちらかが結婚したりして、別々に暮らすようになる日がくるかもしれない」とも語っている。この共同生活にはいつか終わりがくるかもしれない。でも、今のところはこの暮らし方に満足していて、この生活を続けていきたいのだそうだ。今までは、「結婚・パートナー関係と生活の拠点は同じ場所に築く」というのがよくある考え方だったと思うけど、そうではない形を模索してみたいという気持ちが、この本を読んでから大きくなった。


Many reviewers of the book also commented that they envied them because they did not have to worry about the other party's parents. Each other's parents are only positioned as "friends' parents. If this were a "marriage," I would feel like I had to "take care..." of my parents-in-law, but if they are my friends' parents, I am not obligated to do anything. From the perspective of how to deal with such a partner's family, many people may be attracted to a way of life that is different from the traditional "marriage.” On the other hand, Kim Hana also said, "One day we may have a really big argument, or one of us may get married, and we may have to live separately." This co-living may come to an end someday. But for now, they are happy and want to continue this way of living. Until now, I think the common idea has been to build a marriage/partnership and a base of living in the same place, but after reading this book, I would like to explore other forms of living.


最近、もう1つそのような例を見つけた。私が今ハマっている韓国ドラマ『恋愛体質 〜30歳になれば大丈夫〜』だ。このドラマでは、3人の女性たちが一緒に暮らし、日々の出来事や感情を共有しながら、たくましく生きていく様子が描かれている。この作品は誰かがおすすめしていて、なんとなく見始めただけだったけど、最近、暮らし方について考え始めていた私にはタイムリーなトピックでとても興味深かった!3人のうちの1人はシングルマザーだったり、もう1人は恋人を亡くしていたりと背景も様々だ。こうやってドラマをはじめとして、私たちの目に触れるような身近なところで色々な生き方が提示されていると、新しい暮らし方の可能性を考えるきっかけになりそう。


I recently found another similar example. It is a Korean drama I am currently addicted to, “Be Melodramatic”. In this drama, three women live together and share their daily events and emotions while living strong lives. I only started watching this drama because someone recommended it to me, but it was very interesting and great timing for me as I have recently started thinking about how I live my life. Their backgrounds also vary; one of them is a single mother, the other lost her lover. When various ways of living are presented like this in dramas and such, it seems to trigger us to think about the possibility of new ways of living.



個人的には、今回、こういった新しい暮らし方を知れたことで、将来について「こういう暮らし方もあるんだ!」とワクワクしたイメージを描くことができた。一方で「もし今よりももっと平等な婚姻制度があったとしたら、私はこういう暮らし方に同じくらいの魅力を感じたのだろうか」とも思った。私が将来どうやって暮らしていくんだろうと思った時に、異性愛者の人々に比べると、その想像に制限が生まれてしまうのも事実だと思う。例えば、「異性と結婚して、子供が生まれて…」という将来のイメージを思い描いたことのある人もいるだろう。でも、「同性と生きていきたい」と思った時に、結婚する権利がなかったり、そもそもメディアでの表象が少なかったりすると、私みたいに将来を具体的に想像するのが難しいと感じる人もいるんじゃないかな。その中で、「友達と暮らしていく」という新しい選択肢により希望を感じたところもあったのかもしれない。今は、人々の価値観や生き方が多様化しているし、今後、今よりもっと様々な暮らし方が実践されるようになっていく気がしている。人の生き方や暮らし方に「正解」はないはずだから、みんなそれぞれのあり方が今よりもっと尊重されていったらいいな。私もこれから色々な暮らし方を知ってみたいし、「婚姻制度」がより多くの人にとって平等なものになるように選挙に行ったり声を上げたりしていきたいと思う。


Personally, learning about this new way of living has made me excited for the future. On the other hand, I also wondered, "If there had been a more equal marriage system, would I have found this as appealing as I do now? When I wonder how I would live in the future, I think it is true that my imagination is more limited than that of heterosexual people. For example, some people may have pictured a future, "I will marry a person of the opposite sex and have children... But when they think "I want to live with the same sex," some of them may find it difficult to imagine the future in concrete terms like I do, because they do not have the right to marry or they are not represented in the media much in the first place. In this context, perhaps there was a part of me that felt more hopeful about the new option of "living with friends." Nowadays, people's values and ways of life are becoming more diverse, and I have a feeling that in the future, people will begin to live in even more diverse ways than they do now. There is no "right answer" to how people live their lives, and I hope that everyone's individual ways will be respected much more than they are now. I would like to learn more about different ways of living, and I would like to vote and raise my voice to make the "marriage system" more equal for more people.


Reference:

Marriage For All Japan 結婚の自由をすべての人に - どうして同性婚

Marriage For All Japan 結婚の自由をすべての人に - 日本のパートナーシップ制度

みんなのパートナーシップ制度 - 全国パートナーシップ制度 導入状況

好書好日 - 「女ふたり、暮らしています。」インタビュー 「結婚適齢期」なんて必要ない!ローン組んで猫4匹も一緒

Netflix - 恋愛体質 〜30歳になれば大丈夫〜

一条Yit - 7個廣州閨蜜合力造民宿 7 Girlfriends in Guangzhou Build a House to Live Together

Rina Sawayama - Chosen Family (Official Audio)


Images by Azusa and Rina Amagaya

Edited by Mio and Hikari

English Translated by Yayoi

English Edited by Hanayo

0件のコメント