how to deal with loneliness

寂しさとの付き合い方


先日、イ・ハイという韓国人歌手の存在を知りました。わたしと同じ1996年生まれで、10代の頃出演した韓国のオーディション番組で準優勝を獲得。2012年にデビューしています。最近中学生の時ぶりにわたしの中のK-POP熱が再発したのもあり、インスタグラムで色んなK-POPアイドルを検索していたところ、彼女の最新曲『HOLO』のミュージックビデオが流れてきました。ちょうどサビの始まりの英語の部分が流れてきたのですが、その声がすごく力強くて美しく、また彼女の大きな瞳に心が奪われ、すぐにYouTubeで検索をかけました。小さな体で力強く歌い上げる彼女の姿に感動し、韓国語の歌詞が分からないのにも関わらずその歌声とメロディーに圧倒され、涙が止まりませんでした。


The other day I found out about a Korean singer named Lee Hi. She was born in 1996 and won second place in a Korean audition program when she was a teenager. She debuted in 2012. I was searching for K-Pop idols on Instagram for the first time in junior high school, when I came across her latest music video "Holo". Her voice was so powerful and beautiful, and her big eyes were so captivating that I searched for her on YouTube right away. I was so moved by the way she sang so powerfully with her small body, and even though I didn't understand the lyrics of the song in Korean, I was overwhelmed by her voice and the melody, and I couldn't stop crying.



後日歌詞の和訳を検索したところ、この歌は「孤独や寂しさを感じてもそれはいつか無くなっていくから大丈夫だよ」と言ってくれているような歌なのだろうなと感じました。ミュージックビデオでは、イ・ハイの他に一人の少女出てくるのですが、実際にその少女の悲しみや孤独をイ・ハイが身代わりになって受け止めてあげているように感じました。またわたしが調べた記事の中には次の様な記載がされていました。「イ・ハイのニューデジタルシングル『HOLO』は、寂しい時間を耐えてきた自身と、閉鎖された社会的環境に囲まれている人々に伝える癒しを盛り込んだ。16歳という年齢でデビューし、長い空白期を経たイ・ハイの苦悩と悟りに特有の音色が加わり、凄まじい吸引力を与える。」(※一部省略。)ー Kstyleより。このように、彼女自身の経験もこの歌に盛り込まれているのだと思います。


When I searched for the Japanese translation of the lyrics later, I felt that the song is telling me that even if I feel lonely and sad, it will go away someday and it will be okay. In the music video, there is a girl in the video and I felt that Lee Hi takes away the girl's sadness and loneliness and deals with it instead. An article from Kstyle that I looked up said the following: “Lee Hi's new digital single 'HOLO' contains a message of healing for those who have endured a lonely time and are surrounded by a closed social environment. She debuted at the age of 16, and after a long gap in her life, Lee Hi's pain and enlightenment with a unique tone that gives her a tremendous attraction.” (*Some parts have been omitted.) As such, I believe that her own experiences are also included in this song.



また、彼女がこの曲をリリースするにあたって、ODGという韓国の子供服ブランドのYouTubeチャンネルで彼女が子ども達と対談する動画がアップされていました。子ども達はそれぞれ年齢の違う8歳、12歳、16歳の3人の少女で、好きなものや、嬉しいとき、夢の話をしていきます。段々と内容は少しディープになり、未来に対する悩みや、他人と自分を比較すること、寂しさを感じるとき等について話していきます。わたしが1番興味深かった内容は「未来に対する悩みはありますか?」という質問に対する少女たちの回答です。8歳の少女は「大人になったら楽しそう!心配はない!」と答えます。12歳の少女は「時々ある。自分が一生懸命やっても上手くいかない時、じゃあどうすればいいんだろうという心配?」と答えます。最後に16歳の少女は「進路に対する心配です。わたしが未来でもこれをしているかな?よく努力はしているけど…」と答えます。年齢を重ねるごとに、色々なことがなかなか思い通りにはいかないことに気付き、未来を段々と現実的に見るようになっていく。まさにその流れが彼女たちから一貫して見えたように感じました。対談の後、イ・ハイは少女たちに『HOLO』を披露するのですが、彼女自身この曲を初めて聴いた時の感想を次のように語っています。「一人でいる時間も寂しくない時があるんだな、と違う考えをするようになった。この歌を聴いて人々に何か、"一人でいても寂しいんじゃない"、"大丈夫だ"、そういった考えを、慰めを与えることができる歌だと思っています。」それは、わたしが『HOLO』の和訳を初めて見た時に感じた感想と同じでした。


She also released a video on the YouTube channel of a South Korean children's clothing brand called ODG where she talks to the children about the song. The children are three girls of different ages - 8, 12, and 16 - and they talk about what they like, when they're happy, and their dreams. They talked about their worries about the future, comparing themselves to others, feeling lonely, etc. The answers I found most interesting were from the question, "Do you have any worries about the future?” The 8-year-old girl said, "It's going to be fun to grow up! No worries!” And the 12-year-old girl replied, "Sometimes. When I try really hard and it doesn't work, then I worry about what I'm going to do. " Finally, the 16 year-old girl said, "I'm worried about my career. Will I be doing this in my future? I often try, but…." As we get older, we realize that many things don't quite work out the way we want, and we start to see the future more and more realistically. I felt that this is exactly what I saw consistently from these girls. After the conversation, Lee Hi performed "HOLO" for the girls, and when she first heard the song, she said, "I started to think differently about the fact that I don't get lonely when I'm alone, and I think it's a song that can give comfort to people by thinking 'I'm not alone' and 'It's okay.'" That's how I felt when I first saw the Japanese translation of "HOLO."



わたしが子どもの頃、どのように寂しさと向き合っていたかはあまり思い出せません。ただ子どもの頃は、何に対しても今よりポジティブに捉えることができていたように感じます。それは自分自身が「何でもできる」という自信みたいなものを持っていたからだと思うんです。ただ、成長していくにつれてその「何でもできる」というのは少し間違っていると感じてきたように思います。先ほども言ったように、成長していくにつれて何事も段々と現実的に見えるようになるからです。例えば子どもの頃、「これがしたい!」と思うものがあったら、もうそのことしか考えない、それを「する事」しか頭にないと思うんです。成長して大人になった今、「これがしたい!」ってなると、本当にする必要ある?それをするにはどのくらいお金がかかる?自分にとって意味のある事?といった感じで、現実的に心配や不安など後ろ向きに考えてしまいます。これはあくまでもわ