how to express your needs

自分の状況をどう周りに伝えるか


去年掲載した記事でも少し触れたけれど、私にとって、『メンタルヘルス』はここ1年くらい向き合ってきた大事なトピックだ。それまではあまり深く考えたことがなかったけれど、コロナ禍により、家で過ごす時間が増えてから、メンタルヘルスについての様々な本を読んだり、動画を見たりするようになった。自分の心の状態をうまくケアする方法を知っていると、自分のことをもっと大切にできるということも学んでいる。今回は、その中でも私にとって特に印象的だった「自分の状況をどうやって周りに伝えるか」をテーマにしながら、私の経験をシェアしようと思う。


Mental health has been one of the important topics for me for about a year, which I also talked about in an article last year. I haven’t cared about it that much before, but since I spend more time at home because of covid, I have come to read a lot of books and watch videos about mental health, and I’ve learned that it is important to know how to take care of my mental health so that I can be kinder to myself. Today, I would like to talk about how to express your needs to people around you, which I have learned a lot recently.



私は今まで自分が感じていることを発することがあまり得意ではなかった。特に、周りの人に「NO」と伝えたことはほとんどない。自分がいつ「NO」と言っていいのかもよく分かっていなかった。けれど、メンタルヘルスについて知識を身につけるにつれて、あの時は「NO」と言ってよかったんだな、と、過去の自分の気持ちに気がつくことも増えてきた。例えば、今までの学校生活を振り返ってみると、私はクラスメートから「やってきた宿題を見せてほしい」と頼まれることがたびたびあった。そういう時、私は「NO」を言ってしまうと、相手に嫌われるのではないかと恐れ、いつもその頼みに応じていた。正直、自分が時間をかけて取り組んだものが一瞬で写されるのは全くいい心地がしなかったけれど、別に私の成績が下がるわけではないし、相手の助けになるならそれでいい、と当時は思っていた。でも、今思うのは、私が相手に対して「なんで私がこんなことしなきゃいけないんだろう」と戸惑いの気持ちを抱えた時点で「NO」と言ってもよかったということだ。


I haven’t been good at communicating how I feel about things. I have rarely said no to people around me and I didn’t know when I could say it either. However, as I learned more about how to improve my mental health, I realized that I could’ve actually said no at some specific moments in the past. Looking back on when I was in school, I remember some of my classmates sometimes asked me if they could copy my homework. I used to say yes to them because I was too afraid to offend them. To be honest, I didn’t feel good at all seeing them copy what I worked on by myself, but I didn’t see it as a big deal because it wouldn’t affect my grades and I didn’t feel that bad about being someone’s help. But, now that I think about it, I could have refused because that was not something I wanted to do at all.



私はそれに気づくまで「相手が喜んでくれるのならそれでいい」と考えて、自分の気持ちよりも先に相手が求めてくるものに何のためらいもなく「YES」と応えることがほとんどだった。でも、相手の要求が自分にとって不快に感じるものだったら、進んで「NO」と言ってもいいことを学んだ。そのきっかけになったのは、私のお気に入りYouTuberの1人でもあるLavendaireの『