• haru

is the customer god?

お客様は神様


私は日本に住んでいて、よく疑問に思う文化がある。それは「お客様は神様」という文化。この言葉は、歌手の三波春夫さんが演者としての心構えを表現した言葉であり、お客様に歓んでもらうことを歌手人生の第一義として追及してきた彼の心情を「お客様を神様とみて、歌を唄うのです」とインタビューで答えたことから生まれた。しかし、現代ではこの言葉が本来の意味とは少し違った受け取り方をされるようになってしまい、お客様に対して、まるで彼らが神様かのように接し、ペコペコすることが求められる風潮を作り出しているように私は感じる。もちろん、日本のホスピタリティーやおもてなしの精神は本当に素敵だと思うし、自分もそういったサービスを受けて心が温まることもあるから、これからも大切にしていきたい文化だと思う。けれど、必要以上にへりくだったり、理不尽を我慢することが求められることも文化の一部になってしまうのは違う気がする。今回は、今まで自分や友達が働いて経験したことや、海外での接客を体験して感じてきたことについて書いてみようと思う。


There is something I often question about Japanese culture. That is “the customer is God” culture. The expression was used when a Japanese singer, Haruo Minami, explained his attitudes as an entertainer. It originated from his idea that entertaining guests comes first and foremost in his discipline as a singer. In one of the interviews, he said that “I consider my guests as Gods and sing for them”. In modern society, however, people have come to understand the expression a little bit differently. It seems to me that the expression has generated a trend where employees are expected to treat customers like a God by bowing and buttering them up. Of course, I respect Japanese hospitality and the spirit of *Omotenashi. I receive heart-warming treatment myself at stores and I want to keep cherishing that part of my culture. It just seems off to me that employees put themselves down more than they need to, and are expected to put up with irrationality as part of our culture. Today, I am going to talk about my opinions on what my friends and I have experienced at work and customer service that I came across in a foreign country.


*Omotenashi — An expression for the Japanese spirit of service. It captures how Japanese hosts pay attention to detail and anticipate their guests’ needs.



私も友達も、アルバイトをしていて理不尽なお客さんに遭遇したことがある。「こんなお客さんがいたんだよ」なんて話し合ったりもよくする。SNSでも理不尽なお客さんのモノマネをしている投稿をよく見かけるし、そのコメント欄ではそれに共感している人もたくさんいる。私が実際に経験したのは、支払い方法を尋ねただけで怒られたり、わざとらしく感じの悪い返事をされたり、お客さんの言葉を聞き取れなかっただけで責任者を呼ばされたりしたことなど。もちろん、お客さんにはその商品やサービスの対価としてお金を払ってもらっているし、自分もお給料をもらっているから、しっかり真摯に向き合うことは当たり前だと思う。けれど、そこに「お客様は神様だから何してもOK」のような雰囲気を許してしまっていいのだろうか。働いている人間にも心があるし、一人の人として対等であるはずなのにペコペコして腰を低くすることが当たり前で、その上「お客さんに言い返すことなんて絶対にゆるされない」「我慢するもの」という概念が存在していると思う。「働く側」になった瞬間、人権がなくなるような、そんな感覚を持ってしまっている。私は、この働く上での窮屈さは当たり前なんだと思っていたし、日本だけではないと思っていた。


My friends and I have encountered unreasonable customers at work. Sometimes we talked and shared what happened on the day saying “today, I had this one customer and then...”. I quite often come across social media posts where people impersonate irrational customers as well as people who relate to those posts in the comment section. In my experience, I had customers who started lashing out at me for asking them about their payment method, who were intentionally mean to me, and who asked for my boss because I couldn’t catch what they said the first time. Needless to say, customers pay for products and services and I get paid for my work. Therefore, it is natural that I respond to them sincerely, but is it okay to endure an atmosphere where “customers are God, so staff should be t