k-drama is saving me

韓ドラのおかげで生きている


みんなは最近元気にしてる?私は今、元気というよりもなんとか一日を生き抜いている感覚で毎日を過ごしているよ。特につらい出来事は無いんだけど、授業の課題と就活に追われていて心が休まる日は一日もなく、孤独にやることを淡々とこなすような、そんな日々を送っている。コロナ禍だと友達と会っておしゃべりすることもなく、人の肉声に触れる機会が少ないので心がいつも寂しい感じがする。身体だけでなく心も部屋の中に閉じこもっているようでなんだか息苦しい。そんな時、いつも私を救ってくれたのは韓国ドラマだった。今の私は韓ドラのおかげで生きていると言っても過言ではない。ドラマの中のストーリーや感情がいつしか私の心の支えになっていた。どうしてそこまで韓ドラが私を救ってくれたんだろう?よく考えるといくつか理由が思い浮かんでくる。


How are you doing, folks? I feel like I'm surviving day by day rather than spending my life full of satisfaction. I haven’t had any painful events in recent days, but I’ve been kind of rushed due to course assignments and job hunting. My mind was totally dried and I felt lonely. It might be because I don't meet and chat with my friends, so there are few chances to hear people’s voices. Not only my body but also my mind seems to be trapped in a room, which makes me feel suffocated. During such days, it was K-dramas that always saved me. It’s not an overstatement to say that I am alive now thanks to K-dramas. The stories and emotions in the dramas supported my mental health. How did K-dramas save me? Some reasons came to my mind.



私が好きな韓国ドラマは、個々を尊重し、対等に付き合う人間関係が繊細に描かれているのが特徴だ。時には権力や組織の圧力によって対等ではいられない関係の時も、お互いを尊重しようともがく姿にあたたかさと誠実さが映し出されている。例えば、私が夢中になったのは『ミセンー未生ー』というイム・シワン主演のドラマ。主人公のチャン・グレは、学歴がなくバイトに明け暮れていたが、あるきっかけで大手商社の契約社員になる。職場での人間関係は対等とは言えず、学歴もスキルもない彼は社内で偏見にさらされるのだが、彼を社会的属性で判断せず仲間として尊重する上司や同僚の存在も描かれていた。チャン・グレが部署の仲間や同僚たちと連帯する場面が多く、作中で描かれる冷たい社会の中で人が人を想うあたたかさを観た時、自分の心のこわばりが解けるような感じがした。私たちが生きる現実の社会では、多くの人が自己責任で悩みを解決しなければならないと感じているのではないだろうか。例えば、私はたくさんの大人から他人にはなるべく迷惑をかけないように生きることが美徳だと教わった。そういった共通認識がある社会では、個々の悩みは孤独に解決せざるを得ないことが多いと思う。一方、ドラマ内では仲間がつらそうな時はそばに行き、話を聴いて、その悩みに寄り添おうとする姿が描かれている。キャラクターたちがお互いを慰め合い、大切に想い合う姿を観ていると、迷惑をかけないで孤独に問題解決することが、必ずしも幸せへ導くとは限らない気がした。自己責任という理由で悩みを抱え込むより、私は悩みや感情を周りの人と共有して、お互いの心を支え合う関係を作れたらいいなと思う。


My favorite K-dramas are characterized by delicate depictions of human relationships that respect each individual equally. Warmth and sincerity are reflected even in struggling situations to respect each other, especially when relationships cannot be equal due to power structures and organizational pressures. For example, I was fascinated by the drama "Misaeng" starring Im Siwan. The main character, Jang Geu-Rae, had no educational background and was devoted to working part-time, but at some point, he became a contract employee of a major trading company. The drama describes unreasonable relationships in his workplace, which are not equal. Because he has no academic background or skills, he is exposed to prejudice. But also there are bosses and colleagues who respect him as a peer without judging him by social attributes. The drama describes many scenes where Jang Geu-Rae experiences solidarity with colleagues. When I saw the warmth of others in the cold society depicted in the drama, I felt that my mind and feelings softened. In the real world, it’s likely that many people feel they have to solve their problems by themselves. For example, it’s considered a virtue to live without any help from others in Japan. In this kind of society, individuals worry about how to resolve problems on their own. On the other hand, many K-dramas depict the situations in which characte