shining just for you

あなたのためだけに輝くね


7月24日、テイラー・スウィフトが最新アルバム「folklore(フォークロア)」を発表しました。事前に情報がリークされることもなく、ファンにとってはものすごくサプライズな発表でした。わたしは長年のテイラーファンですが、一度聴いただけで全ての曲の虜になったのはこのアルバムが初めてです。全世界が大変な状況の中、先が見えない不安や、何をするにもどこに行くにも制限がかかってしまうがゆえのストレスを抱えているわたしの心に、テイラーの歌声と各楽曲のメロディーがスーっと入ってきて、心を穏やかにさせてくれる。そんなアルバムだと感じています。


On July 24, Taylor Swift announced her latest album "folklore". The announcement came as a huge surprise to fans, as no information was leaked in advance. I'm a long-term Taylor fan, but this is the first time I've been captivated by every song after hearing it for the first time. The melodies of each song and Taylor's voice brought peace to my mind and my heart, as I am in a very difficult situation in which I have no idea what's going to happen to the world, and I am stressed out because of the restrictions on what I can do and where I can go. I feel that this is the kind of album that puts my mind and soul at ease at a time like this.



彼女はインスタグラムの投稿でこのアルバムについて語っています。その中にこのような言葉がありました。「すぐに私の頭の中のイメージは、顔や名前となり、このアルバムの登場人物になった。私は自分の物語を書くだけでなく、会ったことのない人、知っている人、知りたくなかった人の視点でも書くようになった。」ある記事では、「場所も時代も異なる、いくつものイメージから次第に主人公の顔や名前が定まっていき、それが歌の物語となっていった。」と書かれていて、このアルバムはテイラー自身が考えたフィクションも交えたストーリー性のあるもので、一つ一つの曲に一人ひとりの主人公がいます。


She talked about the album in an Instagram post. In it, she said, “Pretty soon these images in my head grew faces or names and became characters. I found myself not only writing my own stories, but also writing about or from the perspective of people I’ve never met, people I’ve known, or those I wish I hadn’t." One article says, "From a number of images, from different places and times, the faces and names of the protagonists gradually became fixed, and these became the stories of the songs." And so the album is a narrative, with some fictionalized ideas from Taylor, and each song has its own protagonist.



このアルバムの中で大好きな曲はたくさんあるし、言ってしまえば全楽曲がお気に入りなのですが、中でも「mirrorball(ミラーボール)」が私の1番お気に入りの曲です。ファンの間では、この楽曲はラブソングというよりもテイラーが今までどう見られてきて、本当の自分はどんな人であるかをファンのために歌っている曲の可能性が高い!と噂されています。実際にこちらのサイトでは、「"mirrorball"は、自分の中に様々な側面を持っている人のことを歌った曲です。誰もその人の全ての側面を見ているわけではなく、自分の見たい部分だけを見ている。」と記載されています。また、歌詞に“And when I break, it's in a million pieces(壊れると、無数の破片になってしまう)”とありますが、ミラーボールは一見キラキラしていて綺麗だけど、天井から床に落ちた時には粉々に砕け散る。つまり、テイラーが持つ様々な側面を見ようともせずに、(特にメディアやゴシップ、彼女のヘイター達から)自分の見たい部分だけを見て勝手にジャッジされる。そしてとうとう彼女の心は壊れ、粉々に砕け散る。それは2017年に彼女が公の場から突然姿を消した時の、彼女の胸の内をわたしたちファンに明かしてくれているかのようにも感じます。


There are a lot of songs on this album that I love, and to be honest, all of the songs are my favorites, but "mirrorball" is my favorite song of them all. It's rumored that it isn't so much a love song as it is more likely to be a song about how Taylor has been viewed and what kind of person she really is for her fans! In fact, this website says: "‘mirrorball’ is a song about someone having many different sides to them. No one sees every side of the person, but only what they want to see." Also, the lyrics say, "And when I break, it's in a million pieces." Mirror balls look beautiful and sparkly at first glance, but when it falls from the ceiling to the floor, it shatters. In other words, they don't even try to see the different sides of Taylor, but instead are judged from the surface, seeing only the parts they want to see (especially from the media, gossip, and her haters). And finally, her heart is broken and shattered. It's almost as if she's revealing to us fans what was going through her mind when she suddenly disappeared from the public in 2017.



また、"I know they said the end is near(周りは「すぐ終わる」って言ったけど)"は、恋愛として受け取れば「みんな私たちがすぐ別れるって言った」と受け取れますが、テイラーとしての「キャリアがもうすぐ終わると言われた」とも受け取れます。そしてわたしのお気に入りの歌詞でもある、"Hush, when no one is around, my dear. You'll find me on my tallest tiptoes Spinning in my highest heels, love Shining just for you (ねぇ、ここには誰も居ない。背伸びした私を見て。ハイヒールでくるくる回るから。あなただけに輝くから。)"の部分では、彼女の周りのメディアやゴシップ等が報道することと、本当の彼女がどれだけ違っているかを示すこともできる。そして彼女は完全な自分になって、ミラーボールのように輝くことができる=これからもあなたたち(ファン)のためだけに曲を作っていくね、と言っているようにも受け取れる。(今回わたしが参考にしたサイトはGeniusRedditのテイラー・スウィフトについての提示版です。気になる方は和訳もご覧ください!)


Also, in the song she sings, "I know they said the end is near (although people said it would end soon)" can be taken as a romantic situation and taken as "everyone said we were going to break up soon," but it can also be taken as Taylor’s career. And one of my favorite lyrics, "Hush, when no one is around, my dear. You'll find me on my tallest tiptoes. Spinning in my highest heels, love. Shining Just for you." The part of the song could also show how different she is when she’s not around the media, gossip etc. as she can be her full self and shine like a mirrorball. She could be saying, “I'm going to keep writing songs just for you (fans).” (I used Genius and Reddit's Taylor Swift subreddit as references for this one!)



このようにいろいろな憶測が囁かれるのも、彼女に素晴らしい才能があるからこそだと思います。曲を聴いている人たちが共感できるような歌詞にすることが上手だからこそ、ラブソングに聞こえるように書いたのだと思います。わたしもその中の1人なので、このmirrorballという曲は、自分自身をミラーボールと見立てた主人公が、恋人への愛を語っている、と解釈しました。なのでこの楽曲を初めて聴いた時、すぐに恋人の顔が浮かんできました。彼とは、付き合って1年半の仲です。1年半という期間が果たして長いのか短いのか、それは人それぞれだと思いますが、わたしは付き合った年数はさほど気にしていません。それよりも将来をこの人と共にしたいという気持ちの方がとっても強いです。彼はわたしにとっての良き理解者であり、頼れる存在であり、親友です。


I think the reason why there is a lot of speculation whispered about this is because she has a great talent. I think she wrote it to sound like a love song because she's so good at making the lyrics sound like something that people can relate to when they listen to the song. I was one of those people, so I interpreted the song "mirrorball" as a song about the protagonist, who sees her/himself as a mirror ball, talking about her/his love for her/his lover. So when I first heard this song, I immediately thought of my lover's face. We've been together for a year and a half. And whether a year and a half are really long or short is up to each person, but I don't really care about the length of time we've been together. I don't care about how long we've been together, I just want to spend the rest of my life with him. He is a great mentor, a confidant and a good friend.



周りに弱音を吐くのが苦手なわたしは、悩んでいることがあっても友達や家族にはあまり話してきませんでした。それは決して相手に心を開いていないということではなくて、「こんなこと話すことでもないや」で済ましてきた訳です。”いつも明るいミオ”というイメージを崩したくない、という意識の表れだったのかもしれません。その反面、抱えきれない程の辛いことがあると、お風呂でひとり涙を流したり、バイト終わりの夜中に一人で原付を走らせてドライブしたりして、なんとか紛らわせていました。


I've never been good at being vulnerable, and I've never really talked to my friends and family about the things that bothered me. This does not mean that I am not open with them, but rather that I have always just said, 'This is nothing to talk about. Perhaps it was an expression of my desire not to destroy my image as the "always cheerful Mio." On the other hand, when I was having a hard time with things that I couldn't handle, I would shed tears by myself in the bath, or drive my motorbike around in the middle of the night after my part-time job was over and just to get my mind off of things.


ただ、彼と付き合い始めて、初めて自分の弱い部分を他人に見せることができた時、何とも言えない安心感に包まれました。この人には自分の弱い部分をしっかり見せていいんだ、落ち着くまで泣いていいんだ、そう感じました。それと同時に、わたし自身も彼のいろんな部分を受け止めてあげたいと思うようになりました。この曲の歌詞で、わたしのお気に入りの部分では「I’m a mirrorball. I’ll show you every version of yourself tonight.」と歌われています。「わたしがミラーボールになって、あなたのいろんな部分を見せてあげる」という和訳になりますが、わたしは「わたしがあなたのいろんな一面を引き出して、その全てを受け止めてあげる」と解釈しました。まさしく彼に対するわたしの気持ちにぴったりです。


But when I started dating him and was able to show my weaknesses to others for the first time, I was filled with an indescribable sense of relief. I felt that it was okay to show my weaknesses to him, and that it was okay to cry until I calmed down. At the same time, I wanted to accept the various parts of him as well. In the lyrics of this song, my favorite part is, "I’m a mirrorball. I’ll show you every version of yourself tonight." It could be translated as "I'll be a mirror ball and show you every version of yourself," but I interpreted it as "I'll bring out all the sides of you and take it all in." That's exactly how I feel about him.



先述しましたが、もう一つ、お気に入りの歌詞があります。「Hush, I know they said the end is near. But I'm still on my tallest tiptoes. Spinning in my highest heels, love. Shining just for you.」まず、「Hush(静かにして)」とささやくテイラーの声に胸が高鳴り、その次の部分から、「周りは『終わりが近い』と言ったけど、わたしはまだつま先立ちをしてハイヒールでくるくる回ってる。わたしはあなただけのために輝くの」と。この部分は本当に本当に可愛い歌詞だと思います。彼と付き合って1年半が経ちますが、わたしはまだまだ彼に恋をしています。こんなにも一緒にいるのに、まだわたしを虜にさせる気なの!?と思うほどです。わたしは彼のとぼけた表情が好きです。彼の少し天然な性格が好きです。彼の寛容さが好きです。彼の努力家な部分が好きです。挙げだしたらキリがないくらい、彼の色んな一面に毎日恋をしています。そんな彼への愛を密やかに育てながら、恋愛において彼しか見えていないわたしはただ、歌詞の通り、彼のためだけに輝いていたいと感じます。


Some of my favorite lyrics, as already mentioned, are